<< 2020年07月08日のつぶやき | main | 2020年07月10日のつぶやき >>

当時は遊び場が閉店だったから外出しなかっただけ

 本日の東京都における新型コロナウィルス感染者数は243人で過去最多となった。

7月1日のエントリーにおいて、感染する事させる事を厭わない人々が存在する以上、すぐに100人に到達するだろう、と書いたところ翌日には100人を突破した。

 最近の感染者は水商売関係の若者など無症状者が多いという事で、4月〜5月の非常事態宣言下のように連日死者が出ると言った状態ではないので、悲壮感も少ないように見られる。

 

 緊急事態宣言下において都内の繁華街では人通りが途絶え閑散としていた。

普段と比べ70%〜80%減少したと伝えていた。

テレビのワイドショーなどでは司会者が「法律で強制された訳でもないのにきちんと外出自粛を守っている。日本人ていうのは素晴らしいですね」、とコメント。

 それを見た所謂保守の人などは嬉しくなって「ミヤネ屋もたまには良いことを言います」とインターネットで発信していた。

 何を見当違いのことを言っているの。日本人が素晴らしいとか日本は良い戦いをしたとか、愛国陣営にいる立場で日本人を称賛したい気持ちは分からないではないが、現実を直視してもらいたい。

 

 緊急事態宣言が解除され営業自粛要請が出ていない現在、飲食店など遊ぶところは通常営業。

だから人々は無自覚に渋谷・新宿・池袋と言った繁華街に出てコロナウィルスを広めているのです。

要は当時は遊ぶところがクローズしていたから外出しなかっただけ。

コロナ対策と言った自覚をもってステイホームしていた訳ではないのです。

 

「小池都知事は東京から外に出て行かないで」と要請したが政府の見解と異なると言うことで、前言を撤回。

都道府県をまたぐ移動は自由となっている。

 だから、東京から観光で沖縄に行き陽性患者と判明した20代女性は批難の対象とはなっていない。

東京から山梨に行き陽性判定を受けて帰京した20代女性が実名を晒されて一大バッシングを受けた時とは隔世の感がある。

 

いまは政府公認の下で「気を付けて感染してください」的な状況にあるのだ。


コメント
槇さんは特上の辛口だが、「ミヤネ屋もたまには良いことを言います」などと評したことは、
少々甘かったことは否めない。反省!  
  • マスキ
  • 2020/07/12 9:16 AM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM