<< 靖国神社で広報宣伝活動 | main | 2017年08月12日のつぶやき >>

従軍看護婦22人服毒自決を忘れないぞ!

 平成29年8月9日(水曜日)

 旧ソビエトによる満州への侵略・武装突入から72年

 一方的な日ソ不可侵条約破棄による火事場泥棒的侵略行為を忘れてはならない

 弊会では正午からロシア大使館にほど近い港区・六本木ヒルズ前の街頭にて道行く人に対する啓蒙活動を実施。

その後、飯倉にあるロシア大使館に向かう。

毎年の事であるが多くの右翼民族派団体の街宣車が列をなして大使館への抗議を行っている。

滑稽ではあるが警備の官憲から順番待ちの整理券を配布され、団体ごとに大使館正門へと向かう。

ロシア大統領・駐日大使宛ての抗議文を朗読するが、当然のように大使館からは誰も出て来ない。

途中、外交官ナンバーを付けた公用車が出てきたが、乗車していた外交官は我々の抗議を無視するかのように警備の官憲に守られて去って行った。72年前の暴虐などなかったかのように颯爽と走り去ったのだ

抗議の意思を示し封筒に入れた抗議文を門前に添付した。

 

当日の模様を録画しましたので、ユーチューブ動画で近日中に公開します。

1000878.jpg1000879.jpg1000877.jpg1000883.jpg1000884.jpg

 

    抗議文  (原文は縦書き)

 昭和二十年八月九日、日ソ不可侵条約を一方的に破棄したソビエト軍はソ満国境を越えて満州の地へとなだれ込んだ。八月六日の広島に続き、長崎への原子爆弾が投下され降伏を余儀なくされた断末魔の如き状況下において、多くの日本人民間人が居住する満州への侵略であった。

 その後、樺太・北方領土等々にもなだれ込み官民を問わず日本人の財産を略奪すると共に、暴行・陵虐の限りを尽し、多数の日本人を殺害・死に至らしめたのである。

 

 特に婦女子に対する凌辱は筆舌に尽くしがたいものがあった。変節者として著名なる橋下徹前大阪市長は従軍慰安婦強制連行を否定する保守派の論陣に乗っかる形で「従軍慰安婦なんていうのは戦時下においては何処の国にも存在した。日本だけではない」、といった発言を行っている。浅学菲才も甚だしい。

 正規の兵隊を確保する寸余も惜しんだソビエトが使ったのは刑務所に服役する囚人兵であった。この血と肉に飢えた野獣の群れを日本人が生活する満州の地に送り込んだのである。

 戦場の治安を護り綱紀粛正を図るなどと言う概念も持たぬソビエト政府が従軍慰安婦などと言う制度を整える訳もなく、我国婦女子はソビエト兵の慰み者にされたのである。

 

 昭和二十一年春、三十名ほどの看護婦が勤務を命じられていた満州の首都・長春の八路軍長春第八病院に対し、ソビエト軍から「看護婦三名派遣」の命令書が届いた。数キロ離れた城小溝にあるソビエト陸軍病院である第二赤軍救護所へ一か月間の派遣を命ずるものであったが、実際はソビエト軍将校の慰みものとして使役する目的であったのだ。

 期限を過ぎても戻らぬ三名を案じていると更に三名、また三名を要求する命令書が舞い込む。

 思案している最中、鉄条網を搔い潜り満身創痍で脱出してきた一人の看護婦が実情を話し息絶えた。

 「私が慰み者になるのは耐えるが、これ以上同じ犠牲者を出さないでください。行かせてはいけません」それを伝えたいために命を犠牲にして脱出してきたのだ。

 六月二十一日、看護婦二十二名が青酸カリを服毒して集団自決を遂げた。「私たちは敗れたりとは言え、かつての敵国人に犯されるよりは死を選びます」、と記された遺書が残されていたのである。

 看護婦長は派遣したまま帰らぬ五名の看護婦が働かされていると聞いた長春のデパート地下のダンスホールを訪ねると肌も露わなイブニングドレスをまとった五名と出会う。

 婦長は一緒に帰ることを進めるが五名はこれを拒む。「毎晩七〜八名のソビエト将校の相手をさせられ梅毒を移されています。看護婦なのでこれが治らないことは分かっています。この身体でどうして日本に帰れましょうか。今は一人でも多くのソビエト兵を客として、この梅毒を移してあげたい。それが大和撫子としての最後のご奉公です」、と語ったのである。

 この悲劇は単に民間業者が軍の名を騙り婦女子を誑かしたというものではない。当時ソビエト政府の下に展開する軍隊が国家の意思によって日本人婦女子を貶め死に至らしめたのである。

 日本人はこの凄惨なる史実を忘れない。ソビエトがロシアに代わろうともロシア政府は反省と謝罪・賠償を以って償う責任がある。

 

ロシアは不可侵条約破棄の侵略を謝罪せよ   

同胞婦女子に対する凌辱殺害を謝罪せよ

全千島・北方四島と南樺太を還せ       

シベリア抑留の責任をとって賠償せよ

 

平成二十九年八月九日

ウラジミール プーチンロシア連邦大統領

エバゲーニ・ウラジーミロビッチ・アファナシエス同国駐日大使

                   政経調査会 代表 槇泰智

                   日本国民有志一同


コメント
ご支援・ご理解を頂きありがとうございます。右翼民族派の人たちは、とかく北方領土問題にばかり眼が向きますが、我々の先人が味合わされた屈辱と苦しみをロシア人に訴えることが重要です。ロシア人はまったく教育を受けてないから知らないのです。よって反省する理由など持たないのが現状でしょう。朝鮮人が日本に抱く恨(ハン)の思想とは全く異なります。ソビエトと言う国家によって行われた蛮行を認めさせる必要があります。
  • まきやすとも
  • 2017/08/13 5:48 AM
槇さん、抗議活動お疲れ様です。ロシアは本当にふざけた国だと思います。安倍首相は北方領土交渉の前進に期待しているようですが、ロシア側は北方領土返還の意思は微塵もありません。今こそ民族派は安倍首相に対して、一切の対露妥協が不要であり、かつて敗戦前後に塗炭の苦しみを味わった先人たちの思いを十二分に噛みしめるよう、求めるべきです。槇さんたちによる声明内容こそ、本来、安倍首相の口から言うべきことです。それができないがために、いつまでも日本はロシアや他の国から蔑まれているのです。
  • 支援者
  • 2017/08/13 1:03 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM