<< 民主&公明の連立政権で、日本壊滅か | main | 22日の地裁前の街宣 >>

鬼畜・創価学会。いい加減に往生しろ

  7月22日(水曜日)午後2時30分から東京地裁503号法廷において審尋
高倉良生都議が申し立てた街宣等禁止の仮処分申請が決定された事に対し、私が「異議申立て」を行った事に対する審尋。
 法廷を使用するものの今回も非公開。
裁判官と創価学会=新麹町法律事務所の3人の弁護士。それと私だけ。
今回の裁判官は同じ民事第9部でも岡崎克彦とは別の裁判官。
針塚遵氏。
 まあ、普通に話を聞いてくれる訳だが、前回の決定を下した、岡崎に比べると物凄く良い人に思えてくるから不思議だ。
 私が提出した資料を見れば高倉が不正請求を行ったことは誰でもわかる。
高倉の弁護士がいくら強弁を垂れようとも、一般常識で考えてそれは詐欺行為なのだ。
いったい、何台の車を使って9日間で1,037リットルを使ったのか。

 平成21年6月25日・朝日新聞(夕刊)の14面において「選挙カー燃料代請求『きちんと』」という見出し記事における

「1日で204リットルを給油したと申請していた都議は『知識不足で2台分を請求した』」とは高倉の事であるのか、そうでないのか、
はっきりとしろ。

 当日、私が提出した主張書面に対し、高倉側弁護士が8月5日までに反論書を提出。
 私が8月20日までに、それに対する反論書を提出して結審する。


コメント
創価学会による一連の人権侵害の犯人は熱原と沖浦一派です。彼らは東村山市議朝木明代を殺害したのみならず、東京都町田市相原845−9に住んでいる創価学会員田中卓也宅に人工知能並びに思考盗聴装置や音声送信装置を持ち込んで人権侵害行為をしてます。 田中卓也は極悪人で奴のtel0427737425です。 池田犬作もまた然り。
  • 原田
  • 2010/06/18 2:36 AM
りゅう学会員は必死だなw
朝木さんと、伊丹さん、他多数の犠牲者の無念を晴らそう!日本国民の力で。
  • りゅう改
  • 2009/07/27 10:05 PM
ここまでのコメを見ていると
りゅうさんは、何か失言を引き出せないかと挑発しているだけのようにしか見えないのは私だけ?

朝木議員、伊丹十三の死に創価が係っていると私も思ってますよ。
思うのは勝手でしょ。
考えを述べただけですぐ名誉毀損...
そういうところが『言論弾圧』なんですよ。
  • TOMBOW
  • 2009/07/26 8:07 AM
りゅうさん
高倉良性都議のガソリン不正請求については?
どのような見解ですか?
  
せ・つ・め・い・していただきたい

  • 槇さん支援
  • 2009/07/25 11:57 PM
アンフェア!?いやいや。裁判ではなく、審尋ですから非公開は当然ですし、嫌なら槇さんが代理人弁護士を立てたらよろしいでしょ。
にしても裁判官までもを創価の手下の如く書き連ねるのは如何なもんでしょうか?

伊丹十三氏も創価が…!?ですから皆さん、情緒ではダメです。確たる証拠を…。
  • 白い粉
  • 2009/07/24 9:36 PM
http://blog.livedoor.jp/ryuopinion/

これは、重大な名誉毀損の記述が投稿されましたね。

>朝木市議や伊丹十三の死に創価は深く関わっているだろう

これは、どういう意味ですか?

説明していただきたい。

さらに、管理者のまきやすとも氏は、このような名誉毀損の発言を放置するのですか?

管理者責任も問われる事態と言えます。

まき氏の見解をおうかがいしたい。

伊丹監督の死についてです。お答えください。

レッテル貼りの常習犯である創価信者が、そんな事言っても説得力の欠片もない。
朝木市議や伊丹十三の死に創価は深く関わっているだろう。この2人だけじゃない。まだまだ多数の犠牲者が存在している。拉致問題と同じ
  • りゅう改
  • 2009/07/24 4:06 PM
http://blog.livedoor.jp/ryuopinion/

なるほど。

もう敗訴を前提として、「良い人ではない裁判官」とレッテル貼りの準備を開始しているということですね。

よくわかりました。

敗北宣言をもう出されたのですか。
りゅうさん
きちんと読んでくださいね。
槇さんは、針塚裁判官が「物凄く良い人」だとは言っていませんよ。
「岡崎裁判官に比べると物凄く良い人に思えるから不思議だ」と、言っているのでしょう。
その前には「良い人ではないにもかかわらず」って文章が省略されていることに気がつきませんか?
日本語の文脈として。
  • 支持者
  • 2009/07/24 7:47 AM
http://blog.livedoor.jp/ryuopinion/

1ヵ月後には、「物凄く良い人」と評価している針塚遵裁判官についても、まき氏は

「創価の手先」

と言っているだろうと予言しておきますよ。
弁護士を頼まないことも、「お金がないから」と認められた。

以前、私が同じ事を述べたら、

学会と戦う弁護士がいないからだ

・・・なんて、強がってたのに。

こちらもトーンダウン。
まきさん、主張がずいぶんとぶれてますね。

朝木市議の死について、

「創価学会の犯罪であるということが強く懸念されている」

「限りなく創価学会による殺人に近い犯罪」

とトーンダウンしています。

昔は、学会に殺されたと断言していたのに。

裁判所の判決でも、他殺とは認められないことが確定し、到底、「殺人」と断言することなどできないと、ようやく理解できたのですね。

これは現行の司法制度がおかしいのです。にも、拘らず改革が行われていない。弁護士という職業人の既得権益が擁護されているのです。
全く法律的な知識が無い、口下手で敵の弁護士相手に弁論を張れない。
しかし、弁護士に依頼する金が無い。そういった人間はどうすればよいのでしょう。
多少の法律的知識を持つ父親や会社の社長に付き添ってもらって、アドバイスをもらったり、代わって論陣を張ってもらう。
それさえも許されない。刑事なら凶悪犯でも国選弁護人がつくのに、自らの意思によらないで、一方的に民事で訴えられた人間を擁護する制度が無いのです。
これは職業弁護士による独占禁止法違反ではないですか。
  • まきやすとも
  • 2009/07/23 10:03 PM
非公開で槙さん一人というのはアンフェアとしか言いようが無い。
反日テロ組織である創価の司法介入を阻止しない限り、日本人への人権蹂躙は続きますね。
槙さんお疲れ様です。
  • 2009/07/23 3:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM