<< 2017年02月06日のつぶやき | main | 「靖国Tシャツ」頒布活動にご協力願います >>

英国民の思い上がりを許すのか

会ったことはないが、私だってトランプという人間は好きになれない。

今般、トランプ米大統領が英国を訪問するにあたって英国民はトランプ大統領を国賓扱いするなとか、

議会で演説させるなと、騒いで署名活動などを展開している。

 

トランプ氏は米国民によって民主主義選挙によって選出された大統領である。

これについて英国民が国賓扱いするな、などと言う権利はない。

まさに米国に対する内政干渉であり、米国民の行った民主主義選挙制度を否定している事になる。

 

米国民はトランプ支持派、反対派を問わず英国民に対し抗議すべきなのである。

自分たちの国の大統領が辱めをうけるというのは自分たちが辱めれていると自覚するできである。

 

例え、村山であれ管であれ、日本の首相として外国を訪問した際に、礼儀を失した扱いを受ければ我々は抗議するのである。

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM