<< 昔から変わらない | main | スタンドパイプor軽可搬ポンプ >>

慰安婦を前面に晒した狡猾な左翼活動を斬る

平成28年1月26日(火曜日)
第一衆議院会館において南朝鮮から入国した元慰安婦でるという老女二名が記者会見を行うとの情報を得たので急遽抗議に赴いた。
会場となった議員会館会議室に入ろうとしたが、事前に招待された者しか入場を認めないという。
議員会館という公共の施設を使用しながらも、会見者とその支援団体による訴えの趣旨に賛同する者以外は排除した形での記者会見とはけしからん。
昨年末の日韓合意は不十分であり、日本政府・安倍首相による公式の謝罪を要求している。
これを支援して日本側の団体が午後から支援集会を行うと言う。
女性たちの戦争資料館とかいう西早稲田で活動するキリスト教系の団体である。
 自分たちは安全圏に身をおいて元慰安婦であるという朝鮮人老女を前面に晒して日本政府の責任を追求する。
実に狡猾な手法である。
 「この人たちは日本軍に慰安婦にされました。かわいそうな人たちですよ。謝罪してあげてください。補償してあげてください」、と訴える。
 本当に気の毒であると思うのならば、その被害者を晒し者にすることはしないはずである。
 女性の尊厳を守る気持ちがあれば一般的にも「誰々さんは強姦されました。かわいそうですよ」、と本人の前で訴える人はいない。
 例え凌辱されたという暗い過去を背負ったとしても、女性は過去を吹っ切って前向きに生きるのが一般的だそうだ。
 暗い過去を前面にだして同情を買うのは朝鮮人くらいのものだろう。
 慰安婦となって戦地で将兵の相手をした女性は朝鮮出身者よりも日本人女性のほうが圧倒的に多かったはずであるが、日本国内からは補償を求める声は沸き起こってこない。
 南朝鮮軍によって凌辱の限りを尽くされたベトナムにおいてさえも近年まで同様の声は沸き起こってこなかった。
世界共通である。朝鮮人だけが特殊な民族であるという事がいえる。
もっとも、これには反日的な日本人が朝鮮半島に渡り、元慰安婦という女性を発掘して「金になるから慰安婦として名乗り出てください」、とけしかけたという経緯があるのだ。
記者会見場にはい入れないので、第一議員会館前において訴えを行った。


 ,泙 やすともの訴え
https://www.youtube.com/watch?v=EsSkSY_aDFY&feature=youtu.be
溝上邦明氏の訴え
http://youtu.be/rXDNvnBnmOU


2月の予定
2月3日(水曜日)正午〜 六本木ヒルズ前街宣 12:30シナ大使館抗議
2月10日(水曜日)正午〜南朝鮮大使館抗議 12:30二の橋交差点街宣
2月22日(月曜日)『竹島の日』竹島奪還国民集会(時間・場所未定)
2月26日(金曜日)二・二六事件墓前祭 正午〜 港区元麻布・賢崇寺『二十二士の墓』墓前

コメント
3年程前でしょうか。一時期一緒に活動に従事していましたが、いつの間にか遠ざかり、電話も通じなくなりました。責任感というか使命感というものは感じられませんでした。別に非難している訳ではありません。
来るものは拒まず。去る者は追わず、が基本ですから。私共の運動において彼を引き留めるだけの魅力・展望が欠如していたのでしょう。
  • まきやすとも
  • 2016/01/29 1:23 AM
どうもはじめまして。
とある縁でshinさんという方にお会いしました。
言伝てを頼まれたので、お伝えさせていただきます。
早ければ春頃、遅くとも6月頃には復帰しますと言われていました。ご心配をお掛けしていることをとても悔いておられました。shinさんはこ健在です。どうかご安心ください。
失礼しました。
  • トモ
  • 2016/01/28 9:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM