<< 2018年09月09日のつぶやき | main | 2018年09月11日のつぶやき >>

千葉県警は私の車を返してください

 私は中古車輸出会社を経営しているんだけど、中古車の販売とかオークション代行やレンタカーもやっているんです。

 たまにレンタカーを使用する青年・T氏が弊社の中古車を購入してくれたんです。

前金を幾ばくか支払い残りは8月末という約束だったんです。

 だから名義は私が所有者のままなんです。で、8月の末になってT氏と連絡が取れなくなり、入金の無い私はえらく困ったんです。

 T氏の友人から電話があり「T氏は逮捕されたみたいだ」、と言われたんです。

携帯電話の履歴からT氏の奥さんに連絡したら千葉県警K警察署に留置されているというんです。

罪状は酒気帯び運転。

 まあ、それはいいんですが、K警察はなんで車の所有者である私に連絡しないんでしょうね。

「槇さん、あなたの車で酒気帯び運転されてますよ」、って。

捜査上の事柄だから公表できない、って問題ではないでしょう。

 ナンバープレートをチェックしたり車検証を見れば所有者が私であることは分かるんだから、むしろ捜査を進展させる上でも所有者と運転者の関係を問い合わせるとか積極的に動くべきではないのかな。

 そして、警察が私の車を返却しない理由はなんなのか。

捜査が継続中なので検察が証拠物件として返却を許可しないとか、訳がわかりません。

 本人がこの車に乗車し酒気帯び運転しました、と認めているのに車を所有者に返却しない必要性がどこにあるのか。もう、これは嫌がらせとしか思えないのです。

 酒気帯び運転した本人に対してなら分かりますが、何故第三者の私に対してこのような仕打ちなのか。面会に行ったところ本人は「この程度の事で、、」とふて腐れていましたが、

酒気帯び運転は、この程度の事ではないんですよ。重大な犯罪であると釘を差しておきました。

それにしても二回目の勾留が付くとは厳しいですね。

通常なら切符切られて免停か取消しくらいなんじゃないかな。

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM