<< 2016年12月24日のつぶやき | main | 悪徳企業・チューリッヒ保険の実態 >>

悪徳企業・チューリッヒ保険の実態

チューリッヒの自動車保険

契約者も被害者も事故れば地獄

「従順でない被害者はスラップ訴訟でねじ伏せるぞ!」、ってか。

 

ユーチューブ動画:

チューリッヒ保険の悪辣な手口を公開

https://www.youtube.com/watch?v=AM2QP-MrcDs&feature=youtu.be

これでもチューリッヒに契約しますか?

 

 

自動車保険の

『チューリッヒ』

これがまともな保険会社ですか?

恫喝訴訟で被害者は泣き寝入りか

 

加害者(原告):芝崎良一 昭和23年4月23日生(68歳)

千葉市美浜区真砂2−15―2号棟702号室 

:043−372−4883

 

チューリッヒ保険会社 エクスプレスセンター第3部

責任者:平山賢、担当者:三品あゆみ

調布市小島町1−32−1京王調布小島ビル

 :042−440−8190

 

かえで通り法律事務所 岩井婦妃(弁護士)

武蔵野市境南町2−10−21新倉ビル5階

:0422−31−2676

 

被害者(被告)

レンタカー会社 槇泰智

 

平成28年

7月10日  芝崎の車が槇所有のレンタカーに追突

7月22日 チューリッヒ保険は修理代金と休車損害金の9割を支払うと一旦は約束

7月25日 レンタカーを修理工場へ搬入し、チューリッヒに連絡先を知らせる

       チューリッヒ・平山が了解する

7月28日 チューリッヒから書留郵便が届く。

       「チューリッヒの指定工場でないから休車損害金を払わない」

     (事故発生以降チューリッヒは指定工場など指定してきたことはない)

8月1日  修理完了。工場からは修理代金15万円を請求される

8月5日  弁護士・岩井婦妃に丸投げ。

       「休車損害金10万円を放棄しなければ修理代金も払わない」

10月14日 芝崎の代理人・岩井婦妃が槇を被告として東京地裁に提訴

       「休車損害金10万円の支払い義務がないことを認めろ」、と債務不存在の確認請求訴訟

        「判決までは修理代金も払わないぞ」

 

 芝崎とチューリッヒは、休車損害金10万円の支払いを免れるために、弁護士・岩井婦妃を選任し提訴。

弁護士・岩井婦妃への着手金だけでも数十万円と推定される。

 槇(被告)に対するスラップ訴訟(威圧・恫喝目的の提訴)=訴権の濫用

被害者は10万円の休車損害金を得るために数十万円の着手金を払って弁護士を選任して裁判を戦うか?

普通はあきらめて保険会社の言いなりになるだろう。

これぞ、社会の不条理ではないか。

 

以上の事柄(要約)においては、第一回口頭弁論(11月22日)、第二回口頭弁論(12月13日)において、私が答弁書・準備書面で証拠を上げて述べてきた事柄です。

これに対し芝崎良一・チューリッヒ保険・岩井婦妃はなんら異議を唱えていませんし、反論もしていません。

民事裁判威おいて反論しないというのは相手方の主張を全面的に認めたことになります。第三回口頭弁論は平成29年1月31日11時30分から東京地裁第636号法廷。

中野駅北口.png

 

 

 一般に弁護士と言うステータスのある人間は自らの生い立ちや出自を公表しているものです。

しかし、この岩井婦妃(いわい ふき)という弁護士ですが、所属する「かえで通り法律事務所」のHPを見ても年齢・出身地が不明です。

 他で検索しても顔写真すらありません。意図的に公表を避けているようです。

傍聴に来ていた人も「話し方が日本人とはちょっと違うね」と、言っていました。

 思うに所謂ところの中国残留孤児というやつの二世か三世ではないでしょうか。

何年かは不明ですが慶応大学を卒業して弁護士資格を取得したのですから、それなりに勉学に励まれたであろうし、手厚い福祉の恩恵があったかどうかは知りませんが経済的にも恵まれた環境にあったのでしょう。

出自や生い立ちで人を差別するつもりは全くないのですが、岩井さんの考え方は全てにおいて自分本位であり日本的ではないことがわかります。故に話がまったく噛み合いません。

10月25日に青山一丁目交差点で私の運転する車に一方的にぶつけておきながら自己正当化を図った陳之月を同じなのです。

 被告となった私が答弁書で尋ねた質問内容には全く返答しないし、異議を唱える訳ではない。しかし、認めるものではない。

まあ、これほど無口な弁護士というのも珍しいのではないでしょうか。

「無口な漫才師」なんていいうのはギャグにもなるでしょうが、弁護士なら依頼人がある以上、シャレではすまないのではないでしょうか。

かえで岩井婦妃.JPG

 

消費者は現実を知り、賢い選択ができる環境に置かれなければなりませんね


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM