<< 2018年04月17日のつぶやき | main | 2018年04月19日のつぶやき >>

問われるべきはテレ朝の労使関係と報道姿勢

問われるべきはテレ朝の労使関係と報道姿勢
 福田財務次官が女性記者にセクハラ発言を行ったと言われる報道を受けて4月18日に辞任を表明。
 翌午前零時にテレビ朝日が会見を開き自社の女子社員が「被害者」であると表明した。しかし、なんともおかしな話。
  報道機関であるテレ朝が事件として取り上げないと判断したので、会社の決定を無視して女子社員が勝手に週刊新潮に持込んだと言う。
 そして、テレ朝はその判断を誤りであったと認めている。ならば、会見の主旨は「福田次官によるセクハラ発言があった」、
という立証よりもむしろテレ朝の報道姿勢が重要視され責任の追及はテレ朝本体に向けられるべきではないか。
 

 

 嘗てTBSはオウム真理教を批判する活動をしていた坂本弁護士へのインタビュー映像を自局で報道する以前にオウムに見せたことで、危機感を持ったオウムが坂本弁護士一家三人を殺害するに至った。
 今回はオウムが新潮に代わったという構図だろうか。

 

 

 セクハラ被害を受けたと主張し世間もアノ録音された会話から「セクハラ認定」しているが、セクハラにも程度があろう。

触られる・性交をさせられると言った物理的なセクハラ又は性犯罪に比べれば極めて軽微な事案。

これをもって被害者が特定されるを恐れて、隠蔽までする価値がテレ朝側あるのか。

TBSワシントン支局長によって強制的に性交させられたジャーナリストと言われる詩織さん事件を徹底して無視し続ける

テレ朝を筆頭とするマスコミが今更何を言うのか。

 

「キスしていい?」「おっぱい触っていい?」程度の言葉で精神的ショックを受けるくらいの記者なら初めからそういった席に一人で行くな。

 年齢は明らかにされていないが、女性記者と言う立場を活用したからこそ財務次官という立場の人間とサシで会食する機会を得たのではないか。その結果として他社が知り得ない情報を得ようとしたであろう。

 上述の如き言動など、水商売に携わるホステスなら日常茶飯事のこと。「セクハラ受けました」と言っていたら仕事になるまい。

「ホステスとテレビ局社員は違います」、と言うならそれこそ職業差別であろう。

 

 数回の会食というが具体的に何時と何時で合計何回なのか。どういう種類の店なのか。飲酒を伴う席だったのか否か。

何の目的でどちらから誘ったのか。

費用はテレビ朝日が支払ったのか。女性社員の自腹なのか。はっきりさせるべきである。

テレ朝の業務として会食を持ったならばセクハラ発言も全て報告する義務があろう。

身の危険を感じて独自の判断で録音したというのも問題がある。

そもそも会社の許可を得ずに「身の危険を感じる」業務に就くことなどあり得ないであろう。

 

福田次官本人に関しては職責を別にすれば人間性の問題であり、「その程度の人物」として処理すればよい。

何処にでもいるスケベオヤジの一人。

むしろ、問題とすべきはテレ朝という会社の労使関係であり、マスメディアの報道姿勢である。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00183661-nksports-soci

テレ朝女性社員「とても残念」福田次官の否定会見に

4/19(木) 0:49配信

日刊スポーツ

 辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題について、テレビ朝日は19日午前0時から緊急の記者会見を行った。東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。

【写真】辞任会見し、財務省を後にする福田淳一財務事務次官

 当該の女性社員は精神的に大きなショックを受け、セクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないとの思いを持っているという。テレビ朝日は、「福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です」としている。

 テレビ朝日によると、女性社員は1年半ほど前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしたという。そのたびにセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために、会話の録音を始めたという。その中で今月4日、福田氏から連絡を受け、取材のために1対1で食事をした際にもセクハラ発言があったため、途中から録音を始めたという。

 女性社員はその旨を上司に「報道すべきでは」と相談したが、「本人が特定され、二次被害が起こる恐れがある」などの理由で「報道は難しい」との判断がなされたという。しかし女性社員は「財務事務次官という社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないか」と思い、週刊新潮に連絡し、取材を受けたという。

 テレビ朝日は「報道は難しい」と判断したことについて「適切な対応ができなかったことに関しては深く反省しております」と見解を述べると同時に、「当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは、報道機関として不適切な行為であり、当社としては遺憾に思っております」としている。

 またこの日の福田氏の会見を受け、女性社員は「とても残念。財務省には捜査を続けて事実を明らかにすることを求めています。すべての女性が働きやすい社会になるように心から願っています」と話しているとのこと。

 テレビ朝日は同日夜の「報道ステーション」の番組終了間際、社内調査の結果、福田氏に取材した同社の女性記者が福田氏からセクハラ被害を受け、その様子を録音していたことが分かったと報じた。

 福田氏は18日の報道陣の取材に対し、「あーんな発言をしたことはありません」とあらためて疑惑を否定。裁判で争う姿勢を示していた。テレビ朝日の発表で、被害を受けた女性記者とその時の録音が実在することが明らかになった。福田氏の主張と対立しており、福田氏は、今回のテレビ朝日の会見を受け、再度説明する機会が必要になりそうだ。

 テレビ朝日の緊急記者会見の案内は、テレビ朝日から18日午後10時半過ぎに発信され、「(セクハラ問題について)緊急にご説明いたしたく、ご参集くださいますようお願いいたします。急なご案内となり誠に申し訳ありません」との内容だった。


コメント
福田事務次官のセクハラ問題で、福田氏は辞任を表明しましたが、野党議員から辞任では満額の退職金がでてしまうといっていました。
それを受けて、麻生太郎はセクハラの事実調査を進めたうえで懲戒処分に相当するなら相当額を退職金から差し引くと述べました。
福田氏が辞任を表明してしまったことで、実害のない言葉でもセクハラ認定させてしまいました。
カトリーヌ ドヌーブは、しつこい誘いや、不器用な口説きを性犯罪と同一 視するのは間違いだと言っています。
ただ、現在フランスではフェミニスト運動が行き過ぎているとの背景があるようで、その背景からカトリーヌが発言したようです。
  • カトリーヌ
  • 2018/04/24 3:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM