<< 舛添に辞職勧告書を突き付ける | main | 葬送 >>

舛添糾弾、辞職勧告第2弾

平成28年6月7日(火曜日)
舛添弾劾第二弾
新宿駅西口街宣を実施する
12時からの開始を予定するが、現場ではセクハラ被害者として有名な
佐藤かおりさんが、参院選挙出馬のための街宣活動を行っていたので30分程遅れて開始する。
貧困問題を訴えている傍らで、雨に濡れた路面にホームレスが横たわっている光景が
なんともシュールなのだが。

そんな事とは関係なく舛添の即時辞職を勧告し、舛添を都知事に当選させた都民の責任を追及し、
自民公明党による舛添擁護を徹底的に糾弾する。


   ユーチューブ動画:犯罪者・舛添の都知事居座りを許さない
https://www.youtube.com/watch?v=SrJm7gyp6r0

その後、代表質問が行われている都議会に乗り込むが、傍聴券が無いとナンチャラカンチャラということなので、
本会議出席中の舛添の目の前に辞職勧告書を突き付けることは諦めて、
本庁者内の知事室へ移動する途中の屋外から議会に向けて辞職勧告を獅子咆哮。
知事室に向かう為、宣伝カーを都庁駐車場に向かわせるが不当にも入場拒否に合う。
職員が出てきたので、勧告書を朗読して手渡し。

兎に角、舛添が居座ることで都庁職員が迷惑を被っている、という図式を作り上げることも必要。
内部からも舛添辞めてくれという雰囲気を醸成してやろうではないか。

コメント
高倉良生は「政治家の出処進退は自らが決めるべきだ」、と言っていましたね。聞いたでしょう。
「辞職すべき」、とは一言も言っていないのですよ。この状況で舛添を擁護する発言などできよう訳もないでしょう。一応はテレビにも映っているので責めているポーズをとっているのですよ。
全ては出来レースな訳です。
自らの選挙カー、ガソリン代架空請求を持ち出されることを危惧すれば、あれが精一杯だったのでしょう。
  • まきやすとも
  • 2016/06/09 4:15 PM
公明党の代表質問にて高倉良生議員が激烈に批判してましたが、その高倉議員を徹頭徹尾批判してたのは、まきさんでした。手打ちしたのですか?
  • 地方の元支持者
  • 2016/06/09 12:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM