<< 靖国Tシャツの頒布活動にご協力願います | main | 仲間を助けないのがネットウヨクの流儀なのか >>

憲法改正という既成事実作りならば、、、、

5.3憲法を考える青年集会

5月3日、毎年恒例となっている「憲法を考える青年集会」が渋谷・宮下公園で開催される。
正午から集会、午後1時からデモ行進。参加者は94名(女性7名を含む)

集会は国民儀礼に始まり、主催者挨拶来・賓挨拶に続き各参加団体からの連帯のアピールが発せられた。
指名を受けた小生は、4月26日に渋谷で遭遇した性的少数者によるレインボーパレードを引き合いに渋谷区のパートナーシップ条例から憲法改正への問題を提起させて頂いた。

 今般渋谷区が制定したパートナーシップ条例なるものは「婚姻は両性に合意においてのみ成立」という憲法第24条の条文・趣旨からは明らかに逸脱している。
 こういった性的少数者の権利を声高に訴える人々と、「憲法9条を守れ」「改憲阻止」を訴える人々とは多分に重複している。
ならばこれを逆手にとって、我々民族派がゲイ・レズビアンのパレードに日の丸を掲げて参加したらどうなるか。
「僕たち同性愛者の婚姻を認めろ」「同性婚を禁じた憲法24条を破棄せよ」、と訴えるのである。
彼らとて拒否する理由はないはずであろう。
いま、自民党は直接、憲法9条を変えるのは抵抗があるという国民感情を踏まえ、誰もが拒絶しづらい環境権や人権・財産権から改正して将来的に9条の改正を目論んでいるという。
 兎に角、内容は何でもいいから「改憲を行った」という既成事実の積み重ねる狙っている。
同性婚を憲法で認めるなどとんでもない亡国的発想ではあるが、それで憲法9条の改正が可能になるというのであれば、まさに「肉を斬らせて骨を断つ」、と言うこのになる。
こういった発想の転換が必要とされる時代が来ているかもしれない。

しかし、このような姑息な手段による憲法の改正などは、我々が希求するところの自主憲法制定とは相いれないものであることは、認識しておかなければならないのだ。
我々はあくまでも真摯日本の復興、道統に則った道義国家の建設を目指す立場にあるのだから。


201505031229000.jpg
集会において連帯のアピールをさせていただく。
誰もいない所で話しているように見えるが、カメラの後ろには100人近い参加者がいるのだ。


Img_ad6de9c2d080759dccbc62794b25fca9
今日は何の日かも分からずゴールデンウィークを楽しむ若者で溢れかえる渋谷駅周辺の雑踏を中を
勇ましくシュプレヒコールを上げながら突き進むデモ隊の一行。
(当画像は「國の子評論社」のブログより転載致しました)

5月6日(第一水曜日)の活動はありません。

5月13日は「アンチ水曜デモ」
正午に麻布の二の橋交差点集合、南朝鮮大使館へ抗議。
その後、二の橋交差点にて抗議街宣の予定。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM