<< 2018年09月21日のつぶやき | main | 2018年09月28日のつぶやき >>

9月29日「反中共デー」集会デモに参加

所謂「日中国交正常化」と称される亡国外交から46年が経過します。

毎年行われている9月29日の「反中共産デー」。今年は土曜日になります。

毎年の事ですが私も参加します。

主催者・参加者も殆ど前面に出して主張る事はしませんが、

私は「長野聖火リレーの暴乱から10年」という事を大々的に訴えたいと思います。

支那人によって長野市内が侵略されたあの光景を忘れてはいけない。

そして支那人による暴挙を日本の官憲が看過した事実を重く受け止めるべきなのです。

以下は主催者からの呼びかけ文です。

 

平成30年9・29反中共デー東京大会のご案内

 

 暴支膺懲!

 暴戻支那討つべし!

 暴戻支那とは、「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなわち中共の事です。中共は「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、我が国の敵国です。断じて友好国ではありません。

 昭和47年9月29日、我が国は中共との国交を樹立しました。この46年間、主権侵害、内政干渉、領土・領海・領空の侵犯など、中共による敵対行為は数限りなく繰り返されてきました。中共の脅威に晒されているのは、我が国だけではありません。満洲、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなどに対する侵略・虐殺・苛政。台湾に対する併呑の野望。中共に支配されている全ての人民たちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言できます。

  私たちは草莽とはいえ、興亜憂国の志士と自負しています。この重大な危機を坐視する事はできません。平成14年9月29日、所謂「日中国交正常化」30年の秋、私たちは中共との国交断絶を目指して、9・29反中共デーを開催しました。昨年も東京だけではなく、北海道(札幌)でも、中部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘争は展開されました。本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友の皆さんが共に起ち上がり、共に闘う事を熱望します。勝利を信じて、闘いましよう。

 

[日時]

9月29日(土)雨天決行

    午前11時〜集会開始

    正午〜行進出発

 

[場所]

三河台公園(東京都港区六本木4−2−27/六本木通り沿い/俳優座の横)

 

[合意事項]

(1)国旗の掲揚は大歓迎します。また、旭日旗やZ旗の掲揚も歓迎します。

(2)南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなど、中共に侵略され、独立を目指して戦っている国々の方が、ご自分の国家や民族を象徴する旗を掲揚する事は歓迎します。

(3)超党派の運動の為、会旗など団体の旗を掲揚する事は禁止します。

(4)拡声器の持参は歓迎します。

(5)車輛での参加はご遠慮ください。

 

[連絡事項]

  本年も東京大会だけではなく、北海道大会(札幌)も、中部大会(名古屋)も、関西大会(大阪)も、九州大会(福岡)も、開催される予定です。

 参加者には記念品を贈呈します(数に限りがあります)

 

  平成30年9月

 

平成30年9・29反中共デー東京大会共闘委員会

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM