共謀罪の対象になるのは誰か

平成29年5月22日(土曜日)

午後から定例となった新宿での「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会に参加。

真夏を思わせるような暑さの中で、多くの弁士がマイクを持って道行く人に訴えかけた。

最近は弁士の人数も多くなり、4時までと言う時間内では収まりきらなくなり、小生が最後にマイクを握った時にはすでに4時半を過ぎており、5時に終了した。

 

今回は共謀罪について訴えた。

小生の主旨は以下の通り、

 

 5月19日、衆院法務委員会で共謀罪が成立した。

犯罪に着手しなくても計画した段階で処罰の対象となる。

対象は暴力団や詐欺集団などに限定される。一般人には適用されないというが、一般人との線引きは何処にあるのか。

 労働組合や市民団体、学生グループには適用しないと政府見解であるが、一度有罪判決を受けるような事件を起こせば

適用団体に変わることもある。

 昨晩も国会前で左翼系と思われる集団がラップの乗りで「反対」を連呼していたが、それはいずれ自分たちも取り締まりの対象になると危惧するからであろう。

 所謂、保守・ネットウヨクは共謀罪賛成のようだ。沖縄で米軍基地建設反対で妨害する左翼を取り締まってくれる有り難い法律だと思っているが、取り締まられるのは自分たちだ。

既に国家権力やマスメディア・有識者など多くの国民からは邪悪なる反社会的勢力と見做されている現状が理解できていない。

 

 テロ等の凶悪事件を事前に取り締まるという趣旨であれば、右翼陣営に対する取締りが厳しくなっていくことが予想されるが、

我々の陣営からは「共謀罪反対」を訴える声があまり聞こえてこない。

 左翼・市民グループとは異なり、既に共謀罪適用の対象となり得る犯罪者集団と既に同一視されている事を自覚しているので、今更騒いでも現状は変わらないということで、危機感がないからだろうか。

 

 我々が置かれた状況と言うのは非常に過酷である。日々の政治活動があらゆる面で国家権力による抑圧・威迫に晒されギリギリのところで行われている。

 路上に置かれた石ころを一つを右から左に動かしただけでも、検挙・身柄拘束と紙一重の状況にある。

正当な言論活動・抗議行動においてさえも、脅迫だのストーカー行為などと難癖を付けられることは日常茶飯事。

 日々の行動監視が行われている

 

 中核派や革労協等の極左においては更に過酷。運転免許証の記載と現住所が違っていれば公正証書原本不実記載(刑法157条)で逮捕となる。

 暴力団と規定付けられた反社会的勢力に至っては、偽名でホテルに宿泊すれば旅館業法違反で逮捕。

「私は暴力団員です」、と告げないでゴルフ場でプレーをすればゴルフプレーと言う利益を不当に行使したとして詐欺罪で逮捕。

 

 こういった人々は既に「一般人」ではないと自覚しているので今更騒ぐことはない。

共謀罪は「暴力団対策法」(1992年)「改正暴力団対策法」(2012年)「暴力団排除条例」(2009〜2011年)という一連の流れの中で継続して施行されている。

 現体制が主導する世の中の流れに対し異質なものを排除することで世の中が浄化できると考えている。

生い立ちや境遇によってはいくら努力しても、定められた世の中の流れに乗ることができない者も存在する。

そのような人間にサラリーマンやれ、と言ってもできるものではない。

 

 右翼の場合は共謀しなくても一人一殺でやるから関係がないか。

二階俊博をやると言っただけで共謀罪が適用されるのか。

飢えた北朝鮮の国民を救済する為に金正恩殺害計画を練れば共謀罪になるか。

それで共謀罪なら、どうぞ適用してもらおうか。

終了後に一同記念撮影。

スコールに移り会議&食事会。

長谷川さんから演説の中身について提言。不条理に会の主旨とあまりにかけ離れたものがあったりして困惑する。

小生も感じていたことであり、はっきりさせておいた方がよいだろう。

 


社会の不条理を糾す会で街宣&忘年会

12月19日(土曜日)、不条理を糾す会の定例街宣活動に参加。
新宿駅東口のアルタ前に停めた街宣車の上から一般大衆に向けて時局問題等をテーマに訴えを行う。
街宣車の上は風も強くスピーカーから発せられる音量も飛ばされがちであるが、8人程の弁士がマイクを握りしめ
力強く道行く人々に訴えた。
終了後、近隣のレストランにて忘年会。二部屋ぶち抜きでテーブルを配置したが一杯になる程の大勢の参加者で盛況な宴となる。
此処はただの飲み喰いの場ではなく、右翼民族派としての運動の指針などが話し合われた。
三澤浩一氏からは日弁連発行の「被疑者ノート」が配られ逮捕に対する備え、任意同行を求められた時の対処などの指針が示された。
私の方からは移民問題についての私見を述べさせて頂き、移民にとどまらず、難民・労働者、観光客も含めた来日外国人に対する日本側の対応、現在はびこる違法民泊についても語らせてもらった。
これについて「外国人労働者がいるから弁当が500円で食べられる。800円になっても良いという覚悟があるのか」、との意見もあげられた。
500円どころか今は200円の弁当すらある時代。正規雇用の下で国民が500万の年収を得ていれば800円の弁当でも構わない。むしろ、その方が経済は効率よく循環することになるのではないか。
長谷川光良氏からはもっと女性の参加者がほしい。
この怖い顔ばかりでは一般の人は寄り付かない、との指摘もなされた。(ごもっともです)
  ↓
http://tadasukai.com/


東京における不条理の会は毎月第三土曜日の開催だが、毎回建設的な意見が出され集約されつつある。
経験を積んだ右翼民族派の重鎮、または活動家による団体の枠を越えた横断的な集まりであり、政治の流れに変革をもたらすだけの原動力になっていってほしい。

右翼系政治団体なのか。保守系市民団体なのか?

 
「渋谷デモ行進」勧進橋児童公園奪還一周年記念

デイリーモーション
http://www.dailymotion.com/playlist/x1h7vx_koudoudouga_2010-12-04-yyyy-yyyy
ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12953431
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12953408


渋谷1

渋谷2

ニット帽のオジサンは渋谷署の古参の警備らしい。
トロイ風貌に似合わず相当な切れ者との噂だ。
渋谷3

 12月4日に渋谷で行われた、「勧進橋児童公園奪還一周年」デモ行進。
丸井の前を通過中にデモ隊に乱入してきた崔檀悦(チェ・ダンヤル)27歳は暴行の現行犯で渋谷警察署に逮捕されたが、12月6日午後処分保留で釈放された。
 検察に身柄送致されたが、検事が拘留請求を出さなかったという事のようだ。
 
 崔がデモ隊に突入してきたのは、「黒い彗星」の横断幕を広げて差別反対をアピールするのが狙いだったのだろうか。
 これを近くにいた主催者が阻止したので、揉みあった拍子に相手を投げ飛ばしたということなのか。
 最初から暴行を振るう目的での乱入とは認められなかったことで、軽微な暴行として取り扱われたということだろうか。
 以上は、私の憶測です。
 
 投げ飛ばされた市民団体の主催者としては、頚椎と手首を捻挫しており、暴行を越えた傷害罪の適用もありうる訳であるから
刑事告訴することは当然と言えば当然である。
 
 ただ、政治団体を自称する私が当事者であったならば、警察に訴えることはしなかったであろう。
 それは市民団体と政治団体の違いとでも言うのだろうか。
 以前、公安三課の木下警部補は主権回復を目指す会(主権会)の幹部(当時)に対し、「槇は右翼活動家なんだから市民団体の主権会は一緒に活動してはダメだよ。主権会までが同じヤカラと見られてしまうんだよ」、と親身になって(?)アドバイスをしてくれたそうだ。
 しかし、この見方は運動体の分類カテゴリーにおいて間違えている。
大別するのであれば、
☆「右翼系の政治団体」
☆「保守系の市民団体」 という事になる。
 
そうすると、
右翼系  Vs 保守系
政治団体 Vs 市民団体 である。
 
だから、「右翼」と「市民団体」では比較する並列対象とはなっていない。
「槇は右翼系だから保守系と一緒はダメだよ」
「政治団体だから市民団体と一緒はダメだよ」、というのであれば紛いなりにも筋は通っているだろう。
 
 これは別に、どちらが上とか下とか、善悪を記す指標ではない。
ただ単に運動体の指針が違うと言うことである。
 これを理解できない人々が、「槇は俺達の運動をバカにしている」とか、影でコソコソと悪態をつく事になる。
 暴漢を告訴するかどうかも含めて、市民活動団体が自分達の目線で熟慮して活動することは認めているし、敬意を払っているつもりである。
ただ、「私ならこう考える」「私はそういう行動はとらないよ」、というだけであり、「その考えは違うぞ」とか「それをやるな」とは言わないのである。
 そうした冷静な立場で相手を認める、尊敬するからこそ、仲たがいもしないし長期間に渡り、交誼を持つことができる。
 
 右翼系政治団体だから刑事告訴しないだろう、とうい理由は以下の通り。

1、
政治闘争を行っているのであるから、敵対する勢力が攻撃してく  るのは当然。
  「朝鮮学校を叩き出せ」、と主張しているのであるから、奴らは当然「叩き出される」のを阻止するだろう。
   場合によってはコチラが叩き出されるリスクを負う事になる。
  ある程度の物理的妨害に対しては覚悟を決めて自衛する。
2、
在野における政治闘争において警察権力を介在させることは避けるべきである。
  右であれ左であれ、現体制を打ち倒すために闘っている。
  今回の件では、被害者側が被害届を出してもいないうちに、警察が一方的に乱入者を逮捕した。
  こう簡単に警察が逮捕を実行できるのであれば、その刃は圧倒的にコチラ側に向けられる確立が高くなる。
3、
乱入者は一人であり、圧倒的に多数を占めるデモ隊参加者によって取り囲まれた。
  その結果、私が身柄を確保しようとした際には既に頭部・顔面から出血していた。
  逮捕された、崔としても自らを正当化するためには、「私がやられた。被害者だ」と主張する可能性がある。
バランスをとる立場から、コチラ側にも逮捕者がでる危険性が伴う。
 
 そして、私の場合は「武人」の端くれである。阻止しに行って投げられたとしても、警察に被害届けを出す訳にはいかないだろう。
自分が弱かったからやられた、と言うことになる。鍛えてない自分が悪い。
以上は被害者でもない私だから勝手に言える事ですが。

楯の会事件で人質になった益田兼利東部方面総監は、「武人としての辱めを受けた」といって、事件後に自衛隊を退官している。
 私は鈴木邦男の門下生である。野村秋介はその兄貴分にあたる。よって野村秋介の薫陶を受ける機会も持ちながら活動家の道を歩んできた。
 その野村秋介が生前、スペインを旅して闘牛を観戦した。
闘牛士は荒れ狂う牛との死闘を制して、満場の観客からの熱い拍手を受けて華々しく退場していった。
 しかし、野村秋介は後に残された血に染まった牛に惜しみない拍手を送ったのだよ。
この心情を理解できるかどうか、右翼と保守の違いかな。

「右翼とは理論じゃない。心情の問題だ」(三島由紀夫)
 
 因みに警察はデモ隊を護ってはくれません。
彼らはデモ行進をスムーズに進行させるための交通規制をしてくれているだけです。
 「乱入者が暴行を振るったのは警備の不手際だ」、という事にはなりません。
 暴漢に襲われる危険があるなら、交通規制とは別に身辺警護の申請をしなければならないでしょう。
 「デモ行進中に暴漢が出て、身体に危害を加えられる恐れがあります」、と。
 そうすると、「そんな危険なデモならやめなさい。許可できませんよ」、となるでしょう。
 
 

「カンパの私的流用」、そんなに悪いのか

 
10月1日に

「資金の不正な流用は一切ありません」

と、題したエントリーを上げました。
 
 ここで私は、弊会及び槇泰智にカンパして頂いた現金はすべて、口座に入れて厳正に管理しています。
一銭も私的な流用はありません、事を明記致しました。
まあ後から読み返すと、まるで自らが聖人君主であるように潔癖さをアピールする狙いであるかの如き、
記述であったように思えてしまい、反省しています。
 
 政界においても「政治と金」の問題は常々論じられることであります。
我々の活動は、眼に見える生産性や利益を生み出すものではないので、自らの財産を投じるとか
他人から頂く浄財をもって、経費を賄わなければなりません。
 そうした中で、支持者の方から頂いたお金がどの様に使われているのか、気になる人には気になるのでしょう。
もっとも、一般的傾向としてはカンパを寄せてくださったご本人はあまりその点を気にしないようなのですが、
活動に対し批判的な人が、気になって、と言うか揚げ足取り目的で追求してくるみたいです。
勿論、それは一銭のカンパもしない人達です。
 
10月1日のエントリーの中で、私は渋谷駅前街宣の終了後、1,000円のおカンパを頂き、
それを後日、弊会の口座に入金した事実を書きました。
 しかし、遣い方としては、それが正解だったんでしょうか。
カンパしてくださった方の「思い」に適った遣い方だったのか、と考えれば適切ではなかったと言えるかもしれませんね。
大きな声を張り上げて演説をしていた私の姿を見て、「疲れたでしょう。何か飲んで喉を潤してくださいね」
と言った率直な労いを込めて、お財布から1,000円札を取り出してくれたのではないでしょうか。
それならば、素直にジュースでも買ってきて参加した皆と一緒にその場で旨そうに、
ゴクゴクトと喉を鳴らして飲むべきだったでしょう。
カンパしてくれた人は、そういった光景を目の当たりにすることの方を望んでいたのではないでしょうか。
 
 話は変わりますが、大学の部活で試合の後に、OBの先輩が1万円をだして数人の部員に渡したのです。
「これで皆で飯でも喰って帰れ」、と。当時は金に不自由していたOBの先輩ですが、なけなしの金を渡したそうです。
後日、知るところによると学生達は数人で分けて現金で持ち帰ったとの事で、OBの先輩は激怒すると共に落胆したそうです。
少ない部員の中で試合はボロ負けしたが、一緒に飯でも喰いながら反省も兼ねて語り合って欲しい、との思いを込めて
1万円を渡したのですが、そういった「思い」が学生には通じなかったのでしょう。
 
 私が1,000円を口座に入金したというのは上記の話と共通していますね。
別に明朗会計であることは、さして重要ではないでしょう。
カンパをしてくださった人の意向に沿う遣い方がベストではないでしょうか。
カンパして頂いたのが1,000円であったならジュースでありましょうが、1万円であればビールにもなりましょう。
久しぶりに駆けつけてくれた方が「食事でもしてください」と、封筒を渡してくださることもあります。
街宣の後に皆で居酒屋に入ったとして、「学生は半額でいいよ。頂いたカンパで払っておくから」、と言ったところで
なんで後ろめたいことがあるでしょうか。
 私の現在のようなやり方を全面的に否定する訳ではありませんが、まさに「水清ければ魚住まず」、という事にもなるでしょう。
 
 コメント欄において他人が頂いたカンパの遣い方について匿名で批判・非難を繰り返している人々がいるようです。
そういった人々は、我々のような在野における政治活動において、カンパをしたことも、されたことも経験がない人達でしょう。
色々と経験を積むことで分かることもあるのです。

  活動の維持・発展の為の資金協力をお願い致します。
  使用目的をご指示頂いても構いません。

銀行口座:
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店 0119426
口座名義 : 政経調査会

郵便振替口座:
00180−9−119426
口座名義: 政経調査会

槇 泰智 090−3135−4069

資金の不正な流用は一切ありません

 
 主権回復を目指す会に対し、カンパした金が不正に使われているとの、指摘が当ブログのコメント欄に書き込まれています。
正直に言って迷惑である。そのような疑惑があるのであれば、主権会、西村氏に直接問い合わせればよいことではないか。
「〇月〇日に私がカンパした〇〇円はどの様に使われましたか?」と、聞けば済む事ではないか。
基本的に名前を名乗らない匿名のカキコミは言論活動ではないので、真摯にとりあう必要はないと考えている。
しかし、ここでは政治団体または市民団体の資金ということに関連して、エントリーをしておこう。
 
 私に対しても「何故追求しないのか?」と、トンチンカンなカキコミをしている輩だいる。
「高倉良生のガソリン代不正請求を追及したのに、なぜ主権会を追求しないのか」と、いうものだ。
勘違いしてもらっては困る。私は高倉良生の不正請求を「追及」したのではない。
その事実を有権者に「広報」したに過ぎないのだ。
都選管において公表されている「明確なる事実」を広報したのだ。
 
 翻って、主権会の不正流用?とは何なのか。
いつ、誰が、いくら、カンパした金を西村氏が不正に流用した、居酒屋で飲食した、女とラブホに入った、と言うのか。
最初から誹謗中傷を前提とした、根拠の無い流言飛語だったのではないのか。
 当然、私には主権会の資金の流れについては興味もないが、分かるはずもない。
 そこで不正流用の疑いがあるのならば、事実なのか否かを検証して、糺すべきは糺す必用があろう。
また、カンパした人が、「これは事務所の家賃に充ててください」「街宣時の横断幕に使って」「弁護士費用に」など、
使用目的を限定していたなら、それに従うべきだろう。
しかし、一般にカンパをくださる方は使用目的を細かく限定しない場合がほとんどだ。
 
 私に対してカンパしてくださる方においても「生活も大変でしょうから、家計にでも何にでも使ってください」、
と言って現金の入った封筒を手渡してくださる方もいる。
 「この国を何とかしなければならない」「子々孫々に輝ける未来を残さなければ」との思いで私心を捨てて
 活動する者に対し、私財を提供してくださる方には、そういったある意味で大雑把な方が多く見られる。
また、中には「これは対創価学会の裁判に使って」と、自らの思いを込めてカンパくださる方もいる。
 
 兎に角、ここのコメント欄に書かれていることは主に主権会のこと。
動画配信で資金の不正流用を指摘した細川・紫藤両氏から資料でももらって、具体的事実をあげ直接西村氏に聞いてみたら如何であろうか。
 
 因みに皆様が資金援助を下さっている政経調査会は平成11年に都選管に対し、「その他の政治団体」として届出を行っています。
そして、同時に政治家個人の「資金管理団体」としての指定を受けています。
よって、資金の収支は都選管に届け出る仕組みになっています。
 
銀行口座:
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店 0119426
口座名義 : 政経調査会

郵便振替口座:
00180−9−119426
口座名義: 政経調査会
 
に振り込まれた資金ははっきりしています。
 また、それ以外に手渡しで受け取った分も金額の大小に拘らず、そのまま上記の口座に入金しています。
9月18日に渋谷街宣の終わった際に、個人でカンパを下さった方がお二人いらっしゃいました。
男性・女性それぞれの方が、千円を手渡ししてくださいました。
「頑張ってください」と激励を頂きました。勿論、使用目的については言及なさいませんでした。
もしかしたら「コーヒーかジュースでも飲んでください」、という思いであったかもしれません。
私は後日郵便局に行って口座に入金しています。
窓口においては面倒くさいかもしれませんが、入金票を2枚書いてそれぞれに入金しています。
 
 支出としては、対創価学会裁判の弁護士費用に使っています。
それと私が逮捕された際の、刑事事件担当弁護士への報酬です。
そのほかには昨年8月に発行した「政教分離を考える会」の宅配用新聞の団体分担金です。
こういった大口の支払にのみ使用させて頂いています。
私的流用は一切ありません。
出納帳と口座残高を見ていただければ寸分の狂いもない事はお分かりいただけるはずです。
私の所へ来て頂ければお見せします。貴方から頂いたカンパが適正に処理されている事を証明できます。
勿論、カンパくださった第三者の方の氏名等は伏せますが。
 
 つまり、日々消費する政治活動の経費はすべて私のポケットマネーで賄っています。
 将来的に資金面で余裕ができれば、2週間に一回必要となる街宣を行うための「道路使用許可証」の申請料くらいは
上記口座から頂いてもいいかな、と思っています。
 
疑問点があれば直接、ご指摘ください。

今後共、よろしくご支援の程お願い申し上げます。

                                     まき やすとも 
                                    090−3135−4069
                                    makiyasutomo@daitoa.com

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM