<< 2017年05月13日のつぶやき | main | 2017年05月16日のつぶやき >>

拠出金流用

一昨年末の所謂日韓合意によって南朝鮮が日本からせしめた10億円。

自称慰安婦に渡らず、財団の運営費に流用されていると言う。

たかだか日本円にして4000万円の経費をケチって公金に手を付けるとは、なんと下卑たる国民・政府なのか。

大統領が替わり対日政策は更に一層厳しいものとなるだろうが、このような国民、そして政府には厳しい態度で当たることが日本国民の責務である。

 

  従軍慰安婦強制連行なる妄言を撤回せよ。

  朝鮮人の強請りタカリを粉砕せよ。

  売国的河野談話を撤回せよ。

  日本大使館前の嫌がらせ少女像を撤去せよ。

  犯罪者朝鮮人の輸出をやめろ。

  厳重なる入国審査制度を確立せよ。

 

 反日国家との国交はいらない。南朝鮮国交断絶

 

 

慰安婦財団、日本の拠出金を流用 韓国側が運営費カット

 慰安婦問題の日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」が、厳しい状況に追い込まれている。今年度の運営費が国会審議で全額削減されたため、日本政府が財団に拠出した10億円の一部を流用する事態に陥っている。財団の理事10人のうち2人が辞任し、財団の事業の推進力は失われつつある。

 財団は昨年7月の設立。事務所の賃借料など運営にかかる費用は韓国政府が全額支出し、日本政府が拠出した10億円はすべて元慰安婦の支援事業などに使われることになっていた。

 財団関係者によると、韓国政府は16年度、運営費として約1億5千万ウォン(約1500万円)を支出。17年度は約4億ウォン(約4千万円)を政府予算案に計上したが、朴槿恵(パククネ)前政権下で最大野党だった「共に民主党」が反発。国会審議で全額削減され、財団は「やむを得ず(日本からの)拠出金の一部を使うことになった」としている。

 一方、財団は理事長を含めて10人の理事で構成されていたが、2人がすでに辞任した。財団関係者によると、日韓合意や財団に対する批判が高まったため辞任したという。理事の辞任によって財団の運営に直接の影響があるわけではないものの、文在寅(ムンジェイン)大統領は合意の再交渉を求めており、財団が事業を継続するのは難しくなるおそれもある。(ソウル=東岡徹)

(朝日新聞デジタル 2017年05月11日 23時25分)

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM