<< 2018年07月29日のつぶやき | main | 2018年08月01日のつぶやき >>

8月6日、日本人は原爆投下を忘れない

 6月の米朝首脳合意をもって両国の関係が改善したかにみえるが、所謂慰安婦問題に象徴される対日敵視政策においては、米国と南北朝鮮が更なる共闘関係にはいったと見ることができる。

 在米朝鮮人・朝鮮系住民の主導によって無秩序なまでに全米各地において設置される所謂慰安婦像と、その設置を看過している米国政府・当局の姿勢が如実に物語っている。

 日本によるアジア侵略を粉砕したアメリカ。そのための正当なる戦闘行為としての「原子爆弾投下」、という偏狭なる歴史観を覆すためにも、米国大統領による謝罪を勝ち取らねばならないのだ。

 非戦闘員たる無辜なる住民が虫けらのごとく瞬時にして大量虐殺された8月6日の広島、8月9日に長崎。この惨劇を忘れてはならない。

日時:平成30年8月6日(月曜日)午後1時

集合:アメリカ大使館正門前 東京都港区赤坂1−10−5

(勢力の拮抗によっては官憲による不当なる妨害により坂下のJT本社前に強制移動させられる可能性もあり)

ウィリアムFハガティ駐日大使又は代理人を呼び出して抗議文の朗読手渡しを実施

 

連絡先: 政経調査会 槇泰智 09031354069


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM