安倍首相、辞めてから靖国神社参拝では

令和2年9月19日、第三土曜日恒例となっている「社会の不条理を糺す会」が主催するの新宿駅西口の街頭演説会に参加する。

 

我々は8月14日と15日に靖国神社参道にて安倍首相の靖国神社参拝を要請する署名活動を実施しました。

本日この場にいる皆様も含め多くの署名を頂きましたので、近々に内閣府を通じて安倍首相に提出するつもりでいました。

ところが8月17日に安倍首相が慶応大学病院にて健康診断を受けたとの報道。

マスコミは健康不安説を流し、安倍首相は「今後も続投する為に健康診断を受けた。これからも頑張る」と、健康不安説を一蹴した。

結果的にこの発言は全くの嘘・出鱈目であり、国民をだましていた事になる。

8月24日に再度通院し検査。

この時点でマスコミや政界では安倍首相辞任との憶測が先行しだした。

 

私自身、弊会の活動成果を優先する自己中心的思考にたてば、今ここで辞められては安倍首相宛ての署名簿が行き場を失う。

辞める前に届けなければ恰好がつかなくなるという事情が発生する。

内閣府に電話を入れ今日か明日にでも持っていくから準備してくれと、要請するが先方にも事情がある訳で次週に回されてしまいます。

 

結局は9月2日に予約の上で内閣府を訪問。担当官を前に要請文を朗読し署名簿を手渡すし、趣旨説明を行う。

これは単なるセレモニーではない。猛暑の中で足を止めて署名簿にペンを走らせてくれた多くの人々の思いが集約されている。

必ず安倍首相に手渡すように要請した。

 

結局、首相を退任する9月16日までに靖国神社へ参拝することはなかったのだが、本日9月19日になって靖国神社を参拝したという事です。

参拝しないよりはした方が良かった、との見方をする人もいるでしょうが、退任するのを待って参拝したというのでは

「首相在任中には参拝してはいけませんよ」、という一つのパターンを作って見せたことになる。

安倍政権の政策を踏襲するという菅義偉首相においては靖国神社参拝は絶対にあり得ないという確証を示したことになる。

 

因みに安倍首相が辞任するという憶測が流れてから弊会が内閣府を訪問する9月2日までの間に最も危惧したのは、

最期だから誰に何と言われても構わないとの思いで、安倍首相が靖国神社へ参拝してしまう事。

勿論、参拝してもらわねばならないのだが、今ここで参拝を実行してしまうと集まった署名簿の行き場が何処へも無くなってしまう、

という私の脳内に巣食う軽薄なご都合主義が頭をもたげてきてしまうことになるからだ。

 

結果としては、「ああ、槇さん達がこれだけ強く要望するのだから参拝しなくちゃなぁ」との思いで退任から三日後に参拝に漕ぎつけたということになのだろうか。

 


靖国神社参拝を要請する署名簿を提出

 8月17日安倍首相慶応大学病院で健康診断。

8月24日に同病院で二回目の健康診断。

この段階で「安倍首相退陣?」との憶測が流れだしたので焦った。

 8月14日・15日に靖国神社社頭で「安倍晋三首相に靖国神社参拝を要請する」署名活動を展開したからだ。

 もう少したくさん集めてからと思っていたが、退陣されてしまったのでは要請する相手がいなくなってしまう。また、退陣の決意を固めてすっきりしたと参拝してしまったのでは嬉しい反面で署名簿が宙に浮いてしまいかねない。

 すぐにも内閣府を通じ安倍首相に届けようとおもったが、24日の週は都合がつかないというので翌週である9月2日(水曜日)午後3時に首相官邸の向かいにある内閣府へ出向く。

内閣府大臣官房総務課の壇原均調査役が対応してくれた。

 

 要請文を読み上げ皆様から頂いた署名簿を手渡した。

酷暑の中、地方からも大勢の方が靖国神社へ参拝に訪れ、その中で足を止めて炎天下の中でペンを走らせてくれた。心ある人々の汗が染みついた署名簿なのである。

 

【FC2動画】 靖国神社参拝を要請する署名簿を内閣府へ提出

https://video.fc2.com/content/20200903B6BaTkrY

https://video.fc2.com/content/202009036DXd6mvR

IMG_1510.JPG

 

IMG_1511.JPG

 


8月15日、靖国神社周辺

815日、終戦の日の靖国神社。

本来なら心静かに拝殿に向かい深々と頭を垂れてひたすらに英霊の御霊に感謝の誠を捧げたい。

しかし現実には終日お祭り騒ぎのような喧騒に囲まれている。

弊会も傍からみればそんな喧騒を掻き立てる団体の一つと見れれているかもしれない。

しかし、自分なりに最低限の不文律を敷いて、心静かに拝殿へ向かう人々の邪魔にならないように配慮しているつもり。

例え小型と言えども拡声器の使用は控え、肉声で穏やかに署名活動への協力を呼び掛ける程度にしている。

しかし、周囲で活動する人々には通用しない。

「他より大きい声を上げれば勝ち」的なムードの中で音量合戦となっている。

 

 それも大鳥居に向かう田安門交差点横断歩道手前までは仕方ないだろう。しかし数年前から特定の集団が大鳥居下歩道橋前に陣取って大型拡声器で一日中延々とがなり立てているが、これは如何なものか。

終戦の日だと言うのに勇ましくも紺色の特攻服様の出達で参拝者に向かい大音量で咆哮。

内容には関心がないが目と鼻の先なので嫌でも耳に入ってくる。

靖国神社の名前をかたってシャツを売って金儲けをしている奴がいます。絶対に買わないでください。インチキモンのシャツに金を払うくらいならその分、靖国神社の賽銭箱に入れてください」

正確ではないがそのようなことを繰り返し繰り返し繰り返し延々と叫び続けている。

 自ら名乗っている訳ではないので、何処の誰なのだか不明であるが、コレを訴えたいが為に

一年間我慢し続けて815日を迎えていたのかと思うと滑稽さを通り越して哀れにさえ思えてくる。

 まともに政治活動を実践するものであれば活動家としての最低限の矜持というのもあろうが、

全くかけ離れた次元に位置している手合いをまともに相手にすることもなかろう。

 彼らが何を言おうが大勢の参拝者が我々の署名と頒布活動に協力している現実をみれば嘲笑の対象にすらならない。

 シャツを売って金儲け等の罵詈雑言が終わると、別の人間が「靖国神社清掃奉仕」について宣伝する。まともに演説をできる弁士がいない故に早朝から場所だけ占有した上で、他団体の人間に場所とマイクを貸しているのだろうか。

 

 我々が広報宣伝活動を行っている趣旨は前日のエントリーで説明した通り。

文句があるなら抗議文なり勧告文を持って直接言いに来ればよい。

どの程度の日本語の文章を書くのか見てみたいものだ。

ついでに「シャツを売って金儲け」との指摘が全くの見当違いであることも見せてあげようか。

在野であれ政治活動・社会運動を実践するのであれば多少の知性と教養が必要となる。

無いならないなりに素養を身に着ける努力が求められる。

世俗の垢に塗れてはいけないが、ある程度現実社会に生きる人々との融合も求められる。

そういったバランス感覚を保って初めて社会から認知される存在になるものと確信している。


8月15日の靖国神社周辺

8月15日、終戦の日。

弊会では毎年、靖国神社社頭または参道にて広報宣伝活動を実施しているが、この日は多くの団体が同様に繰り出してお祭り状態となってしまっている。

弊会では安倍首相に靖国神社参拝を要請する署名活動を展開し、同時にその横では靖国シャツの頒布活動も行っている。

終戦の日は鎮魂の日でもあり、心静かに靖国神社に眠る英霊に感謝の誠を捧げたい人々が集うという前提において拡声器の使用は控えている。

肉声のみで参道を上っていく人々に対し「署名活動にご協力願います」とだけ呼びかけている。

この日靖国神社に参拝に訪れる人々の大半は、どちらかと言えば愛国的または保守的な思想を持つ人が多いだろうから、そういう人を対象にして広報宣伝を行おうと言う団体も多い。

靖国神社・英霊に関係なく歴史教科書採択や憲法改正、台湾独立、反中共など訴えるなど内容は諸々。

今年は新型コロナウィルスの影響か参加は少なかったが、昨年は幸福の科学や顕彰会、エホバの証人など我々の理念や国家感からはかけ離れた団体も多数いた。

 

毎年、参道で弊会の向かい側にテーブルを並べているのは歴史教科書関係の団体。

教科書を積み上げて小型拡声器を使用し代わる代わるにメンバーが購入を呼び掛ける。

「歴史教科書を販売しています」「ぜひこの機会に購入してください」「あと、残り一冊です。これが売れれば我々はこの暑さから解放されて帰ることができます」

こうなると、もう完全に商売になってくる。そして完売すると店じまいをして撤収する。

「ここは路上ですから物販は禁止されていますよ」「あそこまであからさまに『販売しています」と宣伝し、誰かが110番通報して警官が駆け付ければ販売行為はできなくなるんですよ」、という事を一昨年前だったかやんわりと話したことがある。その場では理解してくれた様子だったが、結局はダメだったみたいだ。

 知性と教養があったとしても社会運動を実践する上での社会性・応用力はまた次元が異なることとなる。

 

 弊会が頒布する靖国シャツは弊会が推奨する運動、つまりは首相の靖国神社参拝を要請する署名活動に賛同した人が協賛金を下さることに対しお渡ししている。

https://video.fc2.com/content/20200815etq6QQKU

(靖国シャツ頒布活動の趣旨に関しては上記『FC2動画』で5分38秒から説明しています)

 

 商売による物販ではないから「ありがとうございます」ではなく「一緒に頑張りましょう」と言って靖国シャツを手渡している訳です。

 署名活動への呼びかけは行っても、靖国シャツに関しては一切言及していません。横断幕の下に並べてあるだけで、これを見た人・事前に知っている人だけが

協力してくれる訳です。

 ただ、この場においては募金も含めて現金のやりとりがあるのは事実。邪な意図をもって販売している等の因縁を付けられる危険性も無い訳ではないから慎重に事を運んでいるのです。

我々は国家改革を訴えている訳ですから、安倍政権・自民公明党政権に代わる政権の樹立を目指す。明らかに反体制の側に位置しているという自覚がある。

そうなると国家権力の側や我々に反対する勢力は無数にいる訳で、活動を展開することは日々が戦いとなる。気を抜く訳にはいかないのです。

所謂保守運動を行う人々においてはそういった緊張感はないからこそ堂々と路上販売という違法行為を喧伝できるのでありましょうか。

 

 我々は他団体が何を訴えようが特に関心はない。自分の運動・指針に自信があるから他団体の行動に惑わされることはない。

 保守系の市民運動においてはチョットした運動論や方針の違いが顕著になる事で相手の人格までをも罵倒し空中分解していく。

過去にもそういう場面を間近で幾つもみてきた。

立場も異なる訳だから目の前で教科書を販売しようが気にはならない。

 しかし、路上販売の違法性を指摘する人がいて制服警官が駆け付ければ彼らの物販行為は中止させられるだろうが、弊会の活動に対しても火の粉が降り掛かる危険性はある。

自転車で駆け付ける地域課の警官なんていいうのは思想的な事は何も分からないから我々の頒布活動へも不当なる規制が及ぶ可能性はある。

 

 よく似た図式が所謂ヘイトスピーチだろう。

ネット系市民団体、所謂ネットウヨクが反韓国のデモ行進を展開する際に「韓国人を殺せ」「ゴキブリ朝鮮人」などと連呼したことで、所謂ヘイトスピーチ規制法が成立した。

前述の「韓国人を殺せ」や「韓国人を日本から叩き出せ」が規制対象となるのは構わないが、従来より我々が行ってきた南朝鮮による反日キャンペーンに対抗する運動までもが

不当な規制の枠に掛かったのでは敵わない。

我々が訴える「不逞朝鮮人を竹島から叩き出せ」は、我国領土を不法占拠している犯罪者に対する退去要請であるから何ら問題ないはずあるが、見識を持たぬ烏合の衆からみれば同一視される可能性もある。

 

 基本的に他人がやる事には関与するものではないのだが、それを逆手にとって我々への攻撃材料とすることはあり得るのだから大人の態度で静観するのも好し悪しであろうか。

水野裕之先生.JPG

愛国行進曲」「太平洋行進曲」等の戦時歌謡を演奏し靖国神社参拝者へ

感銘を与える世界的に著名なバイオリン奏者である水野裕之先生

 

 


八月十五日、靖国神社【FC2動画】

 令和2年8月15日、75回目の終戦の日。

今年も早朝より靖国神社の社頭において広報宣伝活動を展開する。

昨日に引き続き安倍首相の靖国神社参拝を要望する署名活動を行う。

事前にこのブログを通じて告知しておいたところ、大阪・百人の会が会員向けメーリングリストに転載してくださいました。

早朝8時を過ぎた頃から携帯電話が鳴り「いま、九段下駅に着いたがどこにいるのか?」、と見知らぬ方から問合せがありました。

 活動の趣旨を説明して署名活動への呼びかけやチラシの配布をお手伝い頂き、多大なる成果を得ることができました。

 今般、集まった署名を後日内閣府へ提出し安倍首相に対し「これだけの多くの国民が要望している」、と言った事実を突きつけてあげましょう。

フェイスシールド.png

 8月15日は鎮魂の日。心静かに拝殿に向かい手を合わせたい人もいるでしょう。

拡声器の使用は控えています。あくまでも肉声で「署名活動にご協力願います」と参道へ向かう人々に呼び掛けています。

 

 毎年、終戦の日には多くの人々が参拝に訪れます。多くの人は特定の団体に所属する訳でもなく一年に一度だけ一人で訪れる人もいます。

 名前は知らない人でも、ふらっと立ち寄って挨拶して二言三言の言葉を交わすことで、この日に靖国神社参拝を果たしと充足感を味わう人もいることでしょう。

 あの日にアソコにいけば靖国シャツの人がいる、程度の認識で参道の坂を上って来る人もいる訳でしょう。

 もしも、私が来年になってこの場に立たなくなったらどうだろうか。

 大多数の人にとってはどうでもよい存在ではあるけれど、一部の人にとっては「あれ?今年はいないなぁ」くらいは思われるのだろうか。

 

 今年はコロナウィルスの影響でしょうか、毎年、見る顔でも見ない人もいました、どうしたのかと心配になります。

 また、逆に数年ぶり・中には20年ぶりの再会で声をかけてくださる方もいます。

 今年は皆さん、マスクを着用していることでお声掛けを頂いても何方か理解するまでに時間を要する場合もあります。ご容赦願います。

 朝7時から丸々12時間、結構な長丁場です。短時間でも入れ替わりで多くの人々が協力してくださいました。

 多くの方から冷たい清涼飲料水等を差し入れて頂きました。わざわざ、ペットボトルごとカチカチに凍らせてお持ち頂くなどのご配慮も頂きました。

 中には「これ飲んでください」と20本以上のペットボトルが入った袋を持ち込んでくれる人もいました。

 こんな微力な運動でも期待してくれる人がいる。支援してくれる人がいる。

歳だししんどいから来年はもう、、、なんて言えないよなぁ

署名.png

撮影中も署名協力者が途絶えません。 

 

FC2動画:「令和二年八月十五日の靖国神社」

https://video.fc2.com/content/20200815etq6QQKU

 

靖国シャツ2.png

靖国シャツの頒布活動も行っています。これを着用し背中に描かれた靖国神社の意義を多くの衆人にアピールしてください。

靖国シャツ.png

呼びかけは「署名活動への協力」のみ。

靖国シャツに関しては一切言及していません。

並べているだけですが、何故か存在を知っていて頒布協力してくれる人が相当数いるんです。

 

 


天皇陛下のご親拝を実現するためには

天皇陛下の靖国神社ご親拝を実現するための環境を整えましょう。

まずは総理大臣が靖国神社を公式参拝し英霊に対し感謝の誠を捧げるべきであります。

自民党/安倍政権は南朝鮮・支那・米国による不当な内政干渉に惑わされてはいけません

 

8月14日と15日、安倍首相に対し靖国神社参拝を要請する署名活動を実施します

 第二次安倍内閣発足から約一年を経過した平成25年12月26日に靖国神社を参拝して以来、

安倍首相による靖国神社参拝は実施されていません。

 安倍首相はアメリカ・オバマ政権から「失望した」との辛辣なる批判を受けました。

 支那・朝鮮あたりからの非難は取るに足らないとしても同盟国であると思っていたアメリカからの批判に意気消沈したのではないでしょうか。

 4年前にトランプ氏が大統領選で当選を決めて安倍首相はいち早く渡米し、信頼関係の構築に努めました。

これは偏に靖国神社への参拝に理解を示して欲しいとの要望が込められていたものと理解していました。

あれから4年。首相として9年間の経験を踏まえた安倍政権の集大成として誰をも怖れることなく靖国神社を公式参拝してください。

それこそが天皇陛下が靖国神社をご親拝になられるための最大の環境整備となるのです。

 

令和2年8月14日(金曜日)午前10時〜午後5時

令和2年8月15日(土曜日)午前7時〜午後5時

場所:靖国神社第一鳥居の下。田安門信号付近の一般舗道部分

責任者:政経調査会 槇 090−3135−4069

 

署名活動へのご協力をお願いします。集めた署名は内閣府へ提出し安倍首相の元へ届けられます。

署名集めにご協力をお願いします。酷暑の炎天下が予想されますが、短時間でも構いませんので

呼びかけ、誘導にご協力をお願いします。政経調査会の緑色幟旗が目印です。

当日は靖国シャツの頒布活動も実施しています。

20190811_1686952.jpg

20200813_134838.jpg


祖父の勲章を靖国神社へ奉納

令和2年2月11日。沖縄戦で戦死した祖父・青柳時香陸軍少将(陸士29期)の我々孫世代が靖国神社参集殿で待ち合わせ。

祖父の勲章を靖国神社に奉納し昇殿参拝を行う。

祖父には4人の子供。私の母を長姉に女三人とその下に長男。

存命なのはワシントン在住の三女である88歳の叔母のみ。

長男には娘一人で嫁に行っているが子供はいない。

青柳家には跡取りがいないので祖父の生存中または戦後になって授与された13の勲章を受け継ぐ者がいなくなる。

よって靖国神社に奉納することとなった。

一番格上は勲三等旭日中授章で平成の御世に入ってから受勲されたもの。

存命中のものでは満州事変記念や満州国独立記念など世間で言うところのお宝に値しそうなものが多数。

我家からは私と妻の名代で長女が参加。

叔母からは必ず甥・姪の全員がそろって奉納に臨んで欲しいとの強い要望がありこの日の集合となった。

一旦奉納してしまうと取り戻すことはできなくなるので1月には鑑賞会を実施して手に取りじっくりと鑑賞し感触を手に焼き付けておいた。

事前に申し込めば年に数回は遊就館で展示してもらうことは可能とのこと。

紀元節の靖国神社であったが普段と変わらず閑散としていた。

一同、ホテルグランドパレスのビュッフェで会食をして解散。

IMG_20200119_112026.jpgIMG_20200119_112626.jpg

IMG_20200119_111624.jpgIMG_20200119_111908.jpg

 


10月13日の靖国神社清掃奉仕活動は中止です

本日、三澤浩一様より頂いたメールを下記の如く公表致します。

 

10月13日の清掃奉仕は中止いたします。

 靖国神社秋季例大祭を間近に控えた日曜日、10月13日の午前10時より、靖国会による境内清掃奉仕を予定していました。

 しかし、台風19号が土曜日から日曜日にかけて関東を直撃する…という予報が出ています。

 大型で猛烈な台風だとのことで、大きな被害が危惧され、気象庁が強い危機感を示しています。

 日曜日の朝には雨が上がると予報されていますが、停電をはじめ鉄道の運休や道路の寸断などの恐れもあります。

 ですから、今回は残念ですが清掃奉仕を中止することといたしました。

 ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

 皆さまのご安全ご無事をお祈りいたしております。

 くれぐれもご用心ください。

 


靖国神社清掃奉仕

以下は三澤浩一様から送信頂いたメールを一部抜粋したものです。  

槇泰智 090-3135-4069

 

天皇陛下 靖国神社御親拝祈願

 

皇紀2679年 令和元年

靖国神社秋季例大祭

 靖国会昇殿参拝

 【日時】 10月18日(金)13時

 【受付および参集の場所】 同日12時30分より靖国神社参集殿にて

 【奉賛金】お一人さま1000円目安

 

【境内清掃奉仕】

 10月13日(日)午前10時に外苑警備派出所に集合して実施いたします

 【連絡】 靖国神社外苑有料駐車場をご利用の方は駐車券を忘れずにお持ちください

 


カルト教団による靖国神社周辺侵略が進行

8月13・14.15日の三日間、靖国神社社頭をお借りして広報宣伝活動を実施いたしました。

「天皇陛下のご親拝を実現するために、まずは安倍首相が公式参拝せよ」、という主旨の署名活動とチラシの配布を実施し多くの皆様のご協力を頂きました。署名簿は取りまとめ後日、内閣府へ提出致します。

また、同時に靖国シャツの頒布を実施。

靖国神社の国家護持を願うメッセージがプリントされたシャツをより多くの人々に着用して頂きたい。

この靖国シャツを着用し街中を歩き多くの人々の眼に晒すことは街宣活動やデモ行進と同等の効果を発揮します。

3500円の賛助金をくださった方に手渡ししています。

この靖国シャツを着用することで我々には同志的な結束が産まれます。

頒布活動に協力くださった方がよく我々に「頑張ってください」とお声掛けくださいます。

そんな時我々は「いえ、一緒に頑張るんですよ。明日の日本を切り開くため共に頑張りましょう」、と返しています。

 

 ある青年は「毎年8月15日に此処に来れば槇さんに会えるから」、と言って靖国神社参拝に来られます。ありがたい事です。二言三言葉を交わすだけですがこの日に訪れた意義があるそうです。

皆さんそれぞれの思いを抱いて靖国神社を参拝に訪れるようです。

 8月15日は慰霊の日でありますので、弊会では拡声器は使わず一切の呼びかけもしないで無言で

協力してくださる人が来るのを待つだけです。

 できるならば鎮魂の日には静寂の中で心静かに手を合わせる環境が望ましいのですが現実にはそうもいかないようです。

 

 どこかの団体が大型ハンドマイクで演説を行っている事に端を発したのでしょうか、田安門信号付近から九段下駅入口周辺では拡声器を用いた音量合戦の様相を呈しています。

とにかく周囲よりも大きな音を出せば勝ち、という状況です。

靖国神社とは無関係のテーマで呼びかけ・訴えを行う団体も多数あります。

台湾独立や拉致被害者救出・憲法改正・東トルキスタンくらいは理解できますが法輪構から先、顕正会や幸福の科学になるともうカオス状態。

特に幸福の科学学生部においては舗道部分が自分たち専用の決起集会・専用演説会場になったつもりで

大型拡声器を置いて弁士を代えながら延々と同じ内容の演説を繰り返す。

「こんにちは」「こんにちは」と仲間内でご挨拶の絶叫連呼、まさにカルト教団そのものでしょう。

周囲を観察してみると幸福の科学においては我々のいる田安門信号前をメインにして下の九段下駅前と坂上の大村益次郎銅像前駐車場入口付近と、計三ヶ所で同様の集会を開催しているではないですか。

他の団体と同等程度に慎ましくやっている分には良いのですが、ここまであからさまに拡張してくると黙視している訳にもいかないでしょう。

じわじわと覇権を拡大して参道周辺を幸福の科学で占有してしまおうという邪な意図が垣間見えてきます。

口先で護国の英霊に感謝、など保守層に受けの良いフレーズを連呼しているだけに悪質ですな。

20190815_152720.jpg

若者ばかりで月刊誌「リバティー」を無料配布している。

20190815_152752.jpg

同じ舗道上で対面にいるわ我々の方向に拡声器を向ける配慮のなさ。

 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM