2017年12月09日のつぶやき

17:19
日産の衰退には訳がある https://t.co/ptLeIE1xkF #jugem_blog

日産の衰退には訳がある?

 最近、新車の完成前検査を無資格者にやらせていた事が明るみに出て問題となった日産自動車。
この数年でも業績が低迷している模様。
 30年近くに渡り自動車の売買を生業にしている立場故、日産自動車のみならず各メーカーの車を扱ったり社用車として利用している。
 メーカーの系列下にあるディーラーと言われる販売店を通じるなどして売買し、不調があればディーラーの工場に持ち込んで点検・修理をお願いする事もある。
 日産であれ何処のメーカーであれ自社が製造した車に関してはメカニック上の知識もあるし部品の供給も可能。
 持ち込まれる車は自社のディーラーで購入してもらった新車ばかりではない。
 街の中古車販売店を経由したりオークションで仕入れたり様々なルートを経て持ち込まれることになる。
 それでも自社メーカーで製造した車であるからディーラー工場では責任を持って気持ちよく点検に応じてくれるのが常である。
 私の会社の近所にも日産プリンス東京販売株式会社の中野営業所があるので、昔から何かあれば持ち込んでみてもらっている。
 近所にこういう工場を兼ね備えたディーラーがあるが故に、積極的にニッサン車を使用しているとういう側面もある。
 しかし、この日産プリンス東京販売の対応がここ数年、極端に硬直してしまっている。
 他の店舗ではそのようなことがないので中野店だけなのか、又は現在の店長の指導によるものなのか画一的で人間味がまるでない。
 最近購入したニッサン・セレナワゴンにおいて「ナビディスクが読み込みできません」と表示されるのと、リア・ブレーキでキーキー音がするので点検・修理をお願いした。
 後者においてはブレーキパッドの交換で2万円の請求、それは仕方ない。
 前者においてはナビ・ディスクを挿入する場所が違っていたのだ。で、ナビ・ディスクを正規の場所に挿入して問題なし。しかし、点検料として3000円が計上されている。
ブレーキパッド交換で2万円払っているんだから、そのついでに無料でできるだろう。
若いスタッフは「始めに点検料がかかると言いましたよね」
測定機などを使ったり分解しての点検ならいざしらず。ふざけているのか。
 仕事柄、他のメーカー系列のディーラーにもだす事はよくあるが、どこだって気持ちよく点検してくれるよ。
この前だってヴィッツのブレーキパッドが減っているようなので点検に出したら、工場に入れて持ち上げて全てのタイヤ廻りを点検して見積書を作ってくれた。
総額で5万円かかるので、「この古い車にこれだけ掛ける価値があるかな。買い替えた方がいいかな」、と逡巡。
「でも、ここまで点検してもらって何もやらないのも悪いしなぁ」、と言うと
スタッフは「いえ、やるかやらないかはお客さんの判断ですよ」、ということで料金は発生しない。
自社の車に責任とプライドを持っていればこれが当たり前なんですよ。
それは他のどのメーカー系列のディーラーだって同じですよ。
 因みにそのヴィッツは数年前にニッサンプリンス東京販売から購入した車ですよ。
 日産プリンス東京販売でも他の営業所に行けば無料で親切丁寧にみてくれるけどね、と言うと
「だったら他所に行けばいいでしょ」と平気でいう始末。
 今では日産プリンス東京販売からは一カ月に1台程度しか購入していないけど、昔の業販センターがあった頃には
「槇さん車入庫したよ」、と電話をもらえばすぐに行って毎月10〜20台、年間で100台くらいは日産プリンス東京販売から購入していたんですよ。
今だって社用車として使用している車のうち3台は日産プリンス東京販売から購入したもの。
 この野方近辺に住んでいるお客さんから中古車の購入を依頼されればオークション代行という形で、お客さんの希望の車種を選んで希望の価格内で落札していますよ。
「なにか故障や不具合があれば近くにあるディーラー系工場でみてくれますから」、と言っているけれど、これじゃぁ日産の車だけはお勧めできませんね。
 日産プリンス東京販売・中野店の見解は「お客さんの依頼で点検ばかりしていたんじゃ会社が潰れてしまいますよ」、との事。
結局、自社における目先の売上げを上げる事しか考えていないということ。
 オークションであれ独立系販売店であれ、日産ブランドの中古車がたくさん売れれば新車も売れるし、
気持ちよく点検・整備してくれると分かれば日産というブランド全体の価値があがる訳で、系列店の一つである、日産プリンス東京販売、そして中野店の評価もあがありスタッフの待遇に跳ね返ってくると考えないのだろうか。
 日産プリンス中野店であった不愉快なことを思い出してみた。今年だけでも他に最低で2回。
1、ニッサン・バネットバンのテールレンズが球切れでバルブ(電球)を買いに行った。
電球自体は200円程度、交換をスタッフに頼むと技術料として千円程度追加がかかる。
ドライバーでネジを二つ外してレンズ本体をパカッと取り出すだけなので店先で自分で交換。
雨がザーザー降っていたので、「チョット屋根の下にいれてください」とお願いしたら「ダメです」と言われ雨に濡れながら交換した。
2、日産プリンス東京販売から購入したニッサン・セレナだがルームランプが点灯しないので、他所で球を購入して取り付けたが点灯しない。
 スタッフに見てもらおうとしたら「私が触ったら技術料が発生しますよ」
「この車は日産プリンス東京販売から購入したんだよ」、と言い終える前に「関係ありません」とキッパリ。
二件とも「おい、こいつは喧嘩売ってんのかよ」、と思わせるような口ぶり。
日産プリンス東京販売の本社やメーカーである日産自動車はこういった現場の実情を知っているのだろうか。
愛用者の一人としては、地域の皆様に愛される日産自動車に再生されることを願ってやまない。
171208_123230.jpg

2017年12月08日のつぶやき

18:59
避難小屋から家電等泥棒して無料で入院、ロープ切って逃走か。日本人の血税を浪費させて申し訳ないと思わないのか同胞の在日朝鮮人。朝鮮学校を無償化しろと無理難題。マスコミに登場して差別反対。在日同胞が食料差入れして入院費カンパしてやれよ。朝鮮人に対する憎悪感情を朝鮮人が作っているんだよ
10:27
朝テレビを点けると旧知の宗教ジャーナリスト小川寛大氏がワイドショーのコメンテーターとして出演。犬塚先生の勉強会の常連。事件のあった富岡八幡では昔から旧新風の有志懇話会や二宮報徳会などを古風な佇まいの結婚式場で毎回利用していた。草地貞吾先生との最初の出会いも此処。神社本庁絡みの事件
10:15
組合の忘年会に出席 https://t.co/PDQiB5PiBr #jugem_blog

組合の忘年会に出席

12月6日(水曜日)、輸出組合の忘年会に出席した。場所は水道橋の東京ドームホテル。

遅れて到着した特別顧問の片山さつき氏が登壇し挨拶。

以前、参院選の前は投票用紙には党名ではなく片山さつきの名前を書いてくださいとしきりにアピールしていたが、

今回は中小企業の減税に取り組んでいるとか、まあ中身のある話をしていた。

議員経験も年数を踏んで押さえる壺を心得てきたというか、参加者の心を掴む話をしたが、降壇するとすぐに退席。

片山.jpg

ブッフェ形式で日頃は縁遠い豪華絢爛な料理が並んでいたが、出席者との会話の機会も多くあまり手をつけることもできなかった。

まさかお持ち帰りもできないし。

飲食よりも初めての人との名刺交換なども含めて情報交換の場といった所だからねぇ

 この業界も寡占状態で景気の良いところは多忙だが、私のところはどうにもねぇ

資金力を持った大手による独占状態でしょうか。

 

 まあ、時には古巣で業界の空気に浸るということで、腸(はらわた)の腐り止めとでも言う事かな


2017年12月06日のつぶやき

13:50
南朝鮮の反日侮日は止まらない https://t.co/0BTP1kfhTe #jugem_blog

南朝鮮の反日侮日は止まらない

南朝鮮の慰安婦像設置は対日敵対行為だ

北朝鮮暴発ならまずはソウルを火の海に

==月曜日だけれどやります==

アンチ水曜デモ

日時:平成29年12月11日(月曜日)正午出発

出発地:二の橋交差点角(「くすり城南」前)港区麻布十番3−14−3                                   

    https://townpage.goo.ne.jp/scroll.php?matomeid=KN1300060500141524

抗議先:南朝鮮(大韓民国)大使館 港区南麻布1−2−5

     https://loco.yahoo.co.jp/place/g-dpCyLXSU1y2/map/?utm_source=dd_spot

    抗議文の朗読と手渡し

報告街宣:地下鉄「麻布十番」駅前(12:40位から)

抗議行動の主旨に合ったプラカードの持込、抗議文の朗読を歓迎します

責任者:まきやすとも 090−3135−4069 makiyasutomo@daitoa.com

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000042-san-l40

韓国大統領府での夕食会で、抱き合ってあいさつするトランプ米大統領(中央)と元慰安婦の李容洙さん。左は文在寅大統領=7日、ソウル(聯合=共同)
今年最後の街頭演説会
日時:平成29年12月20日(水曜日)正午
場所: 新宿駅西口広場 小田急百貨店前
 北朝鮮の暴発に備えよ!敵地攻撃能力は必携
 慰安婦像設置を容認する米国が真の同盟国なのか
 愛国的国家革新政権の樹立を訴える
弁士募集:テーマ自由
責任者:まきやすとも 090−3135−4069 makiyasutomo@daitoa.com
望年会日程は未定(12月下旬)。参加者の要望で調整して設定します
新宿区内の居酒屋。費用3000〜4000円

 国家革新運動の発展・成就の為のカンパ・支援金受け付けています。
宜しくご支援のほどお願い申し上げます。

銀行口座:
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) 0119426
当座預金:0119426
口座名義 : 政経調査会

郵便振替口座:
00180−9−119426
口座名義: 政経調査会

銀行口座:
みずほ銀行 池袋支店 普通口座:669366
口座名義: まきやすとも


2017年12月04日のつぶやき

22:38
日本政府の曖昧な態度が憎悪を醸成する https://t.co/PllrR9FA2C #jugem_blog
22:06
埼玉県「戸田市歌謡選手権大会」結果報告 https://t.co/8r7rReMxtt #jugem_blog

日本政府の曖昧な態度が憎悪を醸成する

 北朝鮮人が北海道松前小島に上陸した件で当初は緊急避難的なものかと思っていたが現実にはとんでもない事態になっていたことが判明した。

 避難小屋で10日以上も生活しながら家電製品他船外機やバイクなど金目のものを全て略奪し、ソーラーパネルまで取り外し持ち出そうとしていた。

 外国から不法に入国し財物を持ち出すのであるから明確なる犯罪行為である。

船に積み込んだのが物品でなく人間であれば拉致事件そのものとなるところだ。

 「平和を愛する諸国民」以外の者が我国の隣に居住して度々侵入を繰り返している現実を重く見なければならない。

この侵入者・盗っ人をこのまま朝鮮に還してはいけない。

犯罪者として裁判にかけて相応なる厳罰に処さなければならないのだ。

書類送検で形だけの処分などとんでもない。

 

 日本政府のそういった事なかれ主義の態度こそが国民のフラストレーションを醸成する要因となる。

明確なる犯罪者であるにも拘わらず、朝鮮人であるが故に刑罰を免れる。

日本人では許されない悪行さえも朝鮮人には寛大なる処置が図られる。

こういった現況に対し善良に生きている日本人が怒りを感じることになる。

そこで益々、朝鮮人に対する憎悪が増幅し、「朝鮮人を叩き出せ」との感情が爆発する。

所謂、ヘイトスピーチを導き出すことになる。

日本政府が法に則って毅然たる態度をとり処断すれば、日本人の憎悪が爆発することは避けられるはずだ。

 対南であれ北であれ日本政府が曖昧なる態度・処置を講ずる事が所謂ヘイトスピーチの発生原因の一つである事を理解すべきなのである。

 

 

 

 

北朝鮮船に「第854部隊」 島は荒らされ放題 「金目のもの全部ない!」 管理人 怒りであ然 北海道

12/4(月) 19:05配信

北海道ニュースUHB

UHB 北海道文化放送

 北朝鮮の木造船が漂着した北海道松前町沖の無人島から12月4日、家電製品のほか、灯台のソーラーパネルが、現場から無くなっていたことが分かりました。
警察などが島に入り、関連を調べています。漂着した木造船の正面に張り付けられた白いプレート。
最上段と2段目には数字が並び、その一番下の段のハングルは…。「朝鮮人民軍第854部隊」と記されています。
 海上保安庁などの調べに対し、「北朝鮮から来た。漁をしていて、舵が壊れて、漂流していた」などと話していた乗組員ですが、謎が深まっています。
高谷響カメラマン:「船員が手を振っています。笑顔がみられます」
 11月末、北松前町沖で見つかった、北朝鮮の男性10人が乗った木造船への立ち入り検査は、12月4日で5日目を迎え、警察などが引き続き、乗組員から事情を聞いています。


 木造船は11月28日、松前町沖の無人島、松前小島に一時、漂着したことが確認されていて、警察や海上保安庁、地元の漁協の担当者らが12月4日、島の様子を調べました。
 漂着後、初めて島に渡った関係者の前には、驚きの光景が…。
 松前小島の管理人 吉田修策さん:「北朝鮮が勝手に網を刺して、漁をしていた」
 松前小島は普段、人が住んでいない無人島ですが、地元の漁師の拠点として、管理小屋や倉庫があります。
 しかし、上陸した島では本来、鍵がかかっていたはずの扉が、開いているように見えます。
 松前小島の管理人 吉田修策さん:「ぐちゃぐちゃもいいところだ!ほとんど全部、ちょうつがい以外、金目のものは全部ない」
 小屋の中にあったはずの家電製品をはじめ、漁の道具などがなくなっていました。さらに室内では、生活の跡も…。
 松前小島の管理人 吉田修策さん:「食べ残しのホッケをとった跡がある。10日以上はゆうに泊まっている」
 さらに、島の灯台に設置されている太陽光パネルも、一列分、外されていました。
 重すぎたのか、パネルは岸壁付近などに放置されているのが見つかりましたが、島は予想以上にひどい状態でした。
 松前小島の管理人 吉田修策さん:「これからどうなるか。過去に無かった。事例もない。密漁とかの取り締まりはしていたが、まさか密入国なんて」


 これまでに木造船からは、島から持ち出したとみられる家電製品が見つかっています。関係者によりますと、島に置いてあった家電製品の他、船外機やバイクなどもなくなっていたということです。
 警察や海上保安庁は、他に島から無くなっているものがないか調べるとともに、北朝鮮船員との関連を調べています。

                        UHB 北海道文化放送


埼玉県「戸田市歌謡選手権大会」結果報告

 11月19日に埼玉県戸田市文化会館で行われました「第41回戸田市歌謡選手権大会」の告知を出させて頂きましたが、その結果報告を疎かにしてしまい申し訳ありませんでした。

 戸田市文化祭のイベントの一つとして実施されたもので、戸田市・戸田市教育委員会の後援を頂き、当日は神保国男戸田市長や地元選出の田中良生前国土交通副大臣等が来賓として挨拶を述べるなどして大勢の関係者・観客の参集の下で華やかに開催されました。

55人が出場し、日頃鍛え上げた自慢の喉を披露しました。

優勝は「かあちゃん」を歌った三村精一さん、準優勝は「じょんがらしぐれ」を歌った熊谷照美さん、3位には「知りすぎたのね」を歌った塩野正巳さんが選ばれました。

 審査結果を待つ間に私もイベント統轄責任者として登壇させて頂き一言ご挨拶を申し上げましたが、その中で歌を愛する皆様方に対し注意喚起をさせて頂きました。

 ここには歌が好きでカラオケ教室・歌謡教室に通う方が大勢いらっしゃいますが、そういった人間関係を利用して悪質な勧誘を行う人が一部にいます。海老の養殖事業に投資すれば儲かると言って何百万円もの大金を振り込ませたり、強引に高額な商品を購入させるなど、仲間を泣かせるような反社会的な行為を平気で行う人がいるとの具体的な報告を受けています、

絶対にそのような誘いには乗らないでください。

万一、勧誘を受けた時にはパンフレットに掲載されている私の所で連絡して頂けるように、お願いいたしました。


2017年12月02日のつぶやき

22:39
順番の割こませには全員の同意が必要 https://t.co/LZE2VM1Svr #jugem_blog

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM