「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会

 10月は群青忌と重なったために1週ずらして第二土曜に開催したが、11月は通常通りの第三土曜である11月17日に開催された「社会の不条理を糾す会」の東京街頭演説会。

 お昼から夕方まで新宿駅西口にて日頃各団体・個人で社会運動を実践する人々が集まって超党派で世の中の不条理を糾す内容で演説を行いう。

 小生としては毎回、仕事を片付け一段落させてからの参加となり、早い時間から準備に取り組んでいる人々には申し訳ない限り。

 数人が交代でマイクを持つ中で最後に演説をさせていただいた。

 北方領土返還交渉に言及。二島返還はあり得ない売国的提案である。

歯舞群島・色丹島の面積は四島全体5000平方キロの7%に過ぎない、と地図を示して説明する。

交渉ごとであるから仮にロシアが二島で如何と言ってきたならば、日本側から言及すればよい。

あくまでも原則は四島一括返還。

数年前にプーチン大統領が提案した「引き分け」とは面積による二分割案。

歯舞・色丹島・国後島に加え最も大きい択捉島の21%を足して半分となる。

 

もう一点、外国人労働者の受入問題。

 従来は外国人に滞在に好意的であり外国人差別反対を訴えているのが所謂リベラルと称される左翼陣営の立憲民主党など。それが自民党・財界が主導する受入に反対というか政府の拙速さを牽制している。もっとも彼らは日本人労働者の権利を守れ、雇用確保・賃金補償という労組重視の立場から言及している。

我々右翼民族派は外国人犯罪などの治安面から従来より慎重さを求めている。

そうなると真ん中に自民党をおいて右と左から法案の通過に意義を唱えている捻じれ状況にある。

 

 日暮れも早くなってきたので4時半に終了。

スコールにて恒例の反省会・食事会に参加して7時前には解散。

来月は12月15日。終了後に忘年会


「社会の不条理を糾す会」街頭演説会

毎月第三土曜日に行われている「社会の不条理を糾す会」の東京での街頭演説会。

今年10月20日は野村秋介先生追悼25周年の群青忌と重なるため、変則的に第二土曜日となる

10月13日にいつも通りの新宿駅西口で実施された。

昼過ぎから始まり夕方5時まで数人の弁士が交代でマイクを持ち社会情勢など現行の社会に蔓延する不条理を糾すべく不特定多数の人々に訴えている。

 20181013232222.JPG

 我々は世の中の不平不満を並べたてて溜飲を下げたり、ストレスの発散のためにこのような公共の場をお借りして大きな声を上げているわけではない。

 不条理に満ちたこの社会を改革するという明確なる目的を持って活動している。

その目的に向かっては言論と行動に対する責任を負うことが求められている。

自らの素性を明らかにすることも含め「覚悟」を以って在野において責任ある活動を実践しています。当日は外国人労働者問題などについて話をさせてもらった。

 

 前日である12日の朝刊をみると政府は来年4月から新たな外国人労働者受け入れ制度を実施するという。

 「1号」と言う建設・農業等を含むの一般労働者と「2号」と言う熟練した技能労働者に分けるという事で骨子はすでに固まっているが、1号2号の具体的基準や線引きは明確となっていない。

 このような重要法案が国民も知らない議論も無いままに半年後には実施されると言う。

こんな恐ろしい事はない。

 2号なら家族の同伴も可能で長期滞在・永住も可能であると言う。

 30〜40歳代の働き盛りの労働者に加え70〜80歳代になるであろうその父母も帯同してくることが予想される。日本において社会保険料も掛けていなかった老人を国民の税金で介護することになる。生産性を上げ利益を享受する雇い入れ企業の背景で、一般国民には莫大な負担がのしかかることになる。

そして、労働者本人も30〜40年が経過すれば介護を必要とする立場になる。

労働者として来日したのだから役に立たなくなったら母国にお帰りくださいと、言えるのか。

そのときにはこの法案を成立させた当時の安倍晋三氏は日本の総理大臣ではない。

この亡国的法改定の責任を誰がとると言うのか。

20181013232110.JPG

 

DSC_0026.JPG20181013232245.JPG

社会の不条理を糾す会のホームページはこちらです↓

               http://tadasukai.com/

 


「社会の不条理を糾す会」街頭演説会

6月16日午後、第三土曜日恒例となっている「社会の不条理を糾す会」街頭演説会に参加する。

新宿駅西口小田急デパートまえにて12時から5時まで開催。

20分ほどマイクを握り、米朝首脳会談の総括、そして6月9日新幹線車内における殺人事件について話をする。

止めに入った男性は小田原駅で緊急停車し景観が入ってくるまでの間、誰からも止められることなく斬り付けられ続けた。現代社会においては誰も関わりになることを避けることが美徳とされている。

これは見方を変えて実行者(殺人者)の立場で考えるならば、衆人環視のなかでも誰にも邪魔されずに凶行を完遂できることが立証されたといえる。

凶行予定者にとってこの事件は良い実証事件となってしまった。後に続く、がいないことを願う。

犯人は日ごろから自殺したいと言っていたという。

そういう人間に自殺を思いとどまらせることで道連れ死の犠牲者がでてしまう。

死にたいなら自己完結してもらうべき。

政府推奨か黙認で確実に自己完結できる「場」を設けるべきである。

活火山の火口に桟橋を渡して、飛び降りれば確実に終焉迎えて遺体の処理もしてくれる。

 

 弁士も多くなったので一人の時間は20分か30分が限度。

最前列で熱心に聴いてくれる中年のご婦人からは「えっ、もう終わりなの。もっと聞きたい」と言って頂いた。うれしい限り。

 しかし、街頭での演説なんていうのは「もう少し聞きたい」と思われるうちに終わらせるくらいがちょうど良い。「おまえ、もうやめろ」なんて思われてまでやる必要もないだろう。

人生の終焉と同じだ。

 私なんかは東京に住んで自前の宣伝カーを持っているので、いつでも好きなだけ街宣でもなんでもできるが、地方から来た人や宣伝カーを持たない人も大勢いる訳で、そういう人々に対してこそ広く発言の場が開かれるべきであろう。

 

不条理の会の街宣では終了後に場所を移して会議を行い、反省点や今後の指針を話し合う。

そして、食事を取る。だがアルコールは一切なし。

土曜夕方の新宿歌舞伎町にあって、ここまで自制できる集まりはなかなかないでよ。

 

「社会の不条理を糾す会」のホームページはこちらです↓

               http://tadasukai.com/

 

 

 


中野駅前街宣【動画あり】

支援者の方からの中野駅前での街頭演説の機会が少ない、とのご指摘を受けていました。

6月には中の区長選挙も控えている土地柄ですので、日本年金機構を騙してデータ入力業務を受注した池袋のSAY企画に対する

糾弾行動の一環として、4月18日(水曜日)に周知街宣を実行しました。

 

ユーチューブ動画:売国企業SAY企画の詐欺受注を許さない

https://www.youtube.com/watch?v=nXxNhxgJ5CA&feature=youtu.be

 

 国会では森友学園・加計学園に続きイラク日報問題で安倍政権の足元が揺らいでいます。

野党は安倍政権をぶち倒す為の材料としてこれらの問題を追求し、

所謂保守陣営は安倍政権を擁護する目的でこれらの問題を不問にしようと躍起になっています。

しかし、物事の本質は何処にあるのか。

国民共有の財産である国有地が不当に安く売却されたのであれば、愛国的見地より徹底して追求し

真相の解明を図るべきでありましょう。

 

 そういう観点からすればSAY企画が社会保険年金機構から受注したデータ入力業務切田精一社長が役員を務めるシナの企業に再委託した。

結果、入力ミスにより130万人の受給者は本来受け取るべき年金額より少なく振り込まれた。

500万人の日本人個人データが企業の守秘義務を持たないシナ企業に流れた事は我国の安全保障上も大問題なのです。

中野北口.png

前夜から降り続いた雨も、開始する正午頃には上がり晴れ間も見えてきました。

左後方には創価の広告塔である「おやき」の店が鎮座する中野駅北口

街頭演説.png

 


「国立の右翼オバサン」と再会

4月21日、恒例となっている毎月第三土曜日「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会に参加する。

当日は高崎線の鴻巣から湘南新宿ラインに乗車して来たたので3時半を過ぎての到着となる。

暖かな春の日差しを受けて約1時間、車内でコックリと居眠りしながら乗車。これが心地よいのです。

 

新宿駅西口に立っていると妙齢のご婦人から「あら、槇さんお久しぶり」と声を掛けられました。

「私よ、覚えてます?」って、一瞬戸惑ったのですが、「わたしよMよ」

いやあ懐かしいですね。

 

 もう20年近く前ですよね、一緒に活動していたのは。

まだインターネットとかSNSも発達していない時期に主に教育問題などで草の根的に活動していたのです。

シューへ―とかカトテツとかヘルミなんて人々と一緒に左翼による偏向教育を各地で糾弾して廻っていましたね。

その中でも偏向左翼の牙城と目される国立市に住むMさんは、前面に出て左翼に罵声を浴びせるなどしていたので敵側からも目を付けられていたのです。

インターネットの2ちゃんねるでその動向が伝えられ、敵側からは「国立の白髪右翼おばさん」と称されて恐れられていたんですよ。

なんか当時よりは丸くなった感じですが現役だそうですので、また一緒にやりましょうか。

街宣.JPG

集合写真.jpg

 

 


「社会の不条理を糾す会」街頭演説会

 2月17日、第三土曜日恒例の「社会の不条理を糾す会」街頭演説会。

東京では新宿駅西口にて開催している。

日頃は各団体、または個人で運動する民族派の活動家が、合同で参加する街頭演説会。

 

 小生も順番でマイクを握り社会に蔓延する不条理を曝け出し、世の中の改革・国民の意識覚醒を訴える。

今回は文在寅に呼び付けられてピョンチャン五輪開会式に出かけて行った安倍首相を非難。

安倍首相は首脳会談において、南朝鮮による慰安婦問題解決に対する不誠実な対応を糺し、北朝鮮融和外交を批判したことが一部においては評価されているようであるがとんでもない。

言うだけなら河野外相でも麻生副首相でも事足りるはず。

首相が乗り込んで行って言及したなら、それに見合うだけの回答を得なければならない。

日本側のリクエストに対し真摯なる回答を持たない南朝鮮など、今はまともに相手にしてはいけないのである。

 

次回は3月17日(土曜日)午後、同所にて開催予定


新宿駅前街頭演説会【動画あり】

平成29年12月20日(水曜日)、本年最後の街頭演説会を新宿駅西口で開催した。

ユーチューブ動画

https://www.youtube.com/watch?v=uEUPGtNeXoc&feature=youtu.be

 。亜В娃亜В娃亜繊#泰智 紹介

◆。亜В娃押В隠機繊〆監8膸峪

 0:23:00〜 槇泰智(南朝鮮の悪辣なる慰安婦問題)

ぁ。亜В械院В隠亜繊…甲川光良氏

ァ。亜В毅粥В横亜繊‐湘弔気

Α。亜В毅検В械亜繊]仝一郎氏

А。院В横魁В隠機繊#泰智 (自民公明党利権政治を斬る)

 

yuotube槇1.png

佐藤悟志.png

慰安婦問題ワイルス.png

長谷川.png

松田さん.png

蓮見さん.png

槇2.png

動画撮影に関しては寒風吹きすさぶ中で長時間に渡りカメラを構えてくれた同志の協力があります。

2時間に及ぶ長編ですので、興味のある部分を切り取って閲覧されても構いません。

 近年では在野において活動を行う人々は大勢いますが、大半はハンドマイク一本で電車に乗って移動しているようです。

 私のように自前で宣伝カーを持ち大量のプラカード・幟を持って自在に動けると言うのは本当に恵まれた立場にあると実感しています。

 その立場を有効に使い、更なる発展と飛躍を成し遂げて行かなくてはならないと強く自覚するところです。

来年も引き続きご理解ご支援の程、お願い申し上げます。  槇泰智 拝

 

12月25日(月曜日)の予定。

江東区の門前仲町にある富岡八幡宮にて「邪宗撃滅」「初志貫徹」祈願を実施、5時から忘年会を行います。

来る者は拒まず、去る者は追わず。

 

国家革新運動の発展・成就の為のカンパ・支援金受け付けています。
宜しくご支援のほどお願い申し上げます。

銀行口座:
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) 0119426
当座預金:0119426
口座名義 : 政経調査会

郵便振替口座:
00180−9−119426
口座名義: 政経調査会

銀行口座:
みずほ銀行 池袋支店 普通口座:669366
口座名義: まきやすとも

 

〒165-0027東京都中野区野方3丁目26番2
TEL:03-5343-2553 FAX:03-5343-2551
携帯電話090-3135-4069
makiyasutomo@daitoa.com

 


「社会の不条理を糾す会」、忘年会を欠席

 12月16日、第三土曜日につき「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会に参加。

先月から会場を新宿駅の東口から西口に移して実施している。

松田晃平君が車上で演説していると街宣車下にいたオッサンがペットボトルに入った飲料を松田君に向かって撒き掛けている。

次の弁士として待機していた私がガードレール越しに捕まえると周囲から参加者や警備の公安が掛け寄ってきて人だかりとなる。

私的制裁を防ぐためか公安がどこかに連行、「保護」してしまった。

 

 マスコミの報道などについて語らせてもらった。

松居一代問題。精神に異常をきたした中年女性を晒し者にして視聴率を稼ぐテレビ局の人権侵害は許されるのか、などなど。

 当日は演説会終了後に不条理の会の忘年会であったが、所要の為途中で失礼する。毎年、出席していただけに残念。

 

 大学近くの中華料理屋で部活のOB・OG会の拡大幹事会。

年会費を納入しない会員がいるので、銀行からの自動引き落としを具体的に検討する。

納入しない人は最初から申込書を記入しないのではないかな。

毎年順調に払っている会員においては業者に手数料を払ってまで引き落としにする必要があるのか。

ある程度人数が集まらないと手数料が高くなるので、全員が加入する必要があるとか。

検討課題は山積。

学生部員の納会。武道系の運動部では毎年の勧誘が大変な課題。

そんな中でも夏休みを過ぎてから新入部員が入ってきた。

最近では二年生になってからの入部の珍しくはない。

歓迎会も兼ねる。

 昔と違って今は厳格に未成年者の飲酒は禁止。

我々の頃は18歳の1年生から「一気に行け」と一升瓶のラッパ飲みもありの時代。

いま、そんな事やったら部長先生の首も飛ぶし、廃部間違いない。

8時には散会となる。

 


公示前に急遽、街宣を実施【社会の不条理を糾す会】

 平成29年10月7日(土曜日)午後から新宿駅東口で開催された「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会に参加させて頂く。

毎月第3土曜日の開催であるが、21日は衆院選挙戦最終日に当たるため、急遽繰り上げて7日に実施する。

 

 三日後には日本の命運を決する衆院選挙が公示されるというのに、この大都会・新宿には如何なる政党も立候補予定者も来ていない。

 政党の代表者などはテレビカメラの前では都合の良い事を訴えるが、皆さん方有権者の前に出てきて生身の自分を曝け出して

直接訴えようとする政治家は一人もいないんですよ。

 同じ立場に立って有権者の声を聞いて丁々発止の議論に臨もうなんて候補予定者はいないではないか。

皆さん方は全く相手にもされていない。こんな政治に、選挙制度に怒りは感じないんですか。

 

1000936.jpg

複数の弁士が交代でマイクを握る

1000934.jpg

終了後は参加者で記念撮影

1000951.jpg


「社会の不条理を糾す会」街頭演説会に参加

9月16日。第三土曜日につき恒例となっている「社会の不条理を糾す会」の新宿駅前街頭演説会に参加する。

日頃は各々の団体や個人で民族派の政治活動に従事する人々が団体の枠を離れて、時局問題等を絡め社会に蔓延する不条理を撃つと言った趣旨で大衆に訴えかける街頭での演説会。毎回、数人から十人程の弁士が交代でマイクを握り訴えを行う。

 

 前日に北朝鮮が太平洋上にミサイルを発射したことを受けて一言二言。

北朝鮮による暴挙に対しては適格に対処し危機を回避することは不可欠。

しかし、無為に電車を停止させたり学校の始業時間を遅らせるなど、国民生活に不便を負わせることで、

北朝鮮に対する危機は勿論の事、憎悪を煽るのは間違っている。

 このように言うと北朝鮮に媚びを売っている・危機意識が薄弱であると思われるかもしれないが、方向違い・的外れの対処・攻撃は物事の本質を誤り悪しき結果を招くことになる。

 

 かつて南朝鮮で李明博大統領(当時)が竹島に上陸したり、その後のパククネによる反日対応で日本国内では南朝鮮に対する批判が噴出した。

 これに乗じて行動保守と称するネットウヨクが朝鮮人が多く住む新大久保や大阪・鶴嘴で「殺せ殺せ朝鮮人」などと気勢を上げてデモ行進を実施した。

 これに対し賛同する人々が集結し一時は盛り上がったが、それ以上に世論や権力側からの締め付けが激しくなり、結果的に所謂「ヘイトスピーチ規制法」が施行され通常のデモ行進さえも実施不可能となった。

こういった過去の事例を客観的に検証して、次の運動に備えなければいけない。

 

 にも拘わらず、安倍政権と言う国家そのものが見当違いの方向で国民を煽っているではないか。

通常、民間飛行機の高度は10キロからせいぜい20キロ。100舛ら上は宇宙空間である地球の軌道となり、我国の領空と言う概念は成立しなくなる。

 高度800キロという宇宙空間を飛来したミサイルに対し「北海道の上空を通過した」という表現自体が正確さを欠いてはいないか。

 

 経済制裁はその国で暮らす国民の生命を維持するための食料やエネルギーの供給をストップするという威圧をかけることで国の為政者に政策の転換を図らせることが目的。

しかし、北朝鮮のように国民の生命や文化的生活の維持を図ろうという意図を全く持たない国の為政者に対しては意味を持たない。

国民が飢えようが死のうが関係ないのだから。

 

拉致された日本人を取り戻そうとするなら、方法は二つ。

鳩山由紀夫が言うように話し合いで解決を図る。実際は徹底して媚びへつらって謝罪を繰り返し、お金を支払って平身低頭の上で要求を通す事。

もう一つは、軍事的圧力・攻撃を以って金正恩政権を打倒して被害者を奪還し、虐げられた国民を解放し、民主的政権の樹立を呼びかける事。

今、日本や国際社会が実施している経済制裁は意味を持たないのである。

 

次回、10月の社会の不条理を糾す会の演説会だけは第一土曜日となる7日に実施されます。

12時から4時まで、新宿駅東口のアルタ前広場で実施します。参加傍聴は毎回自由です。

1000910.jpg1000907.jpg

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM