ホームレス生活からの脱出を支援

 今日で9月も終わりなんですね。

28年度も上半期が終了し、企業もまともならば中間決算の資料作成に忙しい時期です。

つい一ヶ月前までのうだるような猛暑が遠い過去のように思われる今日の陽気ですね。

 四季と言いますが、最近の日本では夏が終わると秋はほんの一時であっという間に寒い季節に突入していきます。

 

 ホームレスの皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。

 冷房もない炎天下で「熱い熱い、死にそうじゃぁ」、と喘ぐ必要もない気持ちの良いベストシーズンを現在は謳歌していることでしょう。

が、それもつかの間。あっという間に木枯らしや冷たい雨から身を守るべく屋根と壁のある空間を求めて街頭を彷徨う事になります。

 なんせ夏場は食欲もなく冷たい物ばかり飲んで胃袋を満たしていたので、皮下脂肪の蓄積がありません。

体力が衰えたところで10月に入ると急激な寒さ。

多くのホームレスが体調を崩し、11月の声を聞く前に命を落としていくのです。

 

 人間生きるためには衣・食・住と言いますが、衣と食はなんとかなります。

現代社会において最も切実な問題は住環境です。

 車上生活やネットカフェでは、ギリギリ生き延びることはできても人間としての「尊厳ある生活」の実感を得ることは不可能です。

布団の中で足を延ばして熟睡できる「住まい」を確保することが生活再建の第一歩となります。

 

厚生労働省無認可の生計調査会が運営する「生活再建救済機構」に入会すれば、安心して夜露を凌げる「住居」を確保しての生活再建が可能です。

やる気・元気・根気を以って新しい生活を打ち立てましょう。

*タバコ・大麻・覚醒剤常用者は入会できません。

 

政経調査会 まき やすとも

電話:090−3135−4069

電子郵便:makiyasutomo@daitoa.com

 

 

 


貧困からの脱出

生活支援 ホームレス生活からの脱却を

「生活困窮者」集まれ!

働く意思はあるけれど、
派遣切り・突然の雇用契約解除・病による就業困難に直面。
 または、身寄りもなく住居も失った高齢者。このままでは野垂れ死にするしかない。

 そんな弱者を救済するのは政経調査会です。
生活復興支援、就業支援、そして新たな人生のパートナーに巡り会うために♪
まず、相談してみましょう。

 広大な竹林に囲まれた東京郊外の一軒家でスローライフを
暖かな布団と食事で栄養を補給。人と人との心温まる触れあい。
まづは精神的な安らぎを得て、
ゆっくりとこれからの人生設計を共に考えましょう。

 貧困に立ち向かう「政経調査会」
makiyasutomo@daitoa.com
090−3135−4069

 

貧困も差別も専制も戦闘も殺戮もない
ここはこの世のパラダイス


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM