大東亜戦争開戦の意義を説く

大東亜開戦から77年にあたる平成30年12月8日政経調査会では国家社会主義日本労働者党(山田一成代表)と共に港区赤坂にあるアメリカ合衆国の出先機関であるアメリカ大使館を訪問した。

未だ続くアメリカの世界支配とアメリカ的価値観の強要を看過しない。

大東亜戦争開戦の意義を説くために大使館正門前で抗議文を朗読、ハガティ駐日大使、もしくは代理の人間に手渡そうと前日の電話約束に基づいての訪問であった。

 にも拘らず、ポツダム体制の下で米国の下僕と化した不当にも我々の行く手を官憲が行くを阻む。

仮に大使館側が訪問を拒むのであれば大使館の職員、または大使館に雇われた警備員が拒否すればよいものを日本の官憲が大使館のメッセンジャーボーイを担わされている現実は異常である。

 日本国民が信号を渡り大使館前の公道を通行する事さえも拒絶するなど大使館にその権限はない。

大使館が日本の官憲に対し不当な要求をしているのか、官憲が大使館の顔色を伺い忖度しているのか、

いずれにせよ日本が自立した独立国家としての機能を有していない事実が読み取れる。

 弊会に続き山田氏が抗議文を朗読するも大使館側から受け取りに来るものはいない。米国大使館も朝鮮大使館・支那大使館と同等のレベルの劣化しているのが如実に読み取れる。

 宣伝カーから抗議演説を敢行して参加者一同シュプレヒコールをあげ、開戦記念日の行動を終える。

山田氏においては大病・手術の後であると聞いているが病弱な身でありながら渾身の力を振り絞っての勇猛果敢なる抗議行動であった。

1.jpg 3.jpg

 

4.jpg DSC_0006_21.JPG

 

 

   抗議文(原文は縦書き)

七十七年前の今日、我国の連合艦隊は米国領ハワイ・オアフ島にある米艦隊基地を攻撃し甚大な被害を与えた。大東亜戦争の火蓋が切って落とされたのである。

所謂、大航海時代に始まるスペインとポルトガルによる覇権争いを経て全ヨーロッパを中心とした植民地獲得競争の中にあってアメリカ大陸も先住民を虐殺し土地や食料を略奪して上で、白人西欧文明の下で建国された植民地国家であったのだ。

そのアメリカが一度世界の覇権を握るや侵略する側に回りハワイのハメハメハ王朝を滅ぼしハワイを併合した。またスペインとの軍拡競争に勝りフィリッピンを獲得した。

400余年に渡り白人中心の西欧列強が世界を支配しアフリカやアジア諸国を植民地として搾取していった。有色人種の民を人間とはみなすことなく牛馬の如く使役し、無尽蔵に資源や労働力を略奪していった。

この狂気の世界常識に異議を唱えたのが大東亜戦争の発端であった。

長期的にみれば勝算のない無謀な戦争であったかもしれないが、結果的には戦後アジアやアフリカにおいて多く国が民族自決のもとで独立を果たしたのである。

ハワイへの攻撃と同日の十二月八日、日本軍はマレー半島コタバルへの上陸作戦を敢行した。上陸作戦を阻止せんと迎え撃つイギリス軍の主力部隊はインド兵であった。同じ有色人種である日本兵に対し戦闘意欲が欠如する事を危惧した英国軍はインド兵の足首に鉄製の足枷を装着して海岸のコンクリート製トーチかに固定したのである。

このような白人至上主義の下、力で屈服されるのが当たり前と思っていた有色人種が3年8ヶ月に及ぶ激烈なる戦闘を最期の最期まで一国で戦い抜いた日本の姿を見て開眼し、戦後の独立戦争を経て西欧列強から独立を果たしたのである。

 

41代米国大統領・ジョージ・ブッシュが1130日に94歳で死去した。彼が在任中の1991117日に所謂・湾岸戦争を開始した。

イラク共和国が歴史的に自国領土であるクウィートを武力を以って奪還したことが発端であった。例えるなら我国が北方領土を武力で奪還したと同じことである。

ジョージ・ブッシュはアラブ諸国の歴史的経緯も価値観も無視して戦争を遂行し、無辜なる市民を大量虐殺した。

我々は国内で他の誰よりも強固且つ激烈に「湾岸の殺人鬼に鉄槌を下せ」と、訴えて。19921月のジョージ・ブッシュ来日に照準を合わせて来日阻止闘争を貫徹した。

その結果であろうか、大統領は晩餐会の席上で体調を崩し卒倒するといったアクシデントに見舞われた。虫けらのように殺戮されていったイラク国民の逆鱗に触れたのであろう。

湾岸戦争後、我々は経済制裁下におかれたイラクを度々訪問し戦禍の跡を見て回った。

アメリカの主張する軍事工場ではない粉ミルク工場が空爆によって破壊され多くの住民が犠牲になった事実を見聞した。

イラク全国どこへ行っても国民は日本人を賞賛している。「最後まで世界を敵に廻し闘った日本人は偉大である」と。決してリップサービスではない。全てのアラブの人々をそのように認識していることを思い知ったのである。そして必ずその後に「あの素晴らしい日本が、なんでアメリカの支援をしているのか」と落胆の表情で訴えかけてくるのである。

我々は誇りと名誉ある日本国民としてアメリカの覇権主義・膨張主義に組み敷かれることを拒絶するものである。

アメリカは侵略に次ぐ侵略の歴史を反省せよ。

アメリカ的価値観の強要をやめろ

 

平成三十年十二月八日

 

ドナルド J.トランプ アメリカ合衆国大統領

ウィリアム F ハガディー 同国駐日大使

 

  政経調査会 代表 槇泰智

  日本国民有志一同


2018年12月07日のつぶやき

10:38
四百年に及ぶ白人欧米列強諸国による世界支配に戦いを挑んだ大東亜戦争の開戦から77年。12月8日午後2時、米国大使館を訪問し、トランプ大統領宛の抗議文を提出する。無謀と言われようが何故ゆえに戦端をきらねばならなかったのか。その結果世… https://t.co/igbkJrILDP
10:33
12月8日は開戦記念日 https://t.co/L23rhGDuvF #jugem_blog

12月8日は開戦記念日

  昭和16年12月8日、我が連合艦隊はハワイオアフ島に展開する米国太平洋艦隊基地を攻撃し甚大なる損害を与えた。

 奇襲攻撃と言われた、また無謀な戦争との見方もあるが、何故ゆえに開戦の火蓋を切らざるを得なかったのか。

 欧米を中心とする白人列強による過酷な世界支配に対し、有色人種たる日本人が戦いを挑み3年8ヶ月に渡る戦闘を展開したのだ。

 同じ人間とさえ認識されない有色人種が絶対的支配者と思われていた白人国家に対し猛然と戦いを挑んだのだ。

 この史実は未来永劫世界史から消し去る事はできない。

 最後まで欧米諸国と激闘を展開した日本人の歴史は、未だもって第三世界の民から伝説となって賞賛を受け続けている事実が存在する。

 しかし戦後73年を経て未だにアメリカを中心とする大国の覇権主義が世界を覆いつくし、理不尽なる搾取が展開している。

 大東亜開戦から77年。アメリカ合衆国の出先機関である東京・赤坂の米国大使館を訪問し、

トランプ米国大統領に対する抗議文を提出する。

土曜日だから大使は不在だという言い訳は成立しない。

我々、心ある日本国民の生の声を本国に伝える使命がある。

午後2時に訪問するのでしかるべき対応・接受を実施することを要求するものである。

 

政経調査会  槇泰智

日本国民有志一同


組合の忘年会に出席

12月5日(水曜日)輸出組合の忘年会に出席。後楽園にあるホテルの宴会場。

特別顧問の片山さつき氏が遅れてやってきて挨拶だけして、すぐに帰って行ったよ。

他の来賓の順番をひっくり返して壇上に立たせてもらっているんだから、せめて乾杯までいて

会場をひと回りするくらいすればいいものをと思うのだが、「忙しい度」をアピールしたいのかな。

今回は普通っぽい上下ブルーのスーツ。

いつもは全く色彩感覚が麻痺しいるのかと思うようなアフリカの未開部族みたいな色とりどりの衣装。

組合も設立して20年くらい経過するが、出席者の顔ぶれも新しい人が目立つ。

新陳代謝が進んでいるのか、昔からの知り合いも殆どいない。

それでも持参した大量の名刺は全て使い果たし、新たな人々との出会いがあった。

そのうちで継続的に付き合いをもてる人はどれほどいるのか。

豪華絢爛なヴィッフェスタイルだったが挨拶ばかりで最後のデザートにはありつけなかったのが残念。

 

時間も早かったので東中野の「あずさ」にご挨拶。縣女将から温かなもてなしを受けほろ酔いで帰宅。


2018年12月01日のつぶやき

00:37
『憂国忌』の意義とは https://t.co/GM8HU7tlqf #jugem_blog

『憂国忌』の意義とは

三島由紀夫・森田必勝両烈士の自決から48年。

東京・星稜会館で開催された憂国忌に参加。

昨年に引き続き主催者のご好意により受付横にて「憂国シャツ」の頒布をさせて頂く。

三島由紀夫研究会の玉川博己代表幹事による開会挨拶。

故人を偲び想い出に浸るのではなく、国家社会の改革のために邁進するための集いである、旨で憂国忌の意義を説く。全く同感である。

 村松英子氏による『春の雪』最期の部分の朗読。高級貴族による恋愛小説を崇高な文学作品としてと聞かせる。繊細な語り口調が心地よい。

「『春の雪』をめぐって」三人のパネラーによるシンポジウム。

元日学同の中西参院議員による追悼講演「憲法改正の時が来た」

 

閉会後に、参院議員氏が憂国シャツを見て若い秘書氏に対し「おまえコレを着てみろ」といって一枚頒布に協力をしてくれた。

当方女性スタッフが「議員自身も着てくださいな」

「俺がこんなの着て歩けるわけないじゃないか」、と。

「はぁ?」「そんなことじゃぁ、世の中変えられませんよ」

 

国民の負託を受け命がけで憲法改正を訴えるのであれば、自らが率先して憂国烈士による義挙の精神を世間にアピールして歩くのは当たり前ではないのか。

 

 開会前に冷やかし的に憂国シャツを見ていた市井の年配男性がいた。頒布に協力するつもりはなかったようだが、「ゲバラのシャツを着ている若者は世間に大勢いる。だったら皆が当たり前のように憂国シャツを着て街中を歩いて欲しいんですよ」、と頒布の趣旨を説明すると薄っぺらの財布の中から3500円を出してくれた。

 世の中には一回言えば分かってくれる人もいるし、百万回言っても分からない人もいる。

IMG_20181125_132748_1.jpg


2018年11月24日のつぶやき

11:40
憂国忌が11月25日2時より星稜会館で開催。烈士の義挙から48年。その精神を風化させず次代が受け継ぐ。受付横にて憂国シャツの頒布を実施。半袖3500円、長袖3900円の賛助金をお願いします。5時から四谷で弊会の第一回目望年会。参加… https://t.co/RSzIZoL3l4

2018年11月22日のつぶやき

03:17
憂国忌で憂国シャツを https://t.co/cAyb1In62u #jugem_blog
03:00
戸田市ミュージックサンデー https://t.co/fZqhXadnVX #jugem_blog
02:10
11月11日、戸田市文化会館で戸田市歌謡連盟主催のミュージックサンデーが開催された。市内在住元自衛官で柔剣道師範の今澤雅一氏(国士舘OB)が水野裕之氏のヴァイオリン演奏で「同期の桜」「暁に祈る」を熱唱。その後、水野氏演奏で長谷川初… https://t.co/0TFjyX7mKQ

憂国忌で憂国シャツを

以下、主催者発表の案内文を転載させて頂きます。

 

  第48回憂国忌のご案内

ことしもまた憂国忌の季節となりました。三島先生の没後四十八年にあたり、政界、言論界でも「最後の檄文」の主張にもある憲法改正の方向性が出てきました。
 また本年は明治百五十年にあたり、背景に明治の残映から始まる三島先生の傑作『春の雪』(『豊饒の海』第1巻)を中心としたシンポジウムなどを執り行います。
万障お繰り合わせの上、ご臨席いただきますれば幸甚です。
 実施要綱は下記の通りです。
    

       記
日時  十一月二十五日(日曜) 午後二時(午後一時開場)
場所  
星陵会館大ホール(千代田区永田町2−16)
資料代 お一人 二千円 
<プログラム>(敬称略、順不同) 
      総合司会 菅谷誠一郎
午後二時 開会の挨拶 三島研究会代表幹事 玉川博己
    『春の雪』名場面の朗読   村松えり
    『天人五衰』最後の場面朗読 村松英子
午後二時半 シンポジウム 「『春の雪』をめぐって」
      小川榮太郎、富岡幸一郎、松本徹 
      司会 上島嘉郎(『正論』前編集長)
      追悼挨拶「憲法改正の時が来た」 中西哲(参議院議員) 
午後四時十五分 閉会の辞。 全員で「海ゆかば」斉唱    
(なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい)
<憂国忌代表発起人> 入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦、西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子
(実行委員会責任者 宮崎正弘)
(三島由紀夫研究会代表幹事 玉川博己)

 

 当日、弊会では受付横の書籍販売スペース並びをお借りして「憂国シャツ」の頒布活動を実施いたします。

義挙から48年を経過しますが、日本を取り巻く諸情勢の中で両烈士の訴えは益々現実味をもつ状況となりつつあります。

いまこそ義挙の精神を風化させないためにも「憂国シャツ」を着用することで、世間の人々に語りかけていきましょう。

問合せは「政経調査会 槇泰智」携帯電話:090−3135−4069へ

当日、憂国忌終了後5時から四谷にて今年第一回目の望年会を開催します。

 

(図柄は特定の実在人物を描いたものではありません。国を憂うるという心情をイメージ化したものです)

 

正面に24x33cmのプリントが施されています。「黒白」と「赤黒」の二種類から選べます。

背面には「至誠」の二文字がプリントされています。

色は黒色。

サイズはS・M・L・LL・EL・4Lから選んでください。

大き目のアメリカンサイズではありません。ゆったり着用するなら通常よりもワンサイズ大きなものをお勧めします。

半袖:3800円 3500円

長袖:4200円 3900円

DSC_0772.JPGDSC_0764.JPG

                右:身長155cmの女性が半袖「L」を着用しています。

                ゆったりとチェニック風な着こなしも可能ですね。
赤黒.JPG白黒.JPG

赤・黒の二色刷り         白地に黒の一色刷り

DSC_0802.JPG

背面ではうなじの下に「至誠」の二文字

 

 

販売ではありません。

「憂国烈士による義挙の精神を後世に伝えていこう」という、我々の活動に賛同し賛助金をくださった方に対し

頒布致しております。

従来の靖国シャツに比べ製作費が五百円ほど高くなってしまいました。三百円だけ値上げさせてください。ご寛容願います。

シッカリした厚手の生地を使用して縒り合せた太い糸で頑丈に縫製されていますので、ほつれることはありません。黒色の生地は厚くしっかりしているので女性でも安心して着用できます。

 

洗濯の際、乾燥機には入れないでください。
高熱でプリントが剥げ落ちる恐れがあります。

もしも、普通に洗濯していてプリント落ちする事がありましたら、返送してください。代替の品を送付致します。


送料は弊社で負担します。ただし、クロネコメール便での送付となり、ポストへの投函になります。
 手渡しによる配送を希望される方には郵便局のレターパックで送付しますので、配送料として340円を追加してお振込み願います。何枚ご注文されても追加は340円だけです。


〜祿信用金庫本店 普通口座 0008163 
   大東亜物産株式会社


∋杏東京UFJ銀行 高田馬場駅前支店
  普通口座 3828825 大東亜物産株式会社

 
まで、送金手数料お客様負担にてお振込み願います。
  支店名の最後には「駅前」が着きます。「高田馬場支店」、と言うのが別にあります。

郵便振替口座 00180-9-119426 口座名義:政経調査会

 種類(「白黒」か「赤黒」)とサイズ、送付先の住所・お名前を、電子メールかファックス、書状でお知らせください。送金確認後、即日の発送となります。
下記、所在地に来ていただければ現金引換えも可能です。(要、事前連絡)

 

「銀行振り込みが苦手」という方は、クロネコヤマトによる「代金引換サービス」も利用できます。

代金回収手数料と手渡し宅配料金が加わりますので、一回の発送につき800円が加算されます。

 

    電話:090−3135−4069
  ファックス:03−5343−2551
  電子メール:
makiyasutomo@daitoa.com

         無料通信アプリ:mm2410930
  〒165-0027東京都中野区野方3−26−2
  頒布責任者:まき やすとも


戸田市ミュージックサンデー

 報告記事のアップが遅くなってしまい申し訳ありません。

11月11日(日曜日)に埼玉県戸田市文化会館で戸田市歌謡連盟(今澤雅一会長)主催のミュージックサンデーが開催され約400人の人々が来場しました。

 冒頭ではこの春、43歳の若さで初当選を決めた菅原市長もマイクを握り熱唱し会場を盛り上げました。

 今年は世界的にも著名なヴァイオリン奏者である水野裕之氏が愛用の秘蔵ヴァイオリン持参で登壇し、懐かしの名曲を披露しました。

 この催しは毎年行われ戸田市教育委員会の後援ということもあり、今澤雅一氏がヴァイオリンの演奏に合わせて「同期の桜」「暁に祈る」を熱唱。

 歌謡連盟の長谷川初江さんが水野氏の演奏と共に情感を込めて「岸壁の母」を歌うと会場からはすすり泣く声が聞こえるほどでした。

 その後も、水野氏独奏で蘇州夜曲・南の花嫁・リンゴの歌・鐘の鳴る丘・港町十三番地と演奏を続けると会場からは惜しみない拍手が沸き立ちました。

 芸術の最高峰と称される東京芸術大学音楽科の潮流を受け継ぐ本格的指導の下で学んできた水野氏の演奏が聞けるとあって会場は興奮に包まれていました。

 会場にいる年配者においては幼少期にNHKテレビ「ヴァイオリンのおけいこ」にレギュラー出演していた当時の水野氏を知る人々も多数いて円熟したプロの演奏に聞き惚れていました。

 

 その後も歌謡連盟会員の発表会がり、後半ではあやのくるみさんなど三名のプロフェッショナルレコード歌手によるステージ等があり大いに盛り上がりました。

戸田市長.jpg

菅原文仁市長が生歌を披露

今澤と水野.jpg

勇ましく「同期の桜」を熱唱

IMG_20181111_122559.jpg

旭日旗をバックに名曲の数々を披露する水野裕之氏

今澤さん.jpg

「暁に祈る」は映画の題名で、その主題歌となった戦時歌謡だ

今澤雅一氏の十八番とも言える一曲

岸壁の母.jpg

あの感動のセリフ入りで「岸壁の母」を聞かされると目頭を押さえる人々も


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM