2016年09月23日のつぶやき

14:05
生前譲位で勉強会に参加 https://t.co/S66fYBZ36t #jugem_blog

生前譲位で勉強会に参加

9月21日(水曜日)新宿のスコールにて朱光出版社阿形充規会長が主催する講演会に出席する。

毎回、各界の識者をお招きして時局問題等に関して講演を頂く、民族派の勉強会。

今回は政治評論家の山本峯章氏を講師に迎え「天皇の生前退位と摂政はどうあるべきか」、という事で1時間の講義を受けた。

 

今上陛下の生前譲位報道は世間の同意を得やすくする為に、宮内庁サイドが意図的にリークしたのではないか、は話された。

歴代の天皇では57人が生前退位を行っており、珍しい事ではないということで、

摂政をおくことで、生前退位は可能であるとの見方を示された。

女系天皇を容認する小泉元首相を批判し、旧11宮家の復活も提唱された。

大御心とは歴代天皇のお気持ち。御心とは今上陛下のお気持ち。

今上陛下が「憲法を守る」、と発言されたことはさほど問題ではない。

日本の右翼は欧州の右翼のように政治が目的ではない。

右翼が政治権力を取ろうとしたことはない。

右翼は国体の防人。

反共は手段である。多数になる必要はない。天皇・国体を守ればよい。

権力者・財界・政界に対しては強者でなければダメだ。存在そのものが怖さでなければならない。

と、若かりし頃から右翼民族派運動を実践してこられた経験を踏ま熱く語って頂いた。

 

その後、参加者との質疑応答。

皇室をテーマにした問題となると、各自の持論があるためか、ヒートアップする傾向にある。

「陛下の御心に添えないならば腹を斬る覚悟があるか」

「承詔必謹と言って、結果として国が滅んでも良いのか、と言った議論が展開される」

 

参加者同士での激論が展開し、会場にいた民族革新会議の犬塚議長が「これだけ議論が盛り上がるのも、皆がそれだけ皇室の事を大切に思っている証だ」と、とりなす場面もあった。

 

一言に皇室を敬う、と言っても三通りの見方があると思う。

[闕派

天皇に恋い焦がれ、どのような詔(みことのり)でも、全て受け入れる

 

諫言派

天皇にも誤りはある。間違っていれば諫言を以って、糺しいかねばならない。

 

J伐派

王替えの思想であろ。この天皇がダメであれば別の天皇に即位してもらう。

 

小生としては諫言はあってしかるべきと考える。

しかし諫言に至るまでのプロセスと、その作法が問題とされるのだ。

1474524225021.jpg

時間があったので、小生からも一言質問を。

皇室の最大の使命は皇統を継承する事。すなわちお世継ぎを絶やさない事。

大正天皇の皇子である先帝陛下以下、ご幼少である悠仁親王を除き今までに11名の成人男子が誕生したが、

男子を遺したのは4名に過ぎない。(昭和天皇・今上陛下・秋篠宮殿下・三笠宮殿下)

世継ぎを残すと言った使命を持たない一般家庭に比べてもあまりにも少ない男子の出生。

皇室ご自身におかれては皇統を継承すると言ったお気持ちはないのか。

 

男系男子が誕生しないと言った危惧の下、旧11宮家の復帰が取りだたされいるが、彼らにおいては尚のこと

男子を出生していない。

4年前の旧11宮家家系図を参考にしているが、現在35歳から56歳までの成人男子は13名いる。

そのうち男子を設けているのは3名に過ぎない。

しかも、5名は結婚すらしていない。

この未婚者は35・36・40・41・54歳。

この中には芸能人と浮名を流してにやけているJOC会長の息子とかも含まれている。

皇籍に復帰するとか、したいとか言うなら、まずは男系男子をたくさん産み育て、

「我々が皇籍復帰すれば、お世継ぎ問題は解決しますよ」、と言った実績を示すのが先ではないでしょうか。

 

旧宮家復帰論者の山本峯章先生からは、皇室はもともと女系なんだろう、ということで具体的言及は避けられたが、

皇室の事柄に関しての繊細な扱いが窺えた。

一般に、右翼民族派の中においては旧11宮家復帰を要望する声は少なくない。

いずれは皇室にはいる人々との前提で考えるから、自然と畏敬の念が働くこととなろう。

小生のようにアンナ世俗に塗れた者が皇室に入っても役に立たない、と吐き捨てるのを聞けば

「不敬な」、との思いを抱くこともあろう。

一般であれば子育てや子供の進学・非行問題で翻弄されるであろう年代の成年男子が、独身でいる理由はなんなのか。

若年であらせられる愛子内親王は別として、秋篠宮・三笠宮・高円宮といった女性独身皇族との結婚を画策して

皇室典範が改定される日を待ち望み待機しているのだろうか、と勘ぐってしまう。

 

 毎回のことであるが、阿形会長のお取り計らいで全員に夕食が提供され、舌鼓を打ちつつ懇談のうちに講演会は終了した。

帰りには山本峯章先生の著書「韓国人はなぜノーベル賞が獲れないのか?」や阿形会長が編集したDVDなどの資料がお土産として参加者全員に配られた。

毎度のことながらここまで参加者全員に気を遣った会合を企画・運営して頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

阿形会長をはじめ、会の運営に携わってくださった大日本朱光会の皆様にも感謝申し上げます。

1474524235741.jpg

 

政経調査会 まき やすとも

電話:090−3135−4069

電子郵便:makiyasutomo@daitoa.com


2016年09月18日のつぶやき

22:20
9月29日「反中共デー」に参加 https://t.co/v6ng4JWPft #jugem_blog
22:11
17日昼から巣鴨の東僑酒家で大学OB会の会合。如何にして会費を滞納している会員に納付を働きかけるか。年代幹事などで会食。ノンアルビールで済ます。遅れて2時過ぎに新宿アルタ前に到着。第三土曜日恒例社会の不条理を糾す会の街宣に参加 https://t.co/tgGi99SmUv
22:01
9月21日(水)18時から新宿のスコールで評論家の山本峯章先生が皇室問題に関する講演を行うので参加してきます。

9月29日「反中共デー」に参加

以下は、主催者から送付頂いた案内状の写しです。

私も参加する予定です

 

平成28年9・29反中共デー東京大会

暴支膺懲!
暴戻支那討つべし!
暴戻支那とは、「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなわち中共のことです。中共は「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、我が国の敵国であることを認識しなければなりません。尖閣諸島の現況を見てください。
昭和47年9月29日、我が国は中共との国交を樹立しました。この間、主権侵害、内政干渉、領土・領海・領空の侵犯など、中共による敵対行為は数限りなく繰り返されてきました。中共の脅威に晒されているのは、我が国だけではありません。満洲、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなどに対する侵略・虐殺・苛政。台湾に対する併呑の野望。中共に支配されている全ての人民たちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言できます。
  私たちは草莽とはいえ、興亜憂国の志士と自負しています。この重大な危機を坐視することはできません。平成14年9月29日、所謂「日中国交正常化」30年の秋、私たちは中共との国交断絶を目指して、9・29反中共デーを開催しました。昨年も東京だけではなく、北海道(札幌)でも、中部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘争は展開されました。本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友の皆さんが共に起ち上がり、共に闘うことを熱望します。勝利を信じて、闘いましよう。

[日時]
  9月29日(木)雨天決行
    午前11時〜集会開始
    正午〜行進出発

[場所]
  三河台公園(東京都港区六本木4−2−27/六本木通り沿い/俳優座の横)

[合意事項]
々餞の掲揚は大歓迎します。また、旭日旗やZ旗の掲揚も歓迎します。
南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなど、中共に侵略され、独立を目指して戦っている国々の方が、ご自分の国家や民族を象徴する旗を掲揚することは歓迎します。
D凝淒匹留親阿里燭瓠会旗など団体の旗を掲揚することは禁止します。
こ叛軸錣了参は歓迎します。
ゼ幎僂任了臆辰呂官麥犬ださい。

[連絡事項]
  本年も東京大会だけではなく、北海道大会(札幌)も、中部大会(名古屋)も、関西大会(大阪)も、九州大会(福岡)も、開催される予定です。

[呼び掛け]
平成28年9・29反中共デー東京大会共闘委員会
 


2016年09月16日のつぶやき

14:02
利権亡者・お子様都議を来年の都議選で落選させろ https://t.co/PPNlcDMq56 #jugem_blog

利権亡者・お子様都議を来年の都議選で落選させろ

利権と汚職にまみれた都議会議員と都職員は辞職せよ

自民党のお子様都議糾弾街宣@中野駅北口

ユーチューブ動画

https://www.youtube.com/watch?v=NPV5Nz467uE&feature=youtu.be

 

平成28年9月14日(水曜日)正午より中野駅北口にて街頭宣伝活動を開始する。

準備をしていると駅近くにある共産党系の共同病院から白衣の街宣部隊がやってくる。

選挙が終われば議員関係は誰も平場での街宣などやっていないから、通常はいつでも彼らの独壇場みたいなもの。

中野駅前では庶民・有権者に対しねちっこくも直接に訴えかけているのは共産党くらいなものか。

我々を見て仕方なく他へ移動したが、川合しげお都議の政治資金収支報告書を拡大コピーしたプラカードに対してはかなありの興味を示したようで、じ〜っと見ていた。

!cid_222A22FD1531417A9EECFDD50F137533@sasshjVAIO.jpg

「今はこういった資料がネットで簡単に取れるんですよ。

それを分かっていながら、こんな適当な収支報告書を都選管に提出するなんて都民・中野区民を愚弄していますね。

アンタたち中野区民がこんなチンピラ都議に舐められているんだよ。悔しくないのか。

来年の都議選でもまたこいつをトップ当選させるつもりなんですか?」

!cid_D82F7330B276429FBD6728B07566ACAD@sasshjVAIO.jpg

8月2日、新任の小池百合子都知事が議会各派を挨拶回りした際に、自民党控室で応対に出たのは二人だけ。

川合都議会議長は小池都知事からの握手を拒絶。記者から促された記念撮影も拒否。

自分が応援した増田候補が当選できなかったとはいえ、この対応は幼稚園児並と都民・国民の批判を浴びるも本人はまるで反省していない。

平成21年の都議選ではギリギリ4位で当選だったが、3年前の都議選では29000票を集めトップ当選。

さあ、来年はどうなるか?

川合報告書2.jpg

 

  収入の部:

個人からの寄付金0円。法人その他の団体からの寄付金0円。政治団体からの寄付金0円。政党匿名寄付0円

  支出の部:

人件費0円。光熱水費0円。備品・消耗品費0円。事務所費0円。組織活動費0円。選挙関係費0円。機関紙の発行費0円。宣伝事業費0円。調査研究費0円。

 

つまり、収入も支出も全くない。

川合都議本人は年間1千数百万円の報酬を受け取りながら、川合しげお後援会としてはお金の出入りが全く無かったということか。

都選管もこんな収支報告書を受け取って疑問に感じないのか。

川合報告書1.jpg

 

 

都議会の中野選挙区。現在は定数4人で、自民・民進・公明・共産各党議員で1ずつ分け合っているが、

来期から1削減となり当選できるのは3人だけ。

さあ、誰を落選させるんでしょうか。

!cid_2BF25E32B1284CE79056EFE550BB8F95@sasshjVAIO.jpg

 

 豊洲市場建屋下の盛り土がない空間が問題になっていいるが、そもそも何のために豊洲に移転させようとしたのか。

昨年5月の騒動を思い出してください。

魚市場だけでは外国人観光客を誘致した一大テーマパークとしては魅力が薄い。

 周辺にお客を呼べる観光施設が不可欠、ということで寿司ざんまいの温浴施設や1000席のフードコート供えたレジャー施設「千客万来」、それとダイワハウスの鍋や包丁・厨房器具を売るショッピングセンターを誘致しようとしたが、両社は撤退した。

約束を反故にされたと舛添都知事を罵った寿司ざんまい社長の涙の記者会見は記憶に新しい。

直後に舛添が「録音でもしたんですか?ビデオに撮ってありますか?」と感情露わに反論したことも周知の事。

この二社に替わる会社を改めて公募するとなったが、いったいどうなったのか。

その後の情報が全く出て来ない。

豊洲市場だけが来てもダメですよ、という事を前提にした上での開発計画ではなかったのか。

ならば予定通り11月に豊洲市場がオープンしたとしても、意味をなさないことになる。

 

 

豊洲!cid_AE7F12360622400E935A946E69D4E9D4@sasshjVAIO.jpg


2016年09月13日のつぶやき

21:45
警官なら殺人でも執行猶予か https://t.co/mnFgcjRXWQ #jugem_blog
20:36
横にいた若い女のコメンテーター「蓮舫が嫌なら選ばなければ良いだけの話し」、とコメント。つまり、選挙で当選しているなら全ては容認されたという事だ。ふざけるな。常識も見識もない人気取り投票で勝ち残ることが正義の証なのか。 https://t.co/sbb22MLeOt
20:30
9月14日(水曜日)正午から中野駅北口で政経調査会の街頭演説会を予定しています。 都議会を斬る【自民党の利権分配・汚職を糾弾】 天気予報では曇りか雨のようですね。 小雨程度なら様子を見ながら決行します。ザーザー降りなら中止します。 まきやすとも 090−3135−4069

警官なら殺人でも執行猶予か

 水難救助訓練中の埼玉県警巡査が溺死させられた。

 これはもう明確なる殺人罪である。それも組織犯罪であり、悪質性は極めて高い。

 犯人に贔屓目にみてもせいぜい傷害致死であり、執行猶予がつくようなケースではない。

 これは犯人が警官であるという立場を考慮して下された不当判決と言ってよいだろう。

 同じ埼玉県の東松山市で発生した16歳少年に対する川での溺死による殺人事件と全く同様ではないか。

 そこでは加害者少年の人権が守られ、片や人殺し警官の人権が守られている。

 まさに社会の不条理である。

 

 まあ、これが一般的な警察官の素性であると見ておけば間違えない。

 現場には複数の警官がいた訳であるが、誰一人として真実を証言しようとしない。

 組織の威力を以って嘘をつき通す。真実を隠蔽する。これこそが警官の使命といっても過言ではない。

 目的は組織を守るためである。

 決してドラマや映画の世界の出来事ではないのだ。

 

事件の詳細を伝える昨年の記事↓↓↓

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=5384

 

 

訓練中の機動隊員の溺死 指導の巡査に有罪判決

訓練中の機動隊員の溺死 指導の巡査に有罪判決
動画を再生する

4年前、埼玉県警察本部の機動隊員が、プールでの訓練中に死亡した事故で、繰り返し水の中に沈めて死亡させたとして、業務上過失致死の罪に問われた33歳の巡査に対し、さいたま地方裁判所は、「過失の程度は重いが、今後相応の社会的制裁が見込まれる」などとして執行猶予の付いた禁錮1年6か月の有罪判決を言い渡しました。

この事故は、平成24年の6月、埼玉県朝霞市にある埼玉県警の訓練施設のプールで、機動隊員の佐々木俊一巡査(当時26)が、訓練中に溺れて死亡したもので、指導に当たっていた埼玉県警の巡査、渡辺哲範被告(33)が、繰り返し水の中に沈めて死亡させたとして、業務上過失致死の罪に問われました。
これまでの裁判で、検察が「悪質な犯行だ」として禁錮1年6か月を求刑したのに対し、弁護側は、「被告は罪を認めて反省している」などとして執行猶予の付いた判決を求めていました。
7日の判決で、さいたま地方裁判所の栗原正史裁判長は、「息継ぎの余裕を与えずに、被害者を繰り返し水中に沈めたもので、過失の程度は重い」と指摘しました。
そのうえで、「今後、職を失うことも含めて、相応の社会的制裁が見込まれる」などとして、禁錮1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

遺族「実刑で反省してほしかった」

判決のあと、佐々木さんの母親の千春さん(59)が、さいたま市で会見し、「被告には、実刑でしっかり反省してほしかったので、非常に残念です。埼玉県警には二度とこのような事件を起こしてほしくないです」と話していました。
また、弟の拓也さん(28)は、(たくや)「兄はもう帰ってこないが、被告が今後も何事もなく生活を送ることを考えると非常に悔しい」と話していました。

県警「再発防止に万全期す」

埼玉県警察本部の三田豪士警務部長は、「判決を厳粛に受け止め、引き続き再発防止に万全を期すとともに、改めてご冥福をお祈り申し上げ、ご遺族に深くおわび申し上げます」というコメントを出しました。


2016年09月12日のつぶやき

16:32
大隅さんが出張先の仙台から大量の海産物を送ってくださった。 箱を開けるとホタテ・エビ・鮭ハラス・ホッケなどなど 昨晩は〆サンマにワカメとシラス。キュウリと大葉を添えて三杯酢で食する、美味の極地だ。新鮮魚介は被災地東北の復興のシンボル https://t.co/N8CMY8Pm8y

「ビール掛け」はキチガイ集団の儀式だ

プロ野球で広島東洋カープが25年ぶりに優勝したとかで、テレビのニュース番組やワイドショウが朝から大騒ぎ。

なにがそんなに嬉しいのか。日本国民の中ではほんの極一部であろう熱烈なプロ野球ファン以外は誰も関心を持っていない。

自動車メーカーであるマツダが所有する野球チームが新聞社や飲料メーカーのチームに勝ったことが、大ニュースとなりバカ騒ぎをする醜態を全国に大映しすることが報道の使命なのか。

まったく極楽島のアホウドリには呆れるばかりだ。

 

広島に限らずプロ野球チームが優勝すると必ずビール掛けなる醜態を演じている。

これは野球協約かなんかで義務付けられた儀式なのか?

12球団の中で1チーム位は最低限の社会通念を持ち合わせる者があってもいいと思うが、こういった狂信的宗教じみた連中には通用しないのだろう。

 

ビールは口から飲むものであろう。

嗜好品であるから食料や水と違い、なくても生きていける。

それだけ高価なる付加価値を伴ったを飲み物である。

酒の一滴は血の一滴、ともいう。

神道ではお神酒という。神様に献上すべき品である。

麦芽農家でも無駄に散布される為に出荷 いる訳ではあるまい。

 

 賞味期限切れ食糧品の廃棄率を減らそう、などという運動もあるが、

ここまでビールの廃棄が堂々と行われ、賛美されている日本は異常である。

プロ野球界内部からも批判の声は沸き起こってこない。

純真に野球に打ち込む高校球児たちも、いずれは我国野球界の最高峰であるプロ野球界においてプレーをするとなれば

否応なしにこのキチガイ集団に染まることになる。

Check

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM