<< 2018年02月25日のつぶやき | main | 2018年03月05日のつぶやき >>

北見市に見る地方活性化の道筋

この街(北見市)には何もない。この街にいたら夢は適わないと思った。だけど、この街にいたから夢がかなった。

 オリンピックのカーリング競技で銅メダルを獲得した吉田選手の言葉は重い。

オホーツク海に面した最果ての街で暮らす人々の労苦は東京で生活する我々には計り知れない困難が伴うであろう。

故に若者は故郷を後にして東京などの都会へと流れていく。

それでも北見市は疲弊した北海道においては12万人の人口を維持して街を上げて人集めのイベントを打って活性化を図っている。

その最中にオリンピック出場のカーリング競技で全国的注目を集めたことで、更なる活性化を期待したい。

 

 若年層人口の流出を食い止め北海道東部地域の中核都市として活況を呈してほしい。

日本は人口減少社会と言われているが、東京だけが一極集中的に人口が増え続けている。

 小生が住む中野区でも次々に新しい住宅が建設されて、世界中から人々が押し寄せ益々の活況を呈している。

しかし、これらの人口集中は地方都市の人口を奪った結果に他ならない。

 文科省では東京における大学の新規学部増設を見合わせる案を出したが小池都知事は反対した。

利己主義・個人主義ではないのか。

自らには不利になる改革であっても日本全体にとって、有益であれば率先して進めるべき。

至当の公儀を働かせねばならないはずだ。

 

 日本の将来像を検討するならば、人口は現在の半分、6500万に程度が適正であろう。

北海道の538万人はそのままにして、1位の東京都1351万にから24位の鹿児島県164万にの各都府県は150万に減少する。

 25位の沖縄県143万人から47位の鳥取県57万にはそのままとする。

東京都は現在の11%に減少するのだから相当に風通しがよくなる。

狭隘道路も解消されて震災対策に適応した街づくりが容易になるだろう。

北海道に限らず北見市のような人口10万から20万人規模の中核都市には点在する山間部の人口を集約して、
そこに行政サービスや医療・教育・商業など全てを兼ね備えたミニ東京型の中核都市をつくる。
若年層にとって魅力溢れ利便性を兼ね備えた都市づくりをすすめるのだ。
東京の持つ魅力を地方にお裾分けする位の大改革が日本の将来を救う事になる。

 

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/curling/20180228-OYT1T50008.html

 吉田知那美選手は「正直この町、何にもないよね」と会場を笑わせた後、「(私も)この町にいても絶対夢はかなわないと思っていた。だけど、今はこの町にいなかったら夢はかなわなかったな、と思う」と涙声に。会場に集まった大勢の子どもたちを見つめながら、「たくさん夢はあると思うけど、大切な仲間や家族がいれば、夢はかなう。場所なんて関係ない」と力強く語り、場内から大きな拍手が送られた。

2018年02月28日 08時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM