<< 2018年02月09日のつぶやき | main | 2018年02月12日のつぶやき >>

南朝鮮行を糾す@開会式前日【動画あり】

2月8日午後2時、安倍首相が開会式に出席する前日であったが最後通告という形で安倍首相が在籍する自民党本部に対し「渡航差し止め」を厳命した。

当日は保守系市民団体である新志会、そして北海道から福井氏が個人参加。

官憲の不当なる弾圧を跳ね除けて自民党本部に向けて演説。

その後、安倍首相の代理人であるシカマ氏を前に要請文を朗読し手渡しを行った。

「これは単なるセレモニーではない。確実に安倍首相に手渡すように」厳命する。

 

 

ユーチューブ動画

https://www.youtube.com/watch?v=k1HjPU1f-8k&feature=youtu.be

 

 要請文 (原文は縦書き)

 明日二月九日、南朝鮮のピョンチャンにおいて冬季オリンピックが開幕される。南朝鮮からの開会式出席要請に対し、当初は拒絶する意向であったと聞く安倍首相は一転態度を変えて出席するとの決定を下した。

厳命する。安倍首相はピョンチャンへ行くな。開会式へ出席するな。

 三年前の十二月に締結された所謂日韓合意によって最終的且つ不可逆的に解決したとされる所謂慰安婦問題を蒸し返し、改めて日本に謝罪を要求する動きを見せる国である。安倍首相が訪問するというのは、南朝鮮の主張を受入れたとのメッセージを発したと勘違いさせる、又は故意にそのように喧伝されることは明白である。

南朝鮮は慰安婦問題を戦時性奴隷制度と置き換え未来永劫に日本に対し謝罪・賠償を要求してくる国家・国民であることを忘れてはいけない。彼らにとって慰安婦は宗教であり、国民統合の国教なのである。

国を治める大統領においてはいつの時代でも、慰安婦像をご本尊として朝な夕なに手を合わせて日本に対する恨みつらみを訴える国民の意思を汲んで対日外交を全うする使命が課せられているのである。

今般のオリンピック開催においては会場近くに慰安婦像を設置して来場する世界中の人々に慰安婦問題を喧伝しようという動きすら起きている。

 昨年十一月のトランプ米大統領訪問時の晩餐会においては通訳を置かぬ状態でドサクサまぎれに自称元慰安婦の老夫人を近づけて抱擁させ、慰安婦問題を喧伝した実績がある。

今般の開会式においては入場行進に自称元慰安婦を登場させるくらいの狡猾さを見せてもおかしくない国なのである。

 我国固有の領土である竹島を不当に軍事占領している国。言わば現在進行形の侵略国家である。安倍首相がピョンチャンを訪問することで、領土返還に関する交渉・会談が持てる訳ではない。また慰安婦像撤去を厳命する覚悟を持ってブン大統領を会談の席に引っ張りだす道筋があると言えるのか。

拉致された日本人を解放する事なく、核開発・ミサイル発射によって世界から非難を浴びる北朝鮮の選手団と応援団を積極的に招待する南朝鮮が日本の同盟国であるはずはない。この時期に南朝鮮を訪問するのは北朝鮮の暴挙をも容認することである。

 平成九年に横田めぐみさん拉致が明るみになって以降、我々は被害者家族会と一体となって拉致問題の解決に励んできた。自民党にも積極的に協力を働き掛けてきたが自民党はNHKや朝日新聞と同様に無視してきた。むしろ積極的に拉致問題解決を妨害してきたのである。    

生産農家への配慮から人道支援という名目で北朝鮮にコメを送り続ける事で余剰米を買い上げてきたのである。家族会と共に寒風吹きすさぶ中、十数名でこの自民党本部前で座り込み「コメ支援反対」を訴えた。議員総会に出席する大勢の自民党国会議員は我々の存在を認めると車を加速して逃げるようにして駐車場に滑り込んでいったのである。

 二年後の9.17小泉訪朝によって北朝鮮が拉致の事実を認めると、それ以降手のひらを返したように自民党議員は誇らしげにブルーリボンバッチを胸に付けて選挙に臨んだのである。この日和見ご都合主義者の集団が自民党である。国民になんと申し開きをするのか。

 

 安倍首相のピョンチャン行きを許さない

 南朝鮮に慰安婦像撤去を厳命せよ

 日韓合意を遵守しない南朝鮮に鉄槌を下せ

 安倍首相は6年前総裁選の公約を守れ

 政府主催竹島の日式典を開催せよ

 尖閣諸島への公務員常駐、公約を守れ

 靖国神社参拝の公約を守れ

 

平成三十年二月八日

内閣総理大臣 安部晋三殿

  政経調査会 代表 槇泰智

  日本国民有志一同


コメント
南朝鮮にて開催中の平昌オリンピック来賓席に於て、日本民主主義人民共和国首相の安晋三(アン チンサム)同志が、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員長の金永南(キム ヨンナム)同志に自ら通訳員と共に駆け寄り、数分間立ち話をされた。
朝鮮と日本の友好同盟関係の継続、ならびに南朝鮮、中華人民共和国、台湾を含めた東アジア共同体構想についても語らわれたものと推測される。
南朝鮮の文大統領の訪朝を要求。実現すれば朝鮮(高麗)統一に向けて大きく前進するものと思われる。
  • 朝・日友好
  • 2018/02/12 12:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM