2019年02月21日のつぶやき

13:38
竹島の日、南朝鮮大使館へデモ行進・直接抗議 2月22日・金曜日午後1時半 二の橋交差点角に集合・出発 終了後、麻布十番駅前で報告集会 国交断絶は当然。まずは経済制裁で金融と物流をとめる。 竹島を不法占領する盗人国家に対する日本人の… https://t.co/Ldln9odCF8

2019年02月20日のつぶやき

21:08
共産党系病院の医師だから「逮捕・長期拘留」、で良いわけはないだろう https://t.co/HCmQb1xPRG #jugem_blog
13:27
2月22日「竹島の日」 https://t.co/Ald8zUBpwY #jugem_blog

共産党系病院医師だから「逮捕・長期拘留」、で良いわけがない

 平成28年(2016年)5月10日に発生したとされる外科医師による乳癌手術後患者に対する準強制猥褻事件において、2月20日東京地裁は無罪判決を下した。(検察側懲役3年を求刑)

 筆者としてはこの事件に対しては発生直後より関心を持って注目していた。

 30代女性患者が被害を訴えたのは5月10日。ラインで知人に連絡し警察が病院に急行。

執刀医である関根進医師(当時40歳)に舐められたという乳房から検体を採取。

医師とDNA型が一致したということで8月25日に突然の逮捕。

実際の犯人であるかのようにしてマスコミに晒された

 否認を続けたため保釈は認められず11月30日の初公判を迎え、12月に保釈されるまで4ヶ月に及ぶ拘留が続いた。

その間、無罪を信じる病院関係者などが保釈のための署名活動などを実施したが裁判所は認めなかった。

 あまり公にはなっていないが舞台となった東京都足立区にある柳原病院とは共産党系の病院である。

非常勤である関根医師が共産党員であるのか党支持者であるかは明らかではないが、故に警察・検察による思い込み捜査が先行していたと考えられる。

 ある右翼・民族派団体のインターネットHPにおいては共産党の病院だから悪事を働いた、と病院・医師を非難していたが、狂気に塗れた警察・検察の暴走を看過していれば「明日は我が身」である、という危機感を持って欲しい。。

 

 最初から有罪ありきの捜査により、真相が歪められてきた。

第一回目公判から採取されたDNA型鑑定に疑問があると弁護側が主張しているにも拘わらず

科捜研はその証拠物件を年末大掃除と称して破棄処分している。

捜査に自信が持てないから証拠隠滅を図ったのだ。

 

 被害者女性の証言は変転し矛盾だらけであるにも拘わらずその信憑性を疑っていない。

年間数百人の女性患者の乳房を詳細に触診する機会を持つ医師がその患者に限り、術後患者のベッド脇に来て5分間にわたり丹念にしゃぶり吸うなどあり得ない。

それも各ベッドは薄いカーテンで仕切られた4人部屋で全員が在床中である。

医師は30分後に戻ってきて女性患者を見ながらズボンに手をいれてマスターベーションをしていた。

すべて女性患者の供述だけである。

 

 一般に大きな医療手術をした直後というのは幻覚や錯覚をみることがあるという。

 これを*譫妄(せんもう)という。

それもどういう訳か荒唐無稽・非現実的な性的描写を含む幻覚を見ることが多いと言うのだ。

 

 被害女性というのもかなりの個性的人物であったようで警察官・検察官がまともであればその供述の虚構をを見抜けたはず。「被害者の人権」を重視したあまり真実を見抜けなかったのだろう。とにかく警察官というのは根本的に馬鹿なのである。

 しかし、被害者参加の最終弁論における被害者証言では延々と外科医を罵倒し強い処罰感情を訴えるなど、想像するところでは完璧なキチガイぶりを発揮したと思える。

 被害者の訴えを絶対視し客観的検証もないまま逮捕、身柄拘束、長期の拘留という事態が日常茶飯事的に行われているのが日本の実情。

 不当逮捕をした警察官、不当に起訴した検察官、保釈申請を却下した裁判官は厳重に処罰されてしかるべきである。

 現行法においても無実の人間を不当に留置・監禁した、命じたと言うことで「逮捕監禁罪」を以って処罰することは可能なはず。警官・検察官・裁判官を真っ先に逮捕しろよ。

 

 

NEWS

2019年02月20日 14時10分 JST | 更新 1時間前                                                          乳腺外科医に無罪判決                                                        「女性の胸を舐めた」として準強制わいせつ罪に問われていた

東京都足立区の柳原病院で2016年、乳腺外科の手術を担当した非常勤医師の男性(43)が、執刀後に女性患者の胸を舐めたなどとして準強制わいせつの罪で起訴された事件。東京地裁は無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。

 

下記はこの事件に注目してきたジャーナリストの江川招子氏の配信である。

今年1月8日に検察側・弁護側双方の最終弁論をおえてからの、記述であるが詳細を簡潔に纏めている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20190119-00111366/

 

せんもう【譫妄 delirium】

軽度の意識混濁を背景に,活発な錯覚幻覚などの陽性症状を示す最も代表的な意識変容の形。外界は夢のように変容し,周囲の人や物は鬼や怪物などに錯され,さらに恐怖の,ときには楽しい場面の情景的な幻覚がつぎつぎに不連続的に現れる。患者は幻想的な世界に巻き込まれているため,幻覚や錯覚に左右され,ときにはその人の職業にかかわるしぐさをすることがあり,これを作業譫妄(職業譫妄)という。小人がたくさん出てくる小人島幻覚も出現し,うじ虫のような小動物がうごめきながら体にいっぱいたかってくるような幻覚では,幻触を伴うことがある。

2月22日「竹島の日」

2月22日は「竹島の日」

南朝鮮大使館へ直接行動を

 

竹島を島根県へ編入するとの閣議決定がなされたのは1905年2月22日。

南朝鮮によって不法に軍事占領されている竹島の返還を目指し100年後の2005年に2月22日を『竹島の日』と島根県が制定した。

竹島の奪還は日本国民の願いである。

7年前の自民党総裁選に出馬した安倍晋三氏は靖国神社参拝・尖閣諸島への公務員常駐と合わせて「竹島の日」政府主催式典開催を公約として訴えて当選したのだ。

式典を開催することが目的ではないが、国家国民として侵略国家南朝鮮に対し確固たる意思を示す必要がある。

『日本が「竹島は日本の領土」と言う事自体がけしからん」、と平気で発言する南朝鮮政府。

この期に及んで未だに日韓友好などとのたまう政府自民党。

冷静に考えても国交の断絶は必然である。

日本の隠忍自重によって今は戦闘行為こそ発生していないが両国関係は戦争状態にも等しい。

現在進行形侵略国家の政府出先機関へ果敢な抗議行動を実行せねばならない。

 

日時:平成31年2月22日(金曜日)午後1時30分集合・デモ行進出発

  (他団体との兼ね合いによっては出発時間が若干遅延することもあります)

集合・出発地:二の橋交差点角(「くすり城南」前)港区麻布十番3−14−3                                   

    https://loco.yahoo.co.jp/place/g-I5vLlOrV6XE/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spt_slo_n_p_ttl&lsbe=1

抗議先:南朝鮮(大韓民国)大使館 港区南麻布1−2−5

     https://loco.yahoo.co.jp/place/g-dpCyLXSU1y2/map/?utm_source=dd_spot

    抗議文の朗読と手渡し

報告街宣:地下鉄「麻布十番」駅前

デモの主旨に沿ったプラカード・抗議文の持込を歓迎します

責任者:まきやすとも 090−3135−4069


2019年02月18日のつぶやき

02:31
これが造花とは驚いた https://t.co/2SZvZ1bii1 #jugem_blog

これが造花とは驚いた

 2月15日(金曜日)、犬塚博英先生のお供をして東中野の「あずさ」を訪問。

犬塚先生には小生の誕生日に際し胡蝶蘭の鉢植えをご恵送頂いていたので、御礼を申し述べると

女将さんが「丹念に水をやっていれば長持ちするから」、とアドバイスしてくれる。

「いや、3週間経つけど水なんかやってないですよ」

 

 最初は生花だと思って食卓に飾っていたけど、よくよくガン観して触れてみてどうも造花らしいと気がついたんですよ。

贈ってくださった犬塚先生は「え〜造花だったのか」と驚愕。

「えっ、造花と知った上で贈ってくださったんじゃないんですか」「おかげで永遠に感謝の気持ちを忘れることなくかみ締めていますよ」

「この犬塚ともあろう者が偽物を贈っちまったとは不覚だったなあ」、と悔やんでおられましたが、造花を生花と偽って販売すりゃぁ商品表示だかなんかの法律に触れますよね。

いずれにしても偉い高価な品であったことは事実。

そして工芸技術の精度の高さには驚いた。

胡蝶蘭.jpg


2019年02月15日のつぶやき

01:56
「がっかりした」発言に喝采 https://t.co/w0OEFlNRlv #jugem_blog

「がっかりした」発言に喝采

「こいつはチョット頭が弱いからチョット突っつけばボロをだすぞ」、って事で安倍政権に批判的なマスメディアが桜田五輪担当大臣に注目している訳です。

 だからこそ池江選手が白血病を公表したニュースに際して桜田大臣にインタビューした訳でしょう。

 そんな単純なことも分からないで安易に「がっかりした」と日本の金メダル獲得数が減少するであろう事に対する率直な感想を漏らすとは本当にどうしようもない馬鹿ですね。

 インタビューの全文を読んで、桜田発言を擁護する声も所謂保守層の中には根強いようですが、当の桜田大臣はお詫びして撤回してしまいました。

そうすると桜田大臣は悪くないと応援していた人々はどうすればよいのでしょうか。

 桜田大臣は自分が的になっていることにさえ気がついていないとすれば白痴的症状を露呈しています。

 そしてこのような人物を大臣に任命した安倍首相の責任も問われる訳です。と言うか根本的にはこのような人物でも当選回数を重ねた以上は大臣を経験させてやらねばいけない、といった自民党政治の体質にこそ問題があります。

 安倍首相が自分の代でこの悪弊を断ち切るといった英断が下せないか、または悪弊との認識さえ持っていないということでありましょうから安倍首相も同罪ということでありましょう。

 

 

記者:競泳の池江選手が自らが白血病であることと、しばらく休養することを発表しました。大臣として、これについての受け止めをお願いします

桜田:正直なところ、びっくりしました。聞いて・・。本当に、病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちです。

記者:競泳の中ではですね。

桜田:本当に、金メダル候補ですから。日本が本当に期待している選手ですから。本当にがっかりしております。やはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい!また元気な姿を見たいですよ。そうですね!

記者:大臣はこれまで、池江選手の活躍をどのようにご覧になられてましたか?

桜田:日本が誇るべきスポーツの選手だと思います。われわれがほんとに誇りとするものなので。最近水泳が非常に盛り上がっているときでもありますし、オリンピック担当大臣としては、オリンピックで水泳の部分を、非常に期待している部分があるんです。一人リードする選手がいると、みんなその人につられて、全体が盛り上がりますから。そういった盛り上がりがね、若干下火にならないかなと思って、ちょっと心配しています。ですから、われわれも一生懸命頑張って、いろんな環境整備をやりますけど、とにかく治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、また、スポーツ界の花形として、頑張っていただきたいというのが私の考えです。

記者:最後に一言だけ。池江選手にエールを送るとしたらどんな言葉を?

桜田:とにかく治療を最優先にして、元気な姿を見たい。また、頑張っている姿をわれわれは期待してます、ということです。



【ツイッター】百田尚樹氏が桜田五輪相を断罪「五輪よりも、メダルよりも、命の方がずっと大切」→大臣擁護リプを全てブロック!
作家の百田尚樹氏(62)が13日夜から14日未明にかけてツイッターを立て続けに更新。白血病を公表した競泳の池江璃花子選手(18)に対して「本当にがっかり」と発言した桜田義孝五輪相(69)への怒りをぶつけた。
百田氏は14日午前2時35分以降の投稿で「白血病を公表した18歳の女の子に対し、
いかなる理由があろうと『がっかり』という言葉を使う人物を私は認めたくないし、その発言も認めない。
五輪大臣であろうと、五輪やメダルのことを考えるべきではない」と桜田五輪相を断罪した。

桜田五輪相は13日の衆院予算委員会で「配慮を欠いた。おわびをして撤回する」として野党の辞任要求を拒否したが、それを受けた同日夜から翌日未明にかけ、百田氏は激怒ツイートを連発した。

百田氏は「五輪よりも、メダルよりも、命の方がずっと大切なんや!」と、五輪以前に個人の命を最優先に考えるべきところでメダルを気にしているようにとられかねない発言を一刀両断。
「本当に情けない発言としか言いようがない。もし自分の娘が同じ病気とわかったら、『がっかり』なんて言葉が出るかね。
こんな最低限の配慮や想像力もない人間が大臣とか議員やってると思うと、本当に情けない!」と嘆き、「メダルも五輪もくそくらえだ!」と吠えた。

返す刀で、怒りの矛先は、桜田五輪相を擁護し、マスコミの“発言切り取り”に責任転嫁するコメントを寄せたフォロワーにも向けられた。
「桜田発言の全文を読んで判断すべきでは」という書き込みに対して、「全文読んで、ひどいコメントとあらためて思ったね」とした百田氏。
「桜田大臣の『がっかり』発言を擁護するリプライを送ってきた人は、すべてブロックする!」と通告した。


2019年02月13日のつぶやき

01:24
以前、知合い女性がレオパレスの電話営業に就いたが良心の呵責から一日で辞めた。嫌がらせ電話掛けているみたいだと。何の脈略もない所に対し投資用にと自社マンションを売り込む。私だってそんな電話受ければ嫌がらせ受けていると感じるわ。単身者対象の賃貸が前提だから安普請・手抜き工事は当たり前
01:08
料理や酒の番組を見ていると調理人が腕輪や腕時計を付けて生もの扱うのをよく目にする。酒場放浪記で紹介の木場の居酒屋では店主が指輪を嵌めて刺身を調理してやがる。皮膚と密着する指輪の内側がどれほど雑菌で汚染されているか分からない訳ではな… https://t.co/RbkKXHRo4H

2019年02月12日のつぶやき

23:53
普通の会社員なら特殊警棒を所持してバスに乗車しないだろう。普通24歳男が15歳女子高生に警棒で殴るか。手で殴ってみたら女子高生が意外に強くて逆に殴り倒されたので警棒で、なら分かるのだが。心身ともにおとなに成りきれない男なのか。 https://t.co/pPoLEv9PRt
22:10
アマチュアのスポーツ留学は人身売買の疑い https://t.co/kgSGs9TFMI #jugem_blog
11:55
森良之祐最高師範を偲ぶ会 https://t.co/MdvkI17W9r #jugem_blog

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM