<< 2017年03月26日のつぶやき | main | 2017年03月27日のつぶやき >>

ご支援いただきありがとうございました

  平成29年3月26日に投開票が行われた東京都小金井市議選に弊会推薦として立候補していました百瀬和浩候補ですが、選管速報を見る限りでは落選の模様です。

https://www.city.koganei.lg.jp/shisei/466/info/D10010103.html

  505票を獲得していますので、34候補中31位となります。定数は24です。

応援・ご支援いただき誠にありがとうございました。

 敗因は色々考えられるでしょうが、一日中降りしきる雨の影響で39.54%と投票率が低かったことは無所属候補にとって打撃であったと思われます。

 前回平成25年は投票率43.97%の中、1313票を獲得し9位での当選でした。

 また前回は「みんなの党」公認と言う看板がありましたが、今回は無所属と言うこともあり、組織政党の前には力及ばず。

 地方議員の横のネットワークで、他区から現職の議員が応援に駆け付けたものの地元における支援組織の脆弱さが露呈したともいえるでしょうか。

 4年間の実績や選挙運動の内容など問題点は多々あるでしょうがこれから精査することになるでしょう。

 

 まあ、選管発表の速報を見て愕然としたものですが、選挙なんてこんなもんでしょう。

私自身も都議選(新宿区)に一回、区議選(中野区)に二回立候補していますが、開票結果を見て毎回愕然としています。

 自身の訴えの内容に自信を持ち、選挙戦での大衆の反応に手ごたえを感じていても、選挙民による投票行動は読めないものです。

候補者同士の討論会がある訳でもないし、最終的には人気投票に終始するのが選挙であります。

 スポーツ競技のように自身による努力によって鍛え抜いた上で好タイム出すようなものではないですから、集票のためのテクニックは別にある訳です。

 その一つが政党の看板であったり、実績・思想信条・人柄を如何にアピールするかといった戦略に掛かってくるのでしょう。

7日間の選挙戦におきましてご支援・ご尽いただきました方々に衷心より御礼申し上げます。  槇泰智


コメント
移民を導入するか、中国の自治区になるかは別として、どの人種が棲むとしても、人口密度の適正化そのものについては同感ですね。
とりわけ、山地が多く「可住地人口密度」が高くなりがちな日本においては、産業等の経済活動や国力維持との兼ね合いを考慮しても、やはり現在より半数の6000万人程度が最適でしょうか。

その為の「減反政策」の布石たる、昨今の少子化推進政策は、あながち間違ってはおりませんね。もっとも……その割に老人層が増えすぎて、消費増税や年金世代格差、派遣労働の低賃金化などの貧困に直面する若者の事情は無視した、やや厳しい「歪な人口ダイエット方法」になってしまっていますが……。

とりわけ、最近の団塊世代前後の老人のマナーの悪さたるや、まさに精神年齢が幼い悪ガキ同然で、加齢臭だけはしっかり放つ、まさに社会の鼻つまみ者の様相を呈しておりましょう(笑)
少年凶悪犯罪の発生件数全盛期は、実は昭和30年頃だったという事実はダテじゃないですね。現在より殺人件数が3倍位だったとか…。

まあ、現在60歳以上の老人は30年後にはほぼ全て寿命等で死滅するでしょうから、その分はスッキリ人口削減に与するとしても、6000万人までダイエットするには、長い道程と数多の犠牲を必要としそうですね。
  • みな
  • 2017/03/29 11:01 AM
日本の人口は現在の半分、6千万人位が適切です。日本を含む人口大国上位10か国の中で
人口密度の高さでは、日本は世界最貧国であるバングラディッシュに続き第2位とい不名誉な序列にあります。人口大国で人口密度が高いというのは後進国である条件の一つになります。
人口を減らせば日本人は生活に余裕も生まれ、崇高な民族として再生されます。戦前の日本の人口は今の半分でしたから。
  • まきやすとも
  • 2017/03/27 10:45 PM
「候補の槇」の異名をお持ちの様ですね。どこかで拝見しました。

そういえば、某企業様が選挙票集計に関する機器を一手に製造納入しておられるとか…………。今回のような市議選は人員が記入票を目視して手で仕分けして集計してるのでしょうかね。これに関しては色々噂がありますが………。

槇さんのような(日本人にしては珍しい)誠実な方が票を集計していれば信用はできますが、何しろ日本人は臆病で嘘つきで権威に弱く、利己的で、不正行為や捏造・冤罪、報道規制や隠蔽工作が大好きで、自分の非や責任を認めずに他者に責任転嫁するような、一人では何も出来ない臆病者の癖に集団になると犯罪行為を平気でやるとか、モラルも皆無で精神年齢も低い不誠実な、粗暴で凶悪で陰険な、世界で最も民度の低い人種の一つですからね。選挙もあまり信用はできませんよね。

まさに、戦後の米国進駐軍高官が評したところの「日本人は、猿と人間の中間的存在」とは言い得て妙。確かにチンパンジーやニホンザルの群れでの生態や習性に似ているところがあるかもしれませんよね。道理や事実を無視隠蔽して、立場や権力を守ることを優先するとか、イジメや殺人が大好きなところとか……日本人って猿ソックリですわね。

槇さん、日本連邦の大統領になって、この国の不正を正してくださいね。もっとも槇さんが喝をいれて正した時には人口が半分以下に粛清されているかもしれませんが、丁度いい人口密度ですかね。

長文失礼しました。
  • みな
  • 2017/03/27 10:27 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM