<< 組合の忘年会に出席 | main | 2018年12月07日のつぶやき >>

12月8日は開戦記念日

  昭和16年12月8日、我が連合艦隊はハワイオアフ島に展開する米国太平洋艦隊基地を攻撃し甚大なる損害を与えた。

 奇襲攻撃と言われた、また無謀な戦争との見方もあるが、何故ゆえに開戦の火蓋を切らざるを得なかったのか。

 欧米を中心とする白人列強による過酷な世界支配に対し、有色人種たる日本人が戦いを挑み3年8ヶ月に渡る戦闘を展開したのだ。

 同じ人間とさえ認識されない有色人種が絶対的支配者と思われていた白人国家に対し猛然と戦いを挑んだのだ。

 この史実は未来永劫世界史から消し去る事はできない。

 最後まで欧米諸国と激闘を展開した日本人の歴史は、未だもって第三世界の民から伝説となって賞賛を受け続けている事実が存在する。

 しかし戦後73年を経て未だにアメリカを中心とする大国の覇権主義が世界を覆いつくし、理不尽なる搾取が展開している。

 大東亜開戦から77年。アメリカ合衆国の出先機関である東京・赤坂の米国大使館を訪問し、

トランプ米国大統領に対する抗議文を提出する。

土曜日だから大使は不在だという言い訳は成立しない。

我々、心ある日本国民の生の声を本国に伝える使命がある。

午後2時に訪問するのでしかるべき対応・接受を実施することを要求するものである。

 

政経調査会  槇泰智

日本国民有志一同


コメント
真珠湾攻撃の直前、公海上で米海軍ワード号が我が国ミニ潜水艦に爆雷をした。
  • 地方の元支持者
  • 2018/12/09 2:59 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM