<< シナによる「対ファシスト戦争勝利70周年」の欺瞞を粉砕せよ(動画あり) | main | 東京大空襲から70年=米大使館へ抗議=【動画あり】 >>

ドイツと日本ではやったことが違うでしょう。

過去に目を閉ざす者は現在に対しても盲目である」、と言葉を残したヴァインゼッカーが大統領を務めたドイツから、メルケル首相が来日し、講演を行った。
同じ第二次大戦の敗戦国である立場からか、ドイツが過去と向き合ったことで国際社会から受け入れられたこと。
隣国・フランスとの和解を引き合いに出して、日本がシナ・南朝鮮と対話を持つことの重要性を訴えた。

 なにか勘違いをしているのだろうか。
ドイツが行ったのはユダヤと言う一民族を抹殺するという文字通りのホロコーストを実践した結果、戦争犯罪として裁かれ断罪され過去と向き合って謝罪したのです。
日本が同様の、またはそれに近い戦争犯罪を行いましたか。
 西欧列強が引いた弱肉強食社会の荒波に揉まれるなかで、人権や民主主義の概念も乏しい国際社会において生き残ろうとした結果、現在的価値観においては「侵略」と捉えられても仕方のない愚行があったということでしょう。
 また、日本の隣国にはフランスのような近代国家は存在しないのです。
華夷思想に塗れたシナと、事大主義の下で恨(ハン)の思想を文化する南朝鮮が存在しているのです。
謙譲の精神で寛容さを以て接することが、良い結果をもたらすものでなはない。
日本が頭を下げれば下げるだけ、「自らの悪辣非道を認めている」と、理解され延々と賠償と謝罪を要求されるだけなのです。
欧州の人から見れば日本人もシナ人・朝鮮人も一緒なのでしょう。
大国・ドイツの首相として民族性の違いを見極めて頂きたい。

昭和7年シナの提訴により国際連盟調査団の団長として来日したリットン卿は、日本で各要人と会見を持った。
その中で犬養毅首相についてはあまり強い印象がないものの、荒木貞夫陸軍大臣の話しを聞いて日本人というものが理解できた、と語っていた。
「あなた方ヨーロッパの人々は日本人とシナ人を同じように見ているでしょうが、両者は根本的に違うのです。何か問題が発生した時に日本人はお互いに話し合って解決しようとする。しかし、シナ人は大声を上げて誰でも良い、通りがかりの人を呼び止めて仲介をしてもらおうとする」



「和解には過去直視を」=対話の重要性強調―独首相

時事通信 3月9日(月)15時36分配信

 来日したドイツのメルケル首相は9日、東京都内で講演し、第2次大戦中に関係が悪化した周辺国との和解には「過去と向き合うことが重要」との認識を示した。
 首相はナチスによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)にもかかわらず、ドイツは国際社会に受け入れてもらう幸運に恵まれたと指摘。「ドイツがきちんと過去と向き合った一方、連合国が過去を克服するドイツを見守ったからだ」と強調した。
 また、不倶戴天の敵だったドイツとフランスの関係が和解から友情に発展したのは「両国民が歩み寄ろうとしたところから始まった」と語り、隣国との対話の重要性を訴えた。ただ、日本と中国や韓国との関係については「アドバイスする立場にはない」と述べるにとどまった。
 首相は講演で、過激派組織「イスラム国」による日本人人質殺害やフランスの連続テロに言及。これらの事件は「自由や寛容に対する信念を妨げない」と力を込め、日本と手を携え、テロに立ち向かう考えを表明した。 


コメント
「ドイツと単純に比較する事は不適当」岸田外相の発言に、韓国ネット炎上=「日本はカネがあるだけの後進国!」「開いた口がふさがらない」
Record China 3月10日(火)23時38分配信

10日、岸田外相はメルケル首相が日本と周辺国との和解に言及したことについて、「日本とドイツの戦後処理を単純に比較することは不適当である」と述べた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「近所の韓国人に気をつけろよ」
「過去の悪行は似ているが、その後の行動が全く違う」
「日本はドイツのような先進国じゃなくて、ただ金があるだけの後進国だ」
「両国を単純に比較することは適当ではない?当たり前だ!お前らのような汚れた非人間的なやつらとドイツは比較できない」
「これは単に安倍内閣のコメントじゃなく、日本人の総意と考えねばならない」
「日本の戦後処理はあまりにも軽い。ドイツのように処理していたら、日本は滅びている」
「本当に開いた口がふさがらない。早急に過去の歴史を謝罪しろ」
「歴史を直視すれば、『単純に比較すること』ができるようになるだろう」
「今までの韓国には親日政府が多かったという点も、日本が厚顔な態度に出る原因だった」
「世界で腐った政治家が多い国。1位日本、2位韓国」(翻訳・編集/三田)
  • RECORD CHINAより
  • 2015/03/11 5:36 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM