<< 2018年06月24日のつぶやき | main | 2018年06月29日のつぶやき >>

金を払った観客を愚弄しているのか

 今朝のテレビではサッカーWカップの話題ばかりだろうと思っていたので、テレビは付けないですごした。

 昨夜の対ポーランド戦は日本が負けるだろうと思っていたので、始から観なかった。

日本が負けても決勝T進出の可能性を考えていたので、セネガルVsコロンビアの対戦を見ていた。

日本が負けてもセネガルが勝てば決勝進出。引き分けなら日本は敗退。

そしてセネガル敗れれば???、だったが、フェアプレーポイントにより1:0で敗れる場合に限って日本が決勝進出というのは知らなかった。

 

 リードしている試合ならまだしも、リードされているチームがパス回しで時間稼ぎとは、金を払って観戦に来ている観客を馬鹿にしてはいないか。

これもルールに則った正規のプレーといえばそれまで。

 

 だが、試合が終了して選手はガッツポーズや抱き合って喜びを表わし、スタジアムに向かって拍手したり。

 なんという醜態だろうか。負けて喜ぶアスリートがどこにいる。

 少なくとも周囲にはパス回しを見せられ落胆の中でブーイングを発した多くの観客がいる。

 それを承知でガッツポーズとはアスリートとしてもエンターティナーとしても失格。

試合においては負けたのだから、謙虚に反省すべきだ。

決勝T出場を果たした喜びは試合会場を離れ観客の眼に付かない場所で表わせばよい。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM