<< 自己防衛もできない自衛隊に国防を付託できるのか | main | 舛添に辞職勧告書を突き付ける >>

ヘイトスピーチデモ?は中止させられた

 ヘイトスピーチを撒き散らして溜飲を下げることを目的とするような人々。
所謂ところのネットウヨクという人々が「確固たる政治勢力」であるなどとは思っていない。
政治性の有無や主張云々を論じる以前に、お互いをハンドルネームで呼び合う人々が生理的に合わない、というか
率直に言って「気持ち悪い人達」という印象しかないのである。
それも、日本をイメージさせるような桜や梅・菊などの漢字を用いて、如何にも「私は日本人です」とアピールしているようで、本当に日本人なのですか、と疑ってしまうほどだ。

 そんな彼らが主催したデモ行進が反対派の実力行使にあって中止を余儀なくされたと言う。
どのような主張の下に計画されたデモ行進であったか知らないが、警察によって認められた道路使用許可を有したデモ行進が反対派による道路封鎖によって中止に追い込まれたいうのは法治社会にとっては尋常なことではない。
「私は君に意見には反対だ。でも、君が君の意見を言う権利は命がけで守る」、という民主主義の原則が根本から崩れ去ったことになる。
 しかも、マスコミや社会の風潮はこれに対し全く異議も危機感も持たないことが問題である。
今般、ヘイトスピーチを規制する法律が成立したことを踏まえ、過去においてヘイトスピーチを発した経験のある団体に対しては無造作にバッシングして構わないと言った風潮が生まれているようだ。
 下記の記事においては「ヘイトスピーチ」のデモが中止になっとある。
主催者は本当に「ヘイトスピーチのデモをやります」、と宣伝していたのか。
自らの主催したデモがヘイトスピーチであると認めた結果なのか。
 おそらくは彼ら流の主張に則った朝鮮人の在日特権廃止とか、民進党批判や共産党攻撃など何らかの眼目があったのではなかろうか。
  本来、自らの発言・行動に責任を有する政治団体であれば、「どこがヘイトスピーチなんですか?」、と問うてヘイトスピーチ規制法制定に係る有識者の中に入って行って堂々と議論を深めるできであったろう。

 しかし、そういった議論を戦わせる実力も能力も備わっていない人々であることを承知するからこそ、現場にでている当事者を置き去りにして法律制定のための議論が先行し、反対者もいないところでヘイトスピーチ規制法が成立していった。

 ヘイトスピーチを発することを目的としない我々にとっては、さしたる影響はないと考えているが、現実には在日朝鮮人とその支持勢力が自分たちの権利を守るために日本政府を動かして新たな法律を制定させたということは尋常ではない、と認識すべきである。
同性愛者を侮辱するスピーチを取り締まる法律を制定せよ、と訴えても法律はできない。
身体障害者を馬鹿にすることを禁止する法律を、と叫んでも同様だ。
朝鮮人を対象とした外国人だからこそ国会が動いたのである。
それ程まで、奴らは強大な権力を掌中に収めたという現実が存在する。
 そして、彼らの意に沿わない活動に対しては、公道の不法占拠と言った犯罪を犯しても処罰を免れられる。
マスコミも世間も全面的に応援してくれるという既成事実を構築したことを無視する訳にはいかない。
おそらくは主催者側の誰かが「反対派の実力行使とそれを容認した警察の対応は違法である」、との声明を発することだろうが、世間は取り上げないだろう。
 道理にかなった主張であっても世間は全く取り上げる価値がない、とみなして当然という社会が構築されてきた。
 その原因はひとえにヘイトスピーチと言われるデモを繰り広げてきたネットウヨクの側にある。
 彼らの勢力がさほど大きなものでない事は朝鮮人・左翼側がよく知っている、マスコミも国家権力の側も熟知している。
 そして、確固たる政治的主張や国家感に裏打ちされたような排外主義的思想を有したものでない事も織り込み済みである。
 それを針小棒大にアピールして、「いま日本は民主主義の危機である」「人権侵害国家として非難されている」と煽り立てた結果、新法が制定されて、法律無視の上で表現の自由たるデモ行進が中止に追い込まれた。

 これはネットウヨクだけが対象となるものではない。我々の訴える竹島奪還運動や拉致された日本人奪還の訴えとて、在日朝鮮人とその支持者の逆鱗に触れれば、展開するのは困難な状況となる。
 政治活動・表現の自由に対し新たなる規制を導入してくれたことで、彼らネットウヨクの果たした影響は大きいと言えよう。

 

川崎のヘイトデモ、出発直後に中止 反対の数百人が囲む

朝日新聞デジタル 6月5日(日)12時44分配信

 川崎市中原区で5日午前に排外主義的な団体が計画していたヘイトスピーチのデモが、出発直後に中止された。この日は十数人が日の丸やプラカードを持って集まったが、ヘイトスピーチに反対する市民らが数百人で取り囲んだ。神奈川県警も中止を説得した。

【写真】ヘイトスピーチのデモ隊と、阻止しようと集まった反対派の人たち、神奈川県警の警察官らがもみあいになった=5日午前11時32分、川崎市中原区、杉本康弘撮影

 この日は午前10時ごろからデモに反対する市民が中原平和公園に集まった。反対する市民が取り囲んで「ヘイトデモ中止」「帰れ」と叫び、路上に座り込んだ。デモ隊は午前11時ごろ集まり、プラカードを掲げて10メートルほど進んだが、反対する市民に阻止されてそれ以上進めないまま、警察の説得に応じて11時40分ごろ、中止を決めたとみられる。

 川崎市川崎区の桜本地区で在日コリアンが理事長を務める社会福祉法人が、同地区周辺でのヘイトスピーチデモ禁止を申し立てたのに対し、横浜地裁川崎支部は2日、デモ禁止の仮処分決定を出していた。また川崎市も、周辺の公園使用を不許可処分としていた。これに対し、主催団体の男性は場所を変更し、川崎市中原区の中原平和公園からのデモ実施をネット上で予告。神奈川県警は、デモのための道路使用を許可していた。(編集委員・北野隆一)

朝日新聞社


コメント
はじめまして。横から失礼します。

>>我々の訴える竹島奪還運動や拉致された日本人奪還の訴えとて、在日朝鮮人とその支持者の逆鱗に触れれば、展開するのは困難な状況

を作り出し、在日コリアンとその支持者の異常性を逆手にとる事にした、とは考えられないでしょうか。
知り合いの韓国人の女性の方からそのような指摘をうけました。その方はその状態ができあがり、日本人が合法的に在日を一掃する事態を懸念されています。その方との会話の要約を本人の許可を得て記載します。

・行き場のない在日は祖国へ帰るしかないけど、待ってるのは無限大の差別だけ。
・その事実を隠しながら在日を受け入れるためには、反日ディストピアになるしかないと思う。反日しか国をまとめる方法がないから。
・ちょうど在日という『被害者役』がいるわけだし。(この方は韓国と在日の客観的な歴史を知っています)
・『韓国人あなたは反日ですか?はい反日は韓国人の義務です』と言わされる日が来ても全然驚かない。
・今、私たちが自国をヘルコリア呼ばわりするのは冗談じゃない。

また、
>>議論を戦わせる実力も能力も備わっていない
から備えさせるための法律ではという考えもその方から指摘されました。

「状況を最大限活用せよ。状況が不利ならば覆せ」というのが戦略の基本ですから、一つずつやるべきことをやっていくしかないでしょう。
  • moonrect
  • 2016/06/12 2:33 AM
真摯なコメントをありがとうございます。
先般、このエントリーを瀬戸弘幸さんが自身のブログにおいてリンクを貼って紹介してくれたようです。
このコメントへの回答も含め、近々に別途にエントリーをあげて説明させて頂きます。
  • まきやすとも
  • 2016/06/08 11:36 PM
朝日の記事中
 ・排外主義的な団体
 ・ヘイトスピーチに反対する市民らが数百人
を見ても、ななし氏の言う通り乗っ取られているわけですが、

 ・排外主義的な市民
 ・ヘイトスピーチに反対する団体らが数百人
が正解で、そんな事今時の人はわかっているでしょう。

朝日の記事のタイトル
「川崎のヘイトデモ、出発直後に中止 反対の数百人が囲む」
自体に"反対の市民数百人"、と出なかった事が、報道機関としての良心を感じます。
深読みでしょうか。

先生のおっしゃるネットウヨクですが、
デモに参加する時点でネットではない気がしますが、いかかでしょうか。
そもそも排外主義を第1目標としているとは到底思えず、
その根幹である利権主義(生活保護利権など)に反対しているゆえ主張しているはずです。
今から申請する人は生活保護を受けたくても受けられず、
先生が日ごろ叩いている団体に独占されている現状があります。
「(受給をあきらめ)ソープへ行け」と言われた女の人がいましたが、
今や(性風俗の価格破壊で)ソープ勤務のみでは生活すらできません。

日本をイメージさせるような桜や梅・菊などの漢字を用いて、
「気持ち悪い人達」に先導されているのはミスリードというなら
ネットウヨクの根性を先生が叩きなおして、維新してほしいです。
  • 返信
  • 2016/06/08 10:15 PM
ヘイトスピーチをするなどと宣言して行われたデモなど一度として無いでしょう。全てはマスコミ側の勝手なレッテル貼りにより作り上げられて来た虚像です。即ち、マスコミ勢力が乗っ取られているのです。
  • ななし
  • 2016/06/07 2:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM