鏡五郎ベストセレクション2020

報告が遅くなりすみません。

4月8日キングレコードより「鏡五郎ベストセレクション2020」が発売されました。

昭和43年のデビュー以来歌手生活52年。

長き歌手生活の中で培ってきた集大成といえるアルバムには思い入れの深い26曲が収録されています。

その中の一曲が情感を込めて歌いあげた「戸田の渡し」です。

埼玉県戸田市在住の音楽家である今澤雅一氏が作詞作曲した曲です。

いまは戸田市歌謡連盟の会長を務めていますが、設立当初の「維新政党・新風」からは複数回参院選挙に立候補した熱血漢です。

地元戸田市から文化を発信し、現在の閉塞した状況を明るくするために奔走しておられます。

最新CD「男の風雪」のカップリング曲です。

https://youtu.be/T7gP0qM32Eg?list=PLQNWY86xaO_g_-TGKDlIEntLGEYnjk7sB

 

昨年は映画で取り上げられ若者の間でも一大ブームを引き起こした埼玉県。

その埼玉で荒川を挟み首都東京との境を接するのが戸田市です。

戸田市民が一丸となってご当地ソングとして応援しているのが「戸田の渡し」です。

皆様の応援を期待しています。

鏡五郎ベストセレクション.png

 


戸田市「ミュージックサンディー」盛況に開催

 令和元年11月17日、埼玉県は戸田市文化祭の一環で行われた「ミュージックサンディー」。

演歌の大御所である鏡五郎さんも新曲「戸田の渡し」など10曲を熱唱する中で盛況に開催されました。

他にも三木ゆかりさん(日本クラウン)、加宮ゆうきさん(クラウン徳間)、夏目有紀さん(クラウン徳間)と言ったプロ歌手がそれどれ持ち歌など数曲ずつを熱唱するなどして、会場を沸かせました。

戸田市歌謡連盟会員による発表会もあり庶民の娯楽として身近に存在する歌謡曲に生で触れることができました。

 

ユーチューブ動画:

https://www.youtube.com/watch?v=zU2pev2JzHI

「同期の桜」「暁に祈る」を熱唱

今澤雅一戸田市歌謡連盟会長(元海上自衛官)

 

https://www.youtube.com/watch?v=UFbzvtxyB4Q

「サラリーマン天国」

バックダンサーの振りが微妙にバラバラなのはご愛嬌で(笑

 

https://www.youtube.com/watch?v=r-OhzA_-9rg

最後には地元の50人からなる「オトなバンド戸田倶楽部」の壮大な演奏にあわせて鏡五郎さんが「清水の次郎長」を歌い上げてフィナーレとなりました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=kkp83CwhvlU

男の風雪」とのカップリング曲「戸田の渡し」

作詞/作曲は今澤雅一氏(戸田市歌謡連盟会長/戸田市銃剣道連盟会長/国士舘大学銃剣道部OB)

著作権の都合上、当日のステージ動画をご紹介できないことをご容赦願います。

戸田の渡し.png

オープニングで一曲歌ってから自己紹介

「私、鏡五郎は真っ直ぐ立って歌う事はしないんです」、ってヒョイと腰を屈めて

「かがみ ごろう」ですからって、受けたよ(爆笑


11月17日は鏡五郎さんが「戸田の渡し」を熱唱

いよいよ来週です。

埼玉県戸田市の「文化祭」は9月21日から12月1日まで開催されています。

その一部として開催されている「ミュージックサンデー」は11月17日(日曜日)11時会場・12時開会です。

IMG_20191109_222850_1.jpg

このミュージックサンデーを主管するのは戸田市歌謡連盟(今澤雅一会長)

会場は市役所に隣接する「戸田市文化会館」大ホールです。

当日は演歌界の大御所である鏡五郎さんが生出演。

11月6日に発売となったばかりのご当地ソング「戸田の渡し」を熱唱します。

「戸田の渡し」は戸田市在住の今澤雅一氏の作詞・作曲。江戸時代の蘭学者・高野長英逃亡の思いを偲んだ曲です。

 江戸と埼玉の境を流れる荒川を行き来する渡し舟にまつわる情景を謳いこんだ情緒溢れる歌詞と、心和ませる演歌調メロディーが郷愁を掻き立てます。

「男の風雪」のカップリング曲としてキングレコードから発売。

カラオケでも配信されているので戸田市を中心に埼玉県全域のカラオケスナック・カラオケボックスで歌われています。

 当日は鏡五郎さんがステージに登壇。過去に大ヒットした「おしどり人生」など10曲以上を熱唱してくれます。通常ですと7000円程度の入場料を頂くところ、今回は戸田市の為に無料でのコンサートとなります。戸田市民以外の方も入場無料です。

戸田市文化会館はJR埼京線「戸田」駅東口から徒歩7分。

http://www.todacity-culturehall.jp/map.htm

IMG_20191109_223119.jpg

 

IMG_20191109_222917.jpg


「戸田の渡し」歌:鏡五郎は11月6日発売

さあ、CD発売まで1ヶ月となりました。

戸田市歌謡連盟会長でもある今澤雅一氏の作詞・作曲による埼玉県のご当地ソング「戸田の渡し」がキングレコードより11月6日に発売されます。

今から予約を受け付けていますので是非ともお買い求めください。

https://kingeshop.jp/shop/g/gKICM-30948/

CDシングル1273円+消費税

 

歌うのは皆様お馴染み、演歌界の大御所「鏡五郎」さんです。

30年前に出した「おしどり人生」のヒットで広くその名を知られる事となったベテラン歌手です。

11月17日に開催されます「戸田市文化祭」への出演も決まっています。

会場は戸田市文化会館。入場無料です。

皆様のご購入とご来場をお待ち申し上げています。

ふるさと戸田市を、そして埼玉県を皆で盛り上げていきましょう。ミュージックサンデー.jpg

 


戸田ふるさと祭り

報告が遅れて申し訳ありません。

令和元年8月17(土曜日)・18日(日曜日)の二日間に渡り埼玉県は戸田市において

「第45回戸田ふるさと祭り」(大会会長菅原文仁市長)が開催され、会場となった戸田市文化会館と

隣接する市役所周辺は開催されたイベントや屋台に群がる大勢の人々により、賑わいを見せました。

 18日の戸田市文化会館ステージにおける各種イベントにおいては埼玉県銃剣道連盟戸田支部による銃剣道の演武と実践が行われ会場に詰め掛けた多くの観客の興味を惹きました。

 維新政党新風埼玉県本部の今澤雅一錬士六段(戸田支部長)が役員を務める埼玉県銃剣道連盟から森重四段と岡田三段が登壇し今澤支部長の解説に合わせ基本の型を披露するなどしました。

 幕末の槍術に起源を持つ銃剣道は昭和55年から国体競技に採用され、再来年度からは中学校における武道の選択科目にも採り入れられることが決定しています。

銃剣道を実践し段位を取得すれば国体に出場する道も開けます。呼びかけを行ったことで会場受付に置いたパンフレットは全て無くなり関心の高さが伝わりました。

 

 銃剣道演武の最中より会場には次々と観客が詰め掛け大ホールの席が満杯に近づいていきました。

直後に行われる山川豊オンステージを目当てに観客が集中したのかもしれませんが良い相乗効果です。戸田市歌謡連盟今澤雅一会長の尽力により登壇が実現した有名演歌歌手です。

函館本線・アメリカ橋などのヒット曲を中心にユーモア溢れるトークを交え1時間のステージに集まった観客は満足した様子でした。

 

 同じ戸田市文化会館では11月17日(日曜日)に戸田市文化祭の一環として「ミュージックサンデー」が開催されます。今澤雅一氏作詞・作曲の「戸田の渡し」が鏡五郎氏によって披露される予定です。

いま、世界中の注目を集める埼玉県におけるご当地ソングとして地元が一丸となって応援しています。

入場は無料ですので今から予定に入れておいて頂ければ幸甚です。

ミュージックサンデー.jpg


戸田市ミュージックサンデー

 報告記事のアップが遅くなってしまい申し訳ありません。

11月11日(日曜日)に埼玉県戸田市文化会館で戸田市歌謡連盟(今澤雅一会長)主催のミュージックサンデーが開催され約400人の人々が来場しました。

 冒頭ではこの春、43歳の若さで初当選を決めた菅原市長もマイクを握り熱唱し会場を盛り上げました。

 今年は世界的にも著名なヴァイオリン奏者である水野裕之氏が愛用の秘蔵ヴァイオリン持参で登壇し、懐かしの名曲を披露しました。

 この催しは毎年行われ戸田市教育委員会の後援ということもあり、今澤雅一氏がヴァイオリンの演奏に合わせて「同期の桜」「暁に祈る」を熱唱。

 歌謡連盟の長谷川初江さんが水野氏の演奏と共に情感を込めて「岸壁の母」を歌うと会場からはすすり泣く声が聞こえるほどでした。

 その後も、水野氏独奏で蘇州夜曲・南の花嫁・リンゴの歌・鐘の鳴る丘・港町十三番地と演奏を続けると会場からは惜しみない拍手が沸き立ちました。

 芸術の最高峰と称される東京芸術大学音楽科の潮流を受け継ぐ本格的指導の下で学んできた水野氏の演奏が聞けるとあって会場は興奮に包まれていました。

 会場にいる年配者においては幼少期にNHKテレビ「ヴァイオリンのおけいこ」にレギュラー出演していた当時の水野氏を知る人々も多数いて円熟したプロの演奏に聞き惚れていました。

 

 その後も歌謡連盟会員の発表会がり、後半ではあやのくるみさんなど三名のプロフェッショナルレコード歌手によるステージ等があり大いに盛り上がりました。

戸田市長.jpg

菅原文仁市長が生歌を披露

今澤と水野.jpg

勇ましく「同期の桜」を熱唱

IMG_20181111_122559.jpg

旭日旗をバックに名曲の数々を披露する水野裕之氏

今澤さん.jpg

「暁に祈る」は映画の題名で、その主題歌となった戦時歌謡だ

今澤雅一氏の十八番とも言える一曲

岸壁の母.jpg

あの感動のセリフ入りで「岸壁の母」を聞かされると目頭を押さえる人々も


ミュージックサンデー@戸田市は明日(11月11日)です

11月11日(日曜日)、埼玉県の戸田市文化会館大ホールにてミュージックサンデーが開催されます。

 四月の市長選挙において42歳の若さで当選した新市長もマイクを握って歌唱を披露することとなりました。どのような美声を披瀝するのか?行政手腕と歌唱力の相関関係などじっくりと検証するのも一考ですね。

 

 第1部では世界的に著名なバイオリン奏者・水野裕之氏の奏でる音色にあわせ作詞作曲家である今澤雅一氏が懐かしの戦時歌謡や昭和歌謡などを熱唱します。

曲目は「同期の桜」「暁に祈る」「蘇州夜曲」「南の花嫁」「リンゴの歌」「鐘のなる丘」「港町十三番地」などなど。もう、懐かしさの落涙歌謡がオンパレードです。

 

11月11日(日曜日)12時開演〜17時終演予定。入場無料(1210席の大ホールです)

会場の「戸田市文化会館」はJR埼京線「戸田駅」東口から徒歩7分

http://www.todacity-culturehall.jp/map.htm

JR埼京線で大宮方面行きに乗車してください。快速ですと戸田公園駅で各駅停車に乗り換えて一駅

新宿から24分、池袋から18分。

無料の大駐車場完備。都内から30分以内で来場できます

 

会場でお逢いしましょう

 


11月11日(日曜日)「ミュージックサンデー」でお逢いしましょう

 11月11日(日曜日)、今年も「戸田市文化祭」関連行事の一つとして「ミュージックサンデー」が開催されます。

 昨年までのコンクール形式を一変させて今年は、戸田市歌謡連盟による会員発表会の形式で会場の皆さんと共に楽しんでいただきます。

何と言ってもオープニングを飾るヴァイオリン演奏は圧巻。

世界的に著名なヴァイオリン奏者である水野裕之氏が戦時歌謡を交えた懐かしい昭和の歌を演奏いたします。主催者である今澤雅一氏による堂々とした歌唱と共に会場を盛り上げてくださいます。

 今澤雅一氏が作詞された「サラリーマン天国」も戸田市歌謡連盟創作作品曲として発表されます。

その他ゲストとして参加するあやのくるみさん、夏目有紀さん、中川美恵さんといったプロ歌手の方の歌唱を堪能できます。

 戸田市教育委員会が後援するイベントということもあり入場は無料です。

11月11日(日曜日)は友人・ご家族でミュージックサンデーにご来場ください。勿論、お一人での来場も歓迎です。

午前11時開場・12時開演。終演は午後5時を予定しています。

会場は戸田市文化会館大ホール

埼玉県戸田市上戸田4−8−1 電話:048-445-1311

http://www.todacity-culturehall.jp/map.htm

「戸田駅」東口から徒歩7分

戸田駅はJR埼京線各駅停車に乗車して新宿から24分、池袋から18分です。


戸田ふるさと祭り

レポートが遅くなり申し訳ありません。

8月18(土曜日)・19日(日曜日)、埼玉県戸田市のボートレース場駐車場にて「戸田ふるさと祭り」が開催されました。

今年で44回となります。

 会場では二日間に渡り歌謡ショーやダンス・演舞など様々なアトラクションが繰り広げられ、飲食の屋台も多数登場、入場無料と言うこともあり戸田市民のみならず日本全国から大勢の人が押し寄せ賑わっていました。

 18日は午後3時から「日本銃剣道連盟戸田支部」による演舞・実践が披露され、その勇ましい動きと気合に観客の驚嘆を集めていました。

 支部長の今澤雅一錬士六段は大病を患った直後であるにも拘わらず颯爽と登壇し、二名の錬士が繰り広げる試合形式の格闘に審判を演じていました。

 昨今はアマチュアスポーツの世界において不祥事が散見され世間を賑わせています。

レスリング・アメフト・ボクシング、そして数日前から日本剣道連盟で居合道の段位授与について裏金が動いていたと言う疑惑。皆さん誤解している方がいるといけませんがアチラは日本剣道連盟。

こちらは日本銃剣道連盟です。銃がつきます。我々は常に公明正大にやってます。やってみたいと言う人は実行委員会を通じ今澤支部長にご連絡願います、と会場の皆様にお伝えいたしました。

 

 戸田市では11月11日に戸田市文化会館で「歌謡大会」を開催いたします。

今年はアノ世界的に著名なバイオリン奏者である水野裕之氏が特別ゲストとして登場。

郷愁漂うバイオリオンの音色で軍歌や戦時歌謡曲の調べを奏でてくれることになっています。

ご来場をお待ちしています。

 


前澤友作と乙武洋匡に共通点を見た

 前澤友作氏という通販サイト大手の社長が若い女芸能人と熱愛を展開しているとのことで連日、民放テレビのワイドショウが話題に取り上げているが、私にとってはどうでもいい話。

 一部、文化人・知識人と称される人達も「どうでもいい」と言いながら総括的にこの話題に関して記述しているのを散見する。

 顔立ちえからすればとてもハンサムとは言いがたく、成人男性としてはかなりの低身長である。

女性にもてるであろう要素は少ないと思われるが、金だけはたんまりとある。

事業で成功し経営する会社の実績も悪くは無い。

豪邸を建設しプライベートジェット機を所有し、その派手な生活ぶりをメディアを通じて世間にアピールしているが、その目的は「女」という事であろうか。

 今回の25歳女性の以前にも美貌で売る11歳年下の芸能人女性と交際し、それを積極的にアピールしていたと言うか、少なくとも隠す事はしなかった。

 

 つまり「私はこんなに若く綺麗な女性にもてるんです」、とアピールしたくて仕方が無い。

容姿・身長と言うハンディがあっても負けていません、とある種の虚勢を張る必要性を感じているのではないか。

 

 そうすると数年前に既婚者でありながら複数の女性との関係が明るみに出てマスメディアから姿を消した五体不満足の乙武洋匡氏を思い出す。

生まれながらに四伎裂断という絶望的なハンディを負いながらもそれを一つの個性に置き換えて爽やかさを全面にして「五体不満足」を著しベストセラーとなった。

当時から女好きは公言しており複数のガールフレンドがいることを悪びれる風でもなく語り積極的にマスメディアディに登場していた。

 

 しかし、当時の世間は乙武氏を叩く事はしなかった。障害者が健常者以上に頑張る姿のほうが視聴率・部数にとっては有益であったからだろう。

 屈託ない笑顔とそこから滲み出る爽やかさをメディアがアピールしてくれた。そして著書の印税数億円が転がりこんできた。それもこのハンディある故である。

 

 乙武氏ほどのハンディーを持つ訳ではないが前澤氏においても財力があれば女は自由にできる、といった思いが芽生えてきたのであろう。

 相手の25歳も芸能人としてセクシーさを売りにして露出している。男性視聴者の性的好奇心を煽るのも仕事のひとつ。

それを知っていながら「こいつは俺の女」感をSNSで拡散するというのは尋常ではないだろう。

自らの力ではどうしようもないコンプレックスを凌駕するための手段なのか。

 

前澤・乙武両者は偶然にも今42歳。

分別ある大人の行動が期待される年齢と立場にあるはずだ。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM