<< 11月25日(月曜日)午後6時「憂国忌」 | main | 戸田市「ミュージックサンディー」盛況に開催 >>

「桜を見る会」悪弊は撤廃せよ

「桜を見る会」で安倍首相が自身の後援会の人間を多数呼び寄せていた問題。

公費を使って地元後援会の人間を接待したことが公選法に違反すると野党から批判を浴びている。

衆院を解散まで追い込むと意気込む野党に対し、保守層からは「国政において難問が山積する中でくだらない事で安倍政権の揚げ足をとるな」、との意見もある。

 そして、攻撃する立憲民主党も自分たちが政権与党にあった民主党時代に似たように不明確な基準で招待者を選定していたとの指摘がでてきた。まさに自ら放った矢がブーメランとなって返って来た格好だ。

だからと言って桜を見る会の招待者選定問題がうやむやになって良い訳ではない。

 国家に対する功労者を招待して桜を愛でるという趣旨で公費を使って開催してきたのであるから、選定基準が時の政権・総理大臣によって恣意的に運用されていたとすれば問題である。

 政権に就く者が自分勝手に運用してきたという悪しき因習が存在してたならば撤廃し改善すべきである。

民主党政権時代の悪弊を指摘されるのを恐れ、自民党安倍政権を批判できなくなるのであれば、まともに太刀打ちできるのは共産党だけになってしまうのだから。

 

 

髪型もビシッと決まった野党のリーダーだ

C1B6P4-UAAAtYEL.jpg

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM