<< 2017年11月17日のつぶやき | main | 俺のレクイエム >>

議員はサラリーマンではない

 11月22日、熊本市で42歳の女の市議会議員が生後7ヶ月の子供を膝に抱いて市議会に出席しようとした件で、説得に当たり40分間も議会の開会が遅れたと言う事件。

 議員以外が議場に着席するなどあり得ない事であり、身勝手な態度は公人として許されるものではない。

 議員としての報酬を得ている訳であり託児所に預けるなり家族が面倒を看るなり対処方法はいくらでもある。

説得されて友人に預けたということであるから、最初から断られることを予想した上でのパフォーマンスであったのだろう。

子供を持つ女性の社会進出という問題で物議を醸したかったからというのが本音ではないのか。

以前から市議会議長に相談していたと言うが、後日ゆっくり話そうなどと曖昧な態度で接していたことも攻められるべきだ。ダメなものははっきり「ダメ」と、言わなければダメだ。

 

 国会議員においても育児休暇を取った例があったが、議員と言うのは国民の負託を受けて一定の期間、その職責に就く責務が発生する。

一般の公務員やサラリーマンが育児休暇を取得するのとは訳が違う。職場のチームワークでその欠員を補助することができるが、議員と言うのは言わば期間限定の請負業務であり、他の人では代わることができない。

 女の大工が家の新築を請け負ったが妊娠・出産があるので、その間工事を中断します、で施主の理解が得られるか。

一定期間スーパーの配送業務を請け負った女の自営業運送屋が同様に業務を放棄できるか、と言えばできる訳がない。

妊娠・出産・育児などの予定があれば議員のような職責を受けるべきではない。

イクメンなどという夫の子育ても同様である。

 

 自分で勝手に妊娠・出産しておいてそのツケを議場に持込むなど言語道断。

只でさえ人口過多のニッポン。だれも頼んで産んでもらった訳ではない。

少子化・人口減少などと言うスローガンでやたらと無意味な出生を煽る世間の風潮に影響されて

「産んであげている」と勘違いしている女がいるようだ。

この女議員も42歳で7ヶ月の子供ということは、明らかに40歳以降の妊娠・出産であると分かる。

母体においては母子ともにリスクを回避して健康に出産できるであろう適切な年齢と言うものがある。

その点から言って、この女議員においてはどの程度の思慮分別を兼ね備えているのか疑わしい。

 

 

【報ステ】“赤ちゃん連れて出席”熊本市議会が紛糾

11/22(水) 23:30配信

22日に開会した熊本市議会で、緒方夕佳議員(42)が7カ月の長男を連れて着席し、ともに出席したいと求めたが、議会は紛糾し、出席は認められなかった。市議会は「議員以外は傍聴人とし、傍聴人はいかなる理由があっても議場には入れない」という規則に違反することが理由だとしている。緒方議員はこれまで、妊娠中から相談していたというが、議会事務局は「他の議員に相談してはどうか」と助言。市議会の澤田議長は、21日に相談された際に「それは追ってゆっくり話そう」と対応したという。全国市議会議長会によると、議員が子どもを連れて議場に入った事例は初めて。緒方議員は「議員だから、特別だからということではなく、今の子育て世代が仕事と子育ての両立に悩んでいる状況を変えたい」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171122-00000055-ann-soci

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232091000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM