燃費で言えばハイブリッドでしょう、それもプリウス

特選中古車

 

トヨタ プリウス 5ドア Sツーリング セレクション 平成18年4月 ベージュ

NHW20 1500cc ハイブリッド

バックカメラ ナビ CD ETC 純正アルミホイール

走行距離71000km

車検:平成31年4月11日まで

350,000円

消費税・自動車税・名義変更等全てを含んだ金額(乗出し価格)です

下見・試乗を歓迎します。

ハイブリッドだから燃費は抜群です。長距離走行には経済的。

20系プリウスは旧モデル。平成16年から21年まで製造されていました。

 

大東亜物産株式会社 槇泰智

東京都中野区野方3−26−2

携帯電話:090−3135−4069

電子郵便:makiyasutomo@daitoa.com

東京都公安委員会指定古物商No.3388(平成5年10月認可)

 

フロントバンパー右角に傷

 

リアバンパー左角下部に傷

バックカメラで後方確認も楽々

 

 

リアシートの背もたれ〜リアトランクルームフロアに汚れあり

右リアドアに2本の線状傷がうっすらと。

補修作業等、別途給わります。


 

 

 


すぐにご乗車になれます、ニッサン・ティーダ車検:来年3月まで

ニッサン ティーダ 5ドア 5人乗り 15M 平成18年3月 ゴールド

C11 1500cc ナビ ETC 59000キロ

車検:平成31年3月27日まで

180,000円 税金・諸費用を含む総支払金額です

ティーダー

ちょっとした街中乗りは勿論、長距離・高速ドライブも快適です。

リアのトランクスペースも広々としています。

内装・外装共に綺麗な車です。走行距離は少ないです。

 

買ったその日からすぐにご乗車になれます。

全国へ陸送給わります

090−3135−4069 まき

daitoa@daitoa.com

中野区野方3−26−2


走行舛両ない車検付き「ニッサン・セレナ」8人の乗りです。

ニッサン セレナ20G 8人乗り オレンジ色 平成17年後期モデル

C25 2000ガソリン 65000km ナビ

左右オートスライドドア バックカメラ サイドカメラ

車検:平成30年11月10日まで

240,000円税金・諸費用等を含ん総支払額です。

購入したその日から即乗れます。

セレナ橙

セレナ橙

オレンジ色車体表面に若干の日焼け退色がありますが、内装・外装共に綺麗な車です。

車検更新時には法定費用のみ頂ければ、弊社で2年間継続車検手続きを無料で給わります。

セレナ橙

平成17年11月初登録。フルモデルチェンジした直後のセレナです

平成21年までは同じ型です。

試乗歓迎・問合せ歓迎

車を探している方をご紹ください。成約の際は手数料をお支払いします。

090−3135−4069 まき

daitoa@daitoa.com

古物商認可番号:3388 平成5年10月取得

 


軽自動車の購入希望者はいませんか

 1月12日(月)、前日に購入したダイハツ・ムーブの修理と清掃。

ファンベルトがキュルキュルと異音を発するのでダイハツの工場に持込んで修理してもらう。

何処で購入しようが自社ブランドの車に関しては親身になって対応しアドバイスをしてくれる。

何処かのメーカー系列のディーラーとはえらい違いだ。

自社ブランドに誇りがあれば、お客さんには徹底して快適に乗って欲しいと思うのは当然だろう。

 

 内装が汚れていたので自分でスチームクリーニングを掛けて洗剤で除去。結構、綺麗になったが薄汚れが残るのは仕方ないか。

フロアマットが欠品していたので、ネットで新品を注文。

後付だがナビはあるし、ETCも備わっている。走りは申し分ない。やはりダイハツ。軽自動車では高性能だ。

誰か購入てくれる人はいないですか。又は購入希望者をご紹介願います。

この収益金が国家革新運動の原動力となります。

 

ダイハツ ムーブ 5ドア 4人乗り 平成18年 黒色

L150S 660cc オートマティック 

エアコンが付いています。夏は冷たい風、冬には暖かい風が吹き付け快適です。

運転席と助手席の両方にエアバッグが装備されているので事故の際の衝撃を和らげてくれます。

パワーウィンドウが装備されているので、取っ手ハンドルをクルクル回転させなくてもスイッチ操作で窓ガラスの開閉が可能です。

走行距離9万9千400舛覆里如¬10万舛任后

車検は今年5月28日まで。

東京近辺での登録なら、それ以降も5万円で2年間の継続車検を請け負います

120,000円

一般ディーラーでは別途に請求されるであろう消費税・自動車税・リサイクル券・自賠責保険料・重量税と言った諸費用は既に上記料金に含まれています。

東京近辺であれば、名義変更(移転登録手続き)も無料で代行します。

全国どこでも配送します。

分割払いも相談に応じます。

購入したその日からすぐに乗れます。

下見・試乗を歓迎します。

右側面.jpg

コンパクトで機能性重視の外観

ダッシュパネル.jpg

後付でナビとレーダーセンサーが付いています。CDとMDは標準装備品です。

フロントシート.jpg

真ん中の肘掛けを上に上げた状態のフロントシートです

 

↓で更に詳しい画像をご覧になれます

http://rentacar.jugem.jp/?eid=13

 

私が経営する会社の本業は「中古自動車の輸出業」なのですが最近では案件が少なく、国内での販売・買い取りも行っています。

近年、若者の車離れも顕著で新車・中古車も売れないので、中古車を利用したレンタカー・リースを行っています。

12時間4000円からの格安レンタカーが売りです。また中期・長期のレンタル・リースを歓迎します。

事故による急な代車にも対応しています。

ご自分の車はあるけれど、仕事に使って汚れるのがイヤ。走行距離が伸びると売る時に値段が付かなくなるという方にもカーリースは最適ですね。

長期契約なら一ヶ月のリース料金は3万円から可能です。

車の事なら何でもご相談ください。親身になって対応いたします。

090−3135−4069 daitoa@daitoa.com  まきやすとも

〒65-0027東京都中野区野方3−26−2


日産の衰退には訳がある?

 最近、新車の完成前検査を無資格者にやらせていた事が明るみに出て問題となった日産自動車。
この数年でも業績が低迷している模様。
 30年近くに渡り自動車の売買を生業にしている立場故、日産自動車のみならず各メーカーの車を扱ったり社用車として利用している。
 メーカーの系列下にあるディーラーと言われる販売店を通じるなどして売買し、不調があればディーラーの工場に持ち込んで点検・修理をお願いする事もある。
 日産であれ何処のメーカーであれ自社が製造した車に関してはメカニック上の知識もあるし部品の供給も可能。
 持ち込まれる車は自社のディーラーで購入してもらった新車ばかりではない。
 街の中古車販売店を経由したりオークションで仕入れたり様々なルートを経て持ち込まれることになる。
 それでも自社メーカーで製造した車であるからディーラー工場では責任を持って気持ちよく点検に応じてくれるのが常である。
 私の会社の近所にも日産プリンス東京販売株式会社の中野営業所があるので、昔から何かあれば持ち込んでみてもらっている。
 近所にこういう工場を兼ね備えたディーラーがあるが故に、積極的にニッサン車を使用しているとういう側面もある。
 しかし、この日産プリンス東京販売の対応がここ数年、極端に硬直してしまっている。
 他の店舗ではそのようなことがないので中野店だけなのか、又は現在の店長の指導によるものなのか画一的で人間味がまるでない。
 最近購入したニッサン・セレナワゴンにおいて「ナビディスクが読み込みできません」と表示されるのと、リア・ブレーキでキーキー音がするので点検・修理をお願いした。
 後者においてはブレーキパッドの交換で2万円の請求、それは仕方ない。
 前者においてはナビ・ディスクを挿入する場所が違っていたのだ。で、ナビ・ディスクを正規の場所に挿入して問題なし。しかし、点検料として3000円が計上されている。
ブレーキパッド交換で2万円払っているんだから、そのついでに無料でできるだろう。
若いスタッフは「始めに点検料がかかると言いましたよね」
測定機などを使ったり分解しての点検ならいざしらず。ふざけているのか。
 仕事柄、他のメーカー系列のディーラーにもだす事はよくあるが、どこだって気持ちよく点検してくれるよ。
この前だってヴィッツのブレーキパッドが減っているようなので点検に出したら、工場に入れて持ち上げて全てのタイヤ廻りを点検して見積書を作ってくれた。
総額で5万円かかるので、「この古い車にこれだけ掛ける価値があるかな。買い替えた方がいいかな」、と逡巡。
「でも、ここまで点検してもらって何もやらないのも悪いしなぁ」、と言うと
スタッフは「いえ、やるかやらないかはお客さんの判断ですよ」、ということで料金は発生しない。
自社の車に責任とプライドを持っていればこれが当たり前なんですよ。
それは他のどのメーカー系列のディーラーだって同じですよ。
 因みにそのヴィッツは数年前にニッサンプリンス東京販売から購入した車ですよ。
 日産プリンス東京販売でも他の営業所に行けば無料で親切丁寧にみてくれるけどね、と言うと
「だったら他所に行けばいいでしょ」と平気でいう始末。
 今では日産プリンス東京販売からは一カ月に1台程度しか購入していないけど、昔の業販センターがあった頃には
「槇さん車入庫したよ」、と電話をもらえばすぐに行って毎月10〜20台、年間で100台くらいは日産プリンス東京販売から購入していたんですよ。
今だって社用車として使用している車のうち3台は日産プリンス東京販売から購入したもの。
 この野方近辺に住んでいるお客さんから中古車の購入を依頼されればオークション代行という形で、お客さんの希望の車種を選んで希望の価格内で落札していますよ。
「なにか故障や不具合があれば近くにあるディーラー系工場でみてくれますから」、と言っているけれど、これじゃぁ日産の車だけはお勧めできませんね。
 日産プリンス東京販売・中野店の見解は「お客さんの依頼で点検ばかりしていたんじゃ会社が潰れてしまいますよ」、との事。
結局、自社における目先の売上げを上げる事しか考えていないということ。
 オークションであれ独立系販売店であれ、日産ブランドの中古車がたくさん売れれば新車も売れるし、
気持ちよく点検・整備してくれると分かれば日産というブランド全体の価値があがる訳で、系列店の一つである、日産プリンス東京販売、そして中野店の評価もあがありスタッフの待遇に跳ね返ってくると考えないのだろうか。
 日産プリンス中野店であった不愉快なことを思い出してみた。今年だけでも他に最低で2回。
1、ニッサン・バネットバンのテールレンズが球切れでバルブ(電球)を買いに行った。
電球自体は200円程度、交換をスタッフに頼むと技術料として千円程度追加がかかる。
ドライバーでネジを二つ外してレンズ本体をパカッと取り出すだけなので店先で自分で交換。
雨がザーザー降っていたので、「チョット屋根の下にいれてください」とお願いしたら「ダメです」と言われ雨に濡れながら交換した。
2、日産プリンス東京販売から購入したニッサン・セレナだがルームランプが点灯しないので、他所で球を購入して取り付けたが点灯しない。
 スタッフに見てもらおうとしたら「私が触ったら技術料が発生しますよ」
「この車は日産プリンス東京販売から購入したんだよ」、と言い終える前に「関係ありません」とキッパリ。
二件とも「おい、こいつは喧嘩売ってんのかよ」、と思わせるような口ぶり。
日産プリンス東京販売の本社やメーカーである日産自動車はこういった現場の実情を知っているのだろうか。
愛用者の一人としては、地域の皆様に愛される日産自動車に再生されることを願ってやまない。
171208_123230.jpg

特選中古車

ダイハツ MAX L. 5ドア 4人乗り 平成15年 赤色

L950S 660cc オートマティック CD ナビ ETC

93000km 車検30年7月まで 

(ダイハツMAXは平成13〜17年に製造・発売されていたモデルです)

150,000円

170820_120556.jpg

 

スズキ アルト epo 5ドア 4人乗り 平成11年 灰色

HA12S 650cc オートマティック ナビ ETC 

52000km 車検:30年12月27日まで

90,000円

左斜め前.JPG

価格は消費税・自動車税・リサイクル券等の諸経費を全て含んでいます。所謂、乗り出し価格です。

下見・試乗できます。地方への陸送承ります。

弊社から購入頂いた中古車においては車検更新時、実費(法定費用)のみで2年間の継続車検を受けることができます。

お手持ちのお車の車検更新時にはご相談ください。法定費用と手数料1万円で継続検査を承ります。

 

その他、上質中古車数台あります。

自動車業者専用のオークション出品車両から選んで落札することも可能です。

乗らなくなったお車を高価で買い取りします。

 

大東亜物産株式会社 

携帯電話:090−3135−4069

模写伝送:03−5343−2551

有線電話:03−5343−2550

daitoa@daitoa.com

東京都中野区野方3−26−2

まき やすとも

東京都公安委員会古物商認可番号 3388(平成5年10月取得)


財政危機打開支援

 正業が停滞しているため財政危機に陥っています。

 このままでは国家革新運動が消滅しかねない状況です。

 中古車輸出・販売・リース・レンタルで生計を立てていますが、旨く収益があがっていきません。

 債務超過でローン返済滞納状況にあります。

在庫の中古車を格安にて販売しています。業者向けの卸値と変りません。

厳選された良質車が中心です。粗悪品ではありません。不具合・瑕疵があればきちんとお知らせしています。

車を必用としている方、ご相談ください。全国から海外まで配送しています。

購入したその瞬間から乗車できます。

車を探している方をご紹介ください。成約の際は謝礼金を差し上げています。

 

トヨタ ヴィッツ 5ドア 5人乗り ライトグリーンメタリック

SCP90 1300cc 走行距離:58000km

純正ナビ・TV・ETC

ワンオーナーカー。毎回、トヨタディーラーで車検整備。点検記録簿も揃っています。

外装仕上げ・内装スチームクリーニング済み

車検:平成30年2月まで(満了後に継続車検を受ける際は1万円でお請しています)

24万円(消費税・リサイクル券・自動車税・重量税・自賠責保険料など全ての諸経費を含んだ価格です)

左側面斜め.jpg

左斜後方.JPG

8運転席.JPG

詳しい画像は

下記の在庫紹介「4」に掲載されています。

http://rentacar.jugem.jp/?eid=13

その他、格安・良質車あります。

 

東京レンタカー  まき やすとも 090−3135−4069

中野区野方3−26−2  daitoa@daitoa.com

政経調査会

 

政教一致ならぬ政経一致というところでしょうか(苦笑


二年に一回の継続車検

 レンタカーとして貸し出している軽自動車・ホンダライフの車検ステッカーを見たら5月9日までとなっている。

「えっ」この連休を過ぎたらすぐに乗れなくなってしまう。「やばい」

 普通は2年ごとの車検と言えば何日も前からディーラー・整備工場に予約して、整備・見積・検査の期間は代車を出してもらったりするのでしょう。

 私の場合は自分で要点を点検して問題がなければ、パソコンを使い検査協会に当日の予約を入れる。

ヘッドライトの角度調節だけ業者に依頼して、検査協会に持ち込み、書類を書いてラインを通す。

 北朝鮮工作員が、日本に上陸して日本人を拉致するのは朝起きて便所でクソするのと同じくらい簡単だ、と言っていたそうだが、

まあ私にとってもそんな感じだろうか。

それでも自賠責保険料やなんかで34000円程の出費。

一回貸し出して4千円・5千円とチマチマ集めた金が一瞬にして消えていくのは虚しい。

今はこれを生業にしているのだから仕様がないが、もっと効率の良いことしなくては。

この車も売り物ですので購入したい人は問い合わせてください。たっぷり車検2年付きで15万円です。

左前方.jpg

法定費用と安価な手数料だけで継続車検、新規車検を請け負っています。

makiysutomo@daitoa.com まき


地方行脚

 4月20日(木曜日)7時に家を出て電車に乗る。高田馬場での乗り換えが素早くできるように一番後ろのドアから乗り込むがギュウギュウヅメ。周りではスマホを見ている人間が多い。目の前に持ってきて見る為に頭を後ろの反らしているので、こちらの顔に後頭部が当たるようで不快だ。

 メトロ東西線の千葉方面は空いている。西船橋で下車、京成西船までは狭い舗道を延々と歩いて移動に7分くらいかかる。

人がすれ違うには車道にはみ出さないと行き来ができない状況。

千葉県在住者が東京に向かう際、京成線からJRに乗り換えるには京成船橋からJRの船橋なら、さほど遠くはない。

 しかし、京成からメトロ東西線となると、この厄介な乗り換えを強いられる事となる。

京成西船で駅員に聞くと、これを改善する動きはないという。

 千葉県では森田健作が知事に再選されたそうであるが、一大プロジェクトとしてこの導線の改善を実施したらどうだろうか。

そうすれば京成線の奥地にも東京在勤者が多く移住してくるだろう。日本橋・大手町・九段・飯田橋あたりへの通勤もスムーズに行くはずだ。

 もっとも、メトロ東西線の終着駅を一つ延ばして船橋駅とすれば京成→メトロ乗り換えの困難に関しては解決できることになる。

京成西船からは成田多方面ではなく京成千葉線に乗車。

千葉から先は単線だというのは意外だった。途中で上り下りのすれ違い停車がある。

終点ちはら台のひとつ手前のおゆみので下車。

丘陵を切り開いて造成されたニュータウンと言うやつで、なんとも人工的に整った街並み。

人間の息遣いは感じられない。15分ほど歩いて目的地へ向かう。

 

4月21日(金曜日)朝6時前に家を出て電車に乗り高田馬場から山手線で日暮里へ。北千住へ行くための常磐線への乗り換えで10分程待つことになる。西日暮里で降りてメトロ千代田線で北千住に行けば本数もあり早いが、別途にメトロの料金がかかるのでJRを使わざるを得ない。

 東武伊勢崎線で南栗崎行の区間急行に乗車。最近では東武スカイツリー線と自称しているがバカじゃないの、と思うのは私だけか。

 南栗橋でまた30分近く待たされる。東武日光行行き急行に乗車。車窓の風景に見入っているとだんだん人家も無くモロに田舎、という情景が色濃くなるので浮き浮きする。途中に空き家となって朽ち果てた民家でも発見した際には何故か嬉しく気分が高揚してくる。

下今市で下車。ここでまた30分近く待たされて、鬼怒川方面の電車に乗車。乗ってみると目的地の大谷向は一駅でほんの数百メートルの距離。分かっていれば下今市駅から歩いて向かっていたのに。

大谷向駅から日光杉並木の旧国道を15分ほど歩く。会津西街道と言うのだろうか、並行してバイパスが通じているので車も殆ど走ってない。通行人とは全く行きかう事も無い。深山幽谷とまでは言えないが、自然に抱かれた山岳地帯に近い田舎の空気は東京と違いひんやりとしている。


ベンツS320,乗る人いませんか?左ハンドル

メルセデス ベンツ S320 平成14年4月 紺色

型式:GF−220065 3200cc 革シート 85000km

車検:平成29年7月10日まで

価格:120,000円

別途消費税8%、 リサイクル券20,320円、平成29年度の自動車税63,000円

504cmx185cmx144cm

右側面.png

 

正面.png

 

右後部.png

 

革シート.png

入庫済みです。現車確認できます。

問合せ先:大東亜物産(株)槇 090-3135-4069

daitoa@daitoa.com


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM