<< 2016年10月05日のつぶやき | main | 2016年10月06日のつぶやき >>

よくぞ言ってくれたな、辻元清美

9月30日の衆院予算委員会。

民進党の辻元清美議員からの質問に対し稲田朋美防衛大臣が窮地に立った。

役者としては経験と修羅場を潜ってきた辻元議員の前では将来の総理候補も歯が立たなかったということなのか。

 

「本当はジブチに行きたくなかったのでは。8月15日に靖国神社に行くと、問題があるから、回避させたとの報道もある。あなたは、信念を貫かれた方がいい」

この辻元議員からの問いかけは全くの正論である。

 

 要は、昨年末の所謂日韓慰安婦合意で保守層・右派の信頼を失った安倍政権が人気回復の切り札として、経験のない稲田氏を防衛大臣に抜擢。人気と信頼を回復しようと画策した結果であり、稲田氏はいわばスケープゴートとなったのである。

8月15日に靖国神社参拝を行えば、現職閣僚として非難に晒される、行かなければ保守派の失望を買う。

 故に視察と言う名目でジプチへ逃亡した。誰が見ても分かるアリバイ作りではないか。

こんなことで国民の眼を晦ますことができると思う時点で安倍政権は白痴状態と言わざるを得ない。

 

 如何なる批判に晒されようとも終戦の日に靖国神社へ参拝していれば、敵側からも尊敬に値する存在であったはずだ。

言葉に詰まり涙ぐんだというのは、決して辻元氏の追及に怖気づいたからではない。

靖国神社に眠る英霊に対し申し訳ない事をした、との悔悟の念からであると信じたい。

 

稲田朋美防衛相、辻元清美氏の激しい追及に涙

 

。じなかった応には、撤回け続とかわし」です所存くす尽を全力へ世界のない、核し堅持を」「非核三原則だ所存くす尽を全力けて向に世界のない、「核兵器められたが求を再三、撤回に、辻元氏として」になる問題というから』すべきではない答弁。「『今、と」う思をすべきではないと核保有が「今、日本は、稲田氏し対これに 

 一方、辻元氏は、稲田氏が過去の雑誌の対談で「長期的には、日本も核保有を国家戦略として検討すべきではないか」と発言していたことも指摘。「この場で、この発言は撤回すると、はっきりおっしゃった方がいい。日本の国是とは違う」と指摘した。

 稲田氏のジブチ出張をめぐっては、毎年8月15日に靖国神社を参拝している稲田氏が、防衛相就任後の今年も同様に参拝すれば、国際問題に発展しかねないため、回避するためだったともいわれた。辻元氏も「本当はジブチに行きたくなかったのでは。8月15日に靖国神社に行くと、問題があるから、回避させたとの報道もある。あなたは、信念を貫かれた方がいい」と指摘した。

 すると稲田氏は答弁に立った際、「今までの私の発言…。(辻元氏が)読まれた通りです。その気持ちは今も変わらない。出席できなかったということですが…」と言葉に詰まり、「ご指摘はご指摘として受け止めたい」とだけ、述べた。

 「(出張は)持ち回り閣議で、ばたばた決まった。現場の視察は大事だが、日ごろ言っていることと違う。あなたの『戦争で亡くなった方々へ心をささげる』という気持ちは、その程度だったのかと思われかねない」と、たたみかけた。

 稲田氏は、8月13日にアフリカ東部のジブチに出発。追悼式を挟んで16日に帰国した。辻元氏はこの経緯にもかみついた。

 稲田氏 私は常々、感謝と敬意、追悼の思いを持つということは、日本の国民の権利、義務と申してきた。そんな中で…、義務というより心の問題ですね。そんな中で、出席しなかったという指摘…誠にその通りでございます。国内外の部隊を、1日も早く自分の目で確認し、激励したかったとの思いからだ。日程を調整した結果、残念ながら(式典に)出席しなかった。

 これに稲田氏は、言葉を訂正するなど、動揺した様子をみせた。

 辻元氏 あなたは「自国のために、命をささげた方に感謝の心を表すことができない国家では、防衛は成り立たない。日本の存亡に関わる」とまで言っている。ところが、国防の責任者になって初めての8月15日に、閣議決定までした政府の公式の追悼式を欠席した。「自国のために−」と言っておきながら、欠席するというのは、言行不一致ではないのか。閣議決定した追悼式を欠席した防衛大臣は、あなただけだ。

 稲田氏の涙の発端は、辻元氏の以下の指摘だった。

 弁護士出身、タカ派で強気な発言で知られる稲田氏が、公の場で涙ぐむのは珍しい。悲しさか、悔し涙なのか、涙の真意をめぐり、永田町ではさまざまな臆測が流れている。

 稲田朋美防衛相が9月30日の衆院予算委員会で、終戦記念日の8月15日に行われた全国戦没者追悼式を欠席したことを巡り、民進党の辻元清美氏の激しい追及に言葉を詰まらせ、涙ぐむひと幕があった。

衆院予算委で、民進党の辻元清美氏の追及に唇をかむ稲田防衛相(共同) 稲田朋美
衆院予算委で、民進党の辻元清美氏の追及に唇をかむ稲田防衛相(共同)

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM