<< 靖國神社広報宣伝活動 | main | 尊攘義軍十二烈士女弔魂七十年祭 >>

植民統治・侵略に対するお詫び

  我国による朝鮮半島統治や大東亜戦争が侵略行為か、と問われた時に
この21世紀という現代の価値観や世相をもってすれば「侵略」「侵略戦争」と言われても致し方ない面があることは否定できない。
現代のような民主主義の下で国策が決定されたわけでもない。
東南アジアに対する軍隊の進駐とて、「大東亜の解放」を謳ってはいても相手国の民意に則っての進駐ではない。
尤も、独立していない国の人々が国家の決定として日本の軍隊を受け入れると言った決定をくだせるわけもない。

「欧米列強のる力による支配から解放する」、とは日本の身勝手な論理であり、国土が戦場となり無辜なる市民が犠牲になって、結果的に独立を果たした国が多数存在した訳であるが、「奴隷としての平和」を享受するという選択肢もあったはずである。
「日本が独立させてやった」とは、侵略戦争との誹りを払拭したいがための方便ではないのか。

しかし、世界を取り巻く価値観や情勢は現在とは比較にならない前時代的な様相を呈していた。
植民地支配という侵略することが悪ではなかった、という史実がある。
17世紀以降、欧米列強が勝手に敷いたルールに則って力のある国が無い国を屈服させて、国威を発揚させることが当たり前だった。
いま、この平和な世の中においてその価値観において、日本だけが支那・朝鮮に謝罪をし続けることは妥当ではない。
反省を言うのであれば、「何故日本が植民地支配を行ったのか」「何故、日本が軍隊を進駐させたのか」
アフリカや中南米における欧米列強の例をひも解いて近世・近代の世界史を検証して説明しなければならない。
敗戦国だから許されない。ならば戦勝国となれば何をやっても許されるのか。
良い例が支那による軍拡路線がそれである。
フィリッピン・ベトナムし対する現在進行形の侵略行為を野放しにできるのは、軍事力の背景があるからに他ならない。
また、米ソ冷戦以降における米国による世界一国支配、湾岸戦争・イラク戦争をどのように評価するのか。

安倍首相が談話の中で、日本の植民地支配・侵略を反省したいのであれば、堂々と当時の時代背景にまで踏み込んで言及すべきなのである。






 

ひざまずく鳩山元首相

時事通信 8月12日(水)19時58分配信

12日、ソウルの西大門刑務所の跡地にある歴史館で、独立運動家らを追悼するモニュメントの前でひざまずく鳩山由紀夫元首相。


コメント
日清日露の鮮血で銭儲けをしたのがロスチャイルド
シナ事変大東亜戦争の鮮血で銭儲けをしたのはロックフェラー
どちらも国際金融資本家でユダヤ人
  • 地方の元支持者
  • 2015/08/15 10:39 PM
「そうはイカないぞ!」とのサケビ声と共に救国の義士現る!!
http://i.imgur.com/2Yr5HuJ.jpg

  • 問題解決
  • 2015/08/14 12:51 PM
日本は奴等にはめられたんだと、日本においてはソレは既に江戸後期から始まり朝鮮を併合させたられた辺りから内部侵略が本格化したと、ソノ連中がコミンテルンを組織する前から世界中で混乱を起こして来たんだと。今はアメリカが主要な拠点で中国も同じ。
  • 問題解決
  • 2015/08/13 9:29 PM
神の光明

槙よ、貴殿もよく知る、先の大戦でのクライマックスの象徴でもある硫黄島がある、

この硫黄島の激戦に加わった元米兵の戦後の回顧録に、この元米兵は硫黄島の戦地に投入され硫黄島に上陸した時の当に言語を絶するその地獄の惨状に正常な精神状態ではいられなかった。

日本軍のアメリカ上陸部隊に対する徹底抗戦は凄まじく、日本兵は射殺した米兵を可能な限りその死体の首や下腹部を切り落とし、この硫黄島の戦場には米兵の切り落とされた首や下腹部を切り落とされた胴体が散乱していたと言う、この様な惨状はあのナチスに対するノルマンディーでも無い惨状である、

その地獄の惨状を目の当たりにしたこの米兵は正直、こんなキチガイの日本を相手に何で太平洋を挟んでの遥か遠くのアメリカがここまで戦いそのここまでの血を流さなくてはならないのか?そこまでしてあのすり鉢山の頂上に星条旗を揚げなくてはならないのか?大いに疑問が沸いたとの事、

しかしこの元米兵は戦後にその疑問は消えた。何故ならこのキチガイの日本によるその硫黄島の遥か先の朝鮮や中国や東南アジアにおけるその惨状をくい止め終わりに出来るのはアメリカしかなく、これはアメリカやそのアメリカ人に神より課せられしその義務であり使命であったと思い直したからである!

戦後、朝鮮や中国や東南アジアに対する謝罪する日本の政治家はいても、このキチガイ日本の蛮行を命がけでくい止め終わりにした。血を流し死んで行った数多くのアメリカ兵に対し謝罪する日本の政治家はいない、

我々日本人民及び朝鮮人民や中国人民、東南アジア人民はその事実を忘れてはならない、

千代田区一丁目一番地を中心とする日本政府は永久に朝鮮人民、中国人民、東南アジア人民惹いてはアメリカ人民達に対し謝罪し続けるその義務を負っている!

しかし日本人民にはその義務は無い!日本人民と朝鮮人民、中国人民、東南アジア人民、アメリカ人民達は皆、千代田区一丁目一番地により被害を受けた同じ被害者としての同胞である!
  • 神の光明
  • 2015/08/13 6:28 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM