<< 博友会に参加する予定です | main | 指名手配 >>

社会の不条理を糾す会で街宣&忘年会

12月19日(土曜日)、不条理を糾す会の定例街宣活動に参加。
新宿駅東口のアルタ前に停めた街宣車の上から一般大衆に向けて時局問題等をテーマに訴えを行う。
街宣車の上は風も強くスピーカーから発せられる音量も飛ばされがちであるが、8人程の弁士がマイクを握りしめ
力強く道行く人々に訴えた。
終了後、近隣のレストランにて忘年会。二部屋ぶち抜きでテーブルを配置したが一杯になる程の大勢の参加者で盛況な宴となる。
此処はただの飲み喰いの場ではなく、右翼民族派としての運動の指針などが話し合われた。
三澤浩一氏からは日弁連発行の「被疑者ノート」が配られ逮捕に対する備え、任意同行を求められた時の対処などの指針が示された。
私の方からは移民問題についての私見を述べさせて頂き、移民にとどまらず、難民・労働者、観光客も含めた来日外国人に対する日本側の対応、現在はびこる違法民泊についても語らせてもらった。
これについて「外国人労働者がいるから弁当が500円で食べられる。800円になっても良いという覚悟があるのか」、との意見もあげられた。
500円どころか今は200円の弁当すらある時代。正規雇用の下で国民が500万の年収を得ていれば800円の弁当でも構わない。むしろ、その方が経済は効率よく循環することになるのではないか。
長谷川光良氏からはもっと女性の参加者がほしい。
この怖い顔ばかりでは一般の人は寄り付かない、との指摘もなされた。(ごもっともです)
  ↓
http://tadasukai.com/


東京における不条理の会は毎月第三土曜日の開催だが、毎回建設的な意見が出され集約されつつある。
経験を積んだ右翼民族派の重鎮、または活動家による団体の枠を越えた横断的な集まりであり、政治の流れに変革をもたらすだけの原動力になっていってほしい。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM