2017年03月25日のつぶやき

18:54
26日の小金井市議選は百瀬へ投票願います https://t.co/LuFFUcvP8a #jugem_blog

26日の小金井市議選は百瀬へ投票願います

 東京都小金井市議会選挙は平成29年3月26日(日曜日)が投票日です。

小金井市在住の方は百瀬和浩への投票をお願いします。

また、小金井市に居住するお知り合いがいらっしゃる方におかれましては、今すぐ

「百瀬和浩へ投票してください」と、お願いの電話等を入れて頂けますようお願いします。

百瀬和浩.png

 

http://www.momosekazuhiro.net/

 

 百瀬は地域政党「自由を守る会」の共同代表として巨大政党とは一線を画した立場で健全なる自由主義社会の構築を目指しています。

 昨年7月の東京都知事選においてはいち早く小池百合子支持を打ち出して、多摩地域における集票活動に奔走しました。

 現在は、都民ファーストの会と連携し、地方議員同士の横の連帯を駆使して地方から中央への改革運動を行っています。

 前回平成25年の市議選では初出馬ながら1313票を集め35人の候補者中9位で当選を果たしました。(定数24)

今回はこの4年間の実績を踏まえ上位での当選を目指しています。

皆様のご協力をお願いします。

 

 

 


2017年03月24日のつぶやき

20:36
昭恵夫人の関与を裏付ける証拠が飛び出す https://t.co/4bin1wNoiC #jugem_blog
10:36
籠池氏、なかなか立派じゃないか https://t.co/Mcfhdzv93q #jugem_blog

昭恵夫人の関与を裏付ける証拠が飛び出す

 森友学園が開校を予定していた小学校の土地取得に絡み安倍首相の妻である昭恵氏の関与・口利きがあったかどうかに焦点があてられているが、別件において事業の予算獲得に対し関与してもらった、と講演する内容の動画が飛び出した。

 公益社団法人「日本国際民間協力会」の松井三郎理事は安倍夫妻の協力に感謝する意味合いでの発言であったろうが、森友学園問題に絡み安倍夫妻に対しては益々疑惑の眼が向けられる事となった。

 

松井三郎京都大学名誉教授が 「安倍夫人が会ってくれました。その晩に首相と話を
して、首相から直ぐ連絡が入ってですね。今年予算が付きました。8000万もらいます。
あのご夫婦のホットライン凄いですね」と公の場で発言。

安倍夫人から首相に連絡してくれて予算が8000万円つきました。
https://www.youtube.com/watch?v=yQwkf2SsxLM

 

 

 突然に予算をつけてもらった側の団体から「事実と違う」とコメントが入ったと言うのも不自然。

安倍昭恵サイドから、撤回してほしいとの依頼が入ったと容易に推測できる。

100万円寄付の直後に「内密にして」との電話が入ったという籠池証言内容と酷似していますね。

 

昭恵夫人に頼んだら予算ついた”発言撤回
2017年3月23日 01:56 日テレNEWS24

http://www.news24.jp/articles/2017/03/23/07357145.html

 

 小学校を認可してから梯子を外した悪党として府知事の松井一郎がやり玉に挙げられていますが、

昭恵の関与を暴露した大学教授は松井三郎。

同じ松井でもこちらの方が二枚も上手ですな。


籠池氏、なかなか立派じゃないか

 2月初旬に勃発した森友学園問題に関しては、運営する幼稚園の「愛国教育」の現状をみるにつけ、なんか胡散臭いものを感じていた。

 真の愛国精神が存在しているのか。安倍晋三長期政権に乗っかった保守ブームの延長線上にある、金儲けの保守ビジネスの一環ではないか、との疑念も感じていた。

 所謂保守運動を展開している人々においては「森友学園頑張れ」とのメッセージを送ったり、関西方面では公に声を発している人もいるようであるが、原発問題同様に「左翼が叩いているからんだから、我々保守陣営は擁護しなければならない」的な短絡志向に思えてならない。

 教育内容を精査するならばすべては是々非々で論じられるべきであろう。

 幼児が教育勅語を奉唱している様子を見て素晴らしいと思うか、違和感を持つか。

 はっきり言ってしまえば異様な光景と映る。勅語に記された意味も分からず教えられるままに大声で奉唱する、させられている幼児の様は洗脳にも等しい、というのが一般的な見方になるだろう。

が、これだけの長文による教育勅語を暗記すると言うのは幼児期の頭が柔軟な時期であるからこそ会得できる、とも言える。大人になってからではとても容易に全文暗記できるものではない。

 とりあえず身体に覚えさせて、成長に従ってひとつひとつ意味を理解させるというのも教育手法の一つであろう。幼い子供には「天皇陛下を中心とした日本国に産まれた皆さんが家族を大切にして、国を繁栄に導いていくための合言葉ですよ、と教えればよいだろう。

 だが運動会で「安倍首相がんばれ。安保法制国会通過よかったです」は、教育現場に政治問題を持ち込むものであり、許されるものではない。

 全ては是々非々で論じられるべきであり、所謂保守のように全面支持などしていたのでは良識を疑われてしまうし、反日勢力やそれに追随するマスメディアからは格好の攻撃材料にされかねない。

 こうまであからさまに所謂保守運動、そのブームにに迎合した教育内容を喧伝すればバッシングの対象になるのは自明の理である。

 左翼・反日勢力は朝日などのマスメディアを活用に、目立たないように水面下で広く国民に対し反日教育を浸透させている【下段別掲】

 

 3月23日の国会における証人喚問において冒頭、籠池氏は「教育内容については行き過ぎがあり反省している」、と明言しているのであるから諒としよう。

 

 証人喚問中継を断片的に見ただけであるが、籠池泰典氏の姿勢は終始堂々としたものであり、武士(もののふ)を思わせるものであった。責任転嫁に終始した先週の石原慎太郎氏とは対照的であった。

 

 当初、この証人喚問についても与党側は消極的であった。

安倍政権・安倍昭恵と親密な間柄にある籠池氏が何かとんでもない事を言ったらどうしよう、との思惑があった。

しかし、先週突如として「安倍首相から安倍昭恵夫人を通じて100万円の寄付金をもらった」発言が飛び出して自民党も態度が変わった。

 ここまで荒唐無稽な妄言を発する人物であれば、何を言っても誰も信用しないだろうと、逆に安堵して証人喚問を歓迎した。

 

 籠池氏とすれば、今まで味方と思っていた安倍首相サイド、または政権側保守が突き放したことで、「裏切られた」との思いを抱いたに違いない。

 全体像もわからぬままで昭恵氏は「立派な教育機関を作ってください」、と全面的に応援していたが報道などでその愛国教育の実態が明らかになって世間の批判が集中した。

 これに手のひらを反して関わりを否定することに奔走しだした安倍夫妻に失望したというところか。

 小学校開設の認可は取消になり国有地の返還を迫られ、工事代金の未払いで差し押さえを喰らい自暴自棄になり、もうある事ない事すべてぶちまけてやろうという作戦に出た。

証人喚問における偽証罪もなんのその。懲役覚悟だから怖いもんはなにもない。

男一匹 籠池泰典。誰も止めることはできない暴走機関車と化したのである。

 

 安倍昭恵夫人付きで谷査恵子なんて新たな官僚の名前も出てきて、政権内部は戦々恐々。

ロシアならとっくに暗殺部隊が暗躍しているところであろう。

 

 終戦直後、戦勝国民と称して我が物顔で略奪・凌辱・不法占拠や利権収奪といった悪事を働く所謂三国人に対抗したのが任侠の徒。所謂ヤクザであった。

弱体化した警察権力はヤクザ勢力の力を借りて治安の維持を図った。

外地から復員し焦土となった故郷を眼前にして自暴自棄となりヤクザ世界に身を投じた若者たちが愛国心の捌け口として命がけで三国人と対峙したケースの少なくなかった。

 安保闘争が終焉し左翼運動は衰退、米ソ冷戦も一旦は終結しソ連邦崩壊から3年。

アメリカの圧力のもので自民党政権は平成4年に所謂暴力団対策法を施行した。

いままでは反共の防波堤として利用してきたヤクザを潰しにかかったのだ。

 

 当時の我々は「決してヤクザを支持するものではない」、との前提において「暴対法反対」運動を展開した。

新右翼・新左翼・任侠三派連合によるデモ行進を数時に渡り実行して暴力団新法の危険性を訴えたのだが、

その後は民間人の側がヤクザとの関わりを持つこと禁止する暴力団排除条例が各都道府県で制定され、

完全に厄介者として淘汰される傾向にある。

 

 自民党・安倍首相、昭恵側からすれば、籠池氏は正に愛国者変じて暴力団的な存在に祭上げられていると言って過言ではない。

「昨日の味方は今日の敵」である。

自民党・安倍政権のエセ愛国と決別した籠池氏を全面的に応援するぞ!

との声が日本各地で起こりつつあり、これが将来の国家革新運動の基軸になるのかもしれない。

 

 

洗脳教育は森友学園だけの問題か(酒井信彦)
http://sakainobuhiko.com/2017/03/post-301.html
『月刊日本』2017年4月号 羅針盤 2017年3月22日
 

 最近、森友学園の用地取得が大問題になっている。国会の予算委員会では、安倍首相に関連するということで、野党による格好の攻撃材料にとされた。この問題は朝日新聞あたりが火をつけたようで、かなり以前から大量の報道を行っている。
 国有地の取得問題と言えば、私などは真っ先に新聞社による、国有地取得問題を思い出してしまう。朝日新聞は築地の土地をいくらで手に入れたか知らないが、有楽町の土地は売らなかったのだから、結構安価に入手したものであろう。以前のことではあるが、国家権力とマスコミの関係の問題として、この際歴史的に回顧してみる価値はあるだろう。

 森友学園問題としては、入手経緯の問題のほかに、学園の教育方針が批判の対象になっている。朝日は早くも2月22の社説と翌23日の大型記事で指摘し、さらに同28日の記事、そして3月1日の社説でも取り上げている。


 それによると問題は、一つは園児の運動会での宣誓の問題であり、もう一つは教育勅語の暗唱の問題であるようだ。朝日が入手した映像による28日の記事によると、宣誓とは2015年の時に、「日本を悪者として扱っている中国、韓国が心を改め、歴史教科書でうそを教えないよう、お願いいたします。安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ。安保法制国会通過良かったです」と言ったというもの。勅語の暗唱とは、園児の修了式で教育勅語を暗唱したというものである。
 3月1日の社説では、これらを厳しく批判して、宣誓については、「運動会とはおよそ関係のない話で、異様さに耳を疑う」とし、勅語については、48年に国会で排除・失効の確認が決議されているので、時代錯誤だとする。しかし、28日の記事につけられた、岡田耕一教授のコメントに、「幼少期に特定の国を憎むような考え方をすり込むことは、子どもの将来にとって悪影響を及ぼす可能性がある」とあるのは、まさに中共や韓国が国家を挙げて、日本に対してやっていることである。


 ところで児童に対する政治教育を実施しているのは、別に森友学園ばかりではない。ほかならぬ朝日新聞自身が、驚くほど熱心に取り組んでいる。昨年11月12日の夕刊に、朝日の投書欄「声」が今年の2月に100周年を迎えるが、授業に新聞投稿を利用する学校が増えているという記事がでている。それによると作文能力や社会への関心を高めるために、投書を書かせて積極的に投稿させるのだという。
 そこで問題なのは、投書の場合採用されることを希望するから、どうしても投稿する新聞の論調や投書の傾向に、自然に合わせるようになるに違いないことである。朝日に投稿する生徒は、自然に朝日的価値観に教育されていくわけであり、つまり明らかな洗脳に他ならない。投書者が手本として熱心に読む、朝日新聞の投稿欄「声」が、どれだけ偏向した虐日的、つまり日本ヘイトの内容であるかは、いちいち紹介する必要がないだろう。個人・素人の立場から、朝日の論調をさらに誇張したものであると考えればよい。
 

 この記事に出てくる実施している学校は、神田外語大以外は、東京都立杉並高校、東京都町田市立小山中学、横浜市立並木中央小であるから、全て公立学校である。それに対して、森友学園はあくまでも私立に過ぎない。3月1日の社説では、「他者を排し、一つの考えを植えつける
 ような姿勢は、公的制度ののっとった公教育としてふさわしくない。『自他の敬愛と協力』の重視を求める教育基本法の趣旨にも反する」と言っているが、朝日がそれをやっているのである。

 実は朝日新聞による、児童に対する洗脳教育の方法は、さらに存在する。それは「天声人語書き写しノート」なるものである。天声人語を毎日書き写すための専用のノートで、もちろん朝日が発売している。これは2011年の4月に始まったもので、昨年10月で累計350万部に達したと、大いに自慢している。もちろん児童だけだく暇な高齢者などの利用しているだろうが、学校教育でも使われている。公式サイトで紹介されているのは、神奈川県三浦市の県立平塚農業高校初音分校の事例であるから、これも公立学校である。
 胸の悪くなるような偽善に満ちた天声人語の文章を、般若心経の写経のように、ありがたがって書き写すとは、なんとグロテスクな、おぞましい光景であることか。教育勅語の暗唱・素読のほうが、はるかに健康的であるのは、言うまでもない。

 

 

 


2017年03月22日のつぶやき

01:17
小金井市議会選挙を応援 https://t.co/JLeQooiOJw #jugem_blog
01:01
卒業生送別会に行ったよ https://t.co/ai70TjFjeb #jugem_blog
00:27
上級救急救命士講習 https://t.co/QvDpGpo0QH #jugem_blog

小金井市議会選挙を応援

 小金井市議選が3月19日に告示、26日に投票。

弊会の推薦候補でもあるので当選を目指して応援する。

19日は長女が出向いて選挙カーの運転を担当してもらう。

20・21日は私が選挙事務所へ。

前回4年前はみんなの党公認だったので楽勝。

 

二期目の今回は無所属なのでどうなんでしょうか。

定数24人に対し34人が立候補。

https://seijiyama.jp/area/card/3624/38kObe/M?S=lcqdt0qjqe0k

都民ファーストの会なら小池旋風で乗り切れるか。

でも、油断はできませんね。

まあ、4年間の実績が如何に評価されるかが決め手でしょうね。

 小金井市と言えば、昨年は芸能活動している女子大生がファンの男にメッタ斬りにされて瀕死の重体に陥った事件で有名。

そして、東京西郊にある人口12万人の住宅街中心の普通の自治体。

小金井市東町3−20−2百瀬和浩.png

 

選挙カー.jpg選挙カー.jpg

 帰りがけ、東小金井駅前の中華料理屋・宝華で、今澤さんから宝華ソバ・チャーハンセットをご馳走して頂く。

今澤さんが「なんだラーメンに汁が入ってないじゃないか」って聞いていたが、これでよろしいそうです。

これが売り物の宝華ソバのようです。

地元では評判の良い店のようですね。

昔風の中華料理屋って感じで、私にとっても好みの店・メニューですね。

 


卒業生送別会に行ったよ

 平成29年3月19日(日曜日)

 大学の部活動における今年度の納会。

 昼から稽古があったので行きたかったが、時間がなく欠席。

16:30から大学近くの中華料理屋二階を借り切ってOB会の会議。

地下鉄代の節約で、巣鴨から二駅分を徒歩で20分。喉が渇いたの缶コーヒー買ったからチャラだ。

 如何にして会費の納入率を高めるか。未納者が多いため毎回この問題を討議している。

考えてもみれば卒業して何十年も経過しているのに、毎年毎年1万円の会費を納入する人っていうのは奇特な存在なのでしょうか。

これは現役学生の活動を支援するための資金であるから、何としても集めない訳にはいかない。

自分たちが現役の当時はOBから世話になった訳なんだから、卒業後はその恩を学生のに還してやらねば。

 その他、4月からの新入生勧誘をどうするか。学生の意見を聞いてOB会も協力。

 最近では個別勧誘が禁止され勧誘期間も制限させるなど規制が厳しい。

 昔ならガイダンス期間中にチョット話して部室に連れ込んで、入部届けに母印押さないと帰れないぞ、って脅して無理やり入部なんてあったけど、今そんなやったら確実に廃部になってしまう。

 

 その後、卒業生の送別会。今年の4年生は二人、一人は県警に就職。

相変わらず、警官志望の学生が後を絶たないのは困ったもんだ、、、、いや頼もしい限りだ。

機動隊か交番に勤務して唯ひたすら体力勝負で頑張れ。間違っても公安担当にはならないように。人間性を破壊されるからね。

武道をやろうと思って入部してみたら、初っ端から70歳の爺さんに説教されるとは誰も思わなかっただろう。

自分の祖父のような年代、親のような年代と酒飲むことになるとは。

まあ、これも人生経験だ。

卒業以来36年ぶりに初めて出席した人もいた訳だし、青春時代の貴重な4年間を費やした場所がこうして現存しているのは良い事でしょう。

が、一瞬でも気を抜けば部員が入らなくて部は消滅してしまう。

現に、都内の複数の大学では廃部となっている。

空手や合気道・少林寺拳法のような知名度もないので、部員の獲得は困難を極める。

 

三連休で立て込んでいることもあり、二次会はパスして帰宅

 

 

新入生の親御さんが息子・娘の大学名と部活名で検索すると此処に来てしまうらしい。

危ない所と判断して退部させられるケースがあるといけないのでヒ・ミ・ツにしておきます。

 


上級救急救命士講習

 平成29年3月18日(土曜日)

 朝9時から消防署で消防団の上級救急救命士の講習。3年に1回の更新があるのです。

心肺停止の人に対する救命活動など。

胸部圧迫の人工呼吸、マウスtoマウスの人工呼吸、AED(体外式除細動器)の使用法など。

やはり頻繁にやってないといざという時に役立たないだろう。

最後に筆記試験で70点以上が合格。

なのだが、試験前に答えを教えているのだから全員合格じゃ

 

 第三土曜日なので「社会の不条理を糾す会」の街宣の日。

なのだが仕事が立て込んでしまい、演説会へは参加できず。

1時から5時までやっているので、最後の方にチョット見学だけ。

終了後、いつものようにレストラン・スコールにて会議。

阿形会長のご好意で食事をご馳走になる。

私はガパオライス。

 共謀罪はテロ集団だけではない。我々、民族派団体にも網が掛けられることになるぞ。

 単に「左翼が反対しているんだから賛成しましょう」、なんて原発みたいなこと言っているノー天気保守は問題外。

 共謀罪で沖縄の左翼をやっつけてください、なんて言っているけど、気が付いた時には自分たちが的に掛けられているなんて笑い話じゃないよ。
 

 

 


2017年03月18日のつぶやき

20:44
RT @maki_blog: 東京都小金井市議選において3月19〜25日の選挙運動期間中、選挙カー(軽自動車)の運転を担当してくれるスタッフを募集しています。公選法に則った報酬を支給します。一日からでもかまいません。反皇室・反戦平和・護憲・韓国支持・中国大好き的な思想・嗜好をお…

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM