こいつも処刑者リストに追加しておこう

 8月26日、少し金が入ったので滞っていた固定資産税を払おうと、中野都税事務所を訪れる。
手持ち現金の22,400円を差し出して、残りは毎月1万円ずつ支払う、と以前の約束を確認。
が、出てきて対応する荒川治というのが最悪な人間だ。
荒川 「1万円ではだめだ」
私  「それ以上できるだけ多く払うが、具体的には言えない。できたら持ってくる」
荒川 「では土地建物の差し押さえを実行する」
私  「いつ、差し押さえを行うのか」
荒川 「来週に実行する」
 たかだか18万円たらずの滞納に対し、来週にも差し押さえを実行するという。
こうやって自ら現金を持って、支払いに来ている納税者に対する措置だろうか。
確かに、法律上では滞納者に対して差し押さえることはできる。
しかし、その運用においてはどうなのか。
私のような18万円程度の納税者で毎月1万円しか、支払わない納税者に対しては
全国一律に全てで、差し押さえを実行しているなら仕方ないが、そうではなかろう。
私に対してのみ、または荒川治が担当する案件のみであれば法の下の平等に反する。
 荒川治においては差し押さえ実行件数を稼ぐことで自己に対する評価が高まると認識しているのだろうか。
公僕として納税者の立場に立つならば、1万円では困るので〇〇円を払ってほしい、といったオファーがあってしかるべき。
 私の声が大きいとかイチャモンじみた事を抜かして、警察を呼ぶとかほざきだした。普通に会話をしている。叫んだり怒鳴ったりはしていない。
録音用にICレコーダーを置いてパーテーションで仕切られたブースで話をするが、
「あなたが敵対的な行動をとった」、とか納税とは無関係なことを言いだす。
「ならば、こうやって22,400円を持って支払に来ている人間に対し、『来週に差し押さえを実行する』、と言うのは敵対的なのか、それとも友好的なのか。どっちですか」、と質問。
「ここで議論するつもりはない」
「議論ではない、貴方が私に対し『敵対的だ』という文言を使いだしたから私の方から質問をしているだけだ。さあ、答えてくれ」
 私の態度が敵対的なので警察を呼ぶには充分だ、と。
「私が如何なる脅迫的・暴力的な文言を使ったというのか。具体的に示してくれ、火をつけるとか殺すとか言いましたか」
「いや、それはない。態度が暴力的だ」
「態度のことを言うなら録音しただけでは証拠が残らない。後になってから殴ったの蹴ったのと言いがかりをつけられたのではかなわない。動画撮影してくれ」
「それはできない。録音で充分だ」
荒川治都税事務所.jpg
この荒川治っていうのは腐れ公務員の典型だな。
都税事務所の組織としても、差し押さえを行うなら書類を提出して所長の決済が必要になるはずだ。
統括官とかいうことらしいが、力を持たない納税者の前では自分が独裁者になった気分になるのだろう。
新政権樹立の際にはこいつも処刑者リストに追加しておこう。
処刑:法の裁きを以ってに刑に処する事。内容は罰金刑から死刑まで幅広い

現金を支給すれば済むことでしょう

軽減税率なんていうのは選挙対策において弱者救済を標榜する公明党が言い出したことで、
金玉握られている自民党がこれに追随するかたちで、進めてきたもの。
その結果、来年4月の消費税10%への増税を前にして混乱が生じているものです。

食品は8%に据え置き。しかしアルコール飲料と外食は対象外、などとややこしいことを言い出したので定義が曖昧な部分が浮き彫りとなってきた。
ファストフード店ではトレーに乗せてもらえば店内飲食として10%、袋に入れれば8%と訳の分からない線引きを
するのもだから、店内で食べるにも袋にいれてもらい、ゴミが増えることになる。

この軽減税率なるものは、全く低所得者救済のためになっていない。
 我が家のような貧困家庭が100gで100円の豚肉を1kgグラム購入すれば、1,000円にかかる消費税が10%なら100円のところ、食品は8%に抑えられているので80円となり20円の減税を受けた事になる。

一方で100gで1000円の、高級松阪牛を1kg購入した富裕層は10,000円にかかる消費税が10%なら1,000円のところ、食品8%により800円で済む。
結果として200円の減税を受けた事になる訳で、貧困層の20円に比べ10倍の減税を受けた事となる。

大間のマグロの大トロであったり、キャビアやフォアグラ・トリュフといった高級食材を消費すればするほど、富裕層は軽減税率の恩恵を受けることになる。
なんら、貧困家庭・低所得者の救済になっていないのである。

 低所得者家庭が年間に消費することになるであろう食品購入にかかる消費増税2%分に相当する一人当たり4000円を、現金支給すれば、すんなりと収まることは自明の理。
我が家であれば4000円X5人家族で年間2万円を受け取って、その都度富裕層と同じく10%を支払う。
その中で安価な食材をチョイスすればよいことだ。
こんな簡単なことが理解できないと言うか、理解しようとしない日本の国会議員というのは、やはりバカの集まりでありましょう。

160217_115834.jpg
因みに私が購入しているのは168円/100gだが、賞味期限当日につき、84円/100gと半額になった豚ロースです。
一応、国産です。
 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM