<< 校友会も支部によって、それぞれ事情が違うのよ | main | 次回の第二回口頭弁論は1月27日 >>

千葉英司、元・東村山警察署副署長の全面敗訴は決定済み

  東村山署の元副署長、千葉英司が政経通信の記事で社会的
 信用及び評価を低下させられたと、私に100万円の損賠賠償
 を請求した裁判の第一回口頭弁論が11月18日(水)
 午後1時30より東京地裁立川支部で行われる。
 正午より立川駅北口デッキで街宣をやる。

 

中立公正な立場に立って以下の事実を鑑みるにつけても、万引き事件は冤罪であり、自殺ではなく殺人事件であると断じるのが妥当であるとの結論に達したのである。

 

    洋品店STILLにおける明代に対する目撃証言と当日の服装が異なる事。

    万引きしたとされる店頭に吊るされたTシャツにはビニールのカバーが掛けられており、

被害届をだしたSTILL店主、戸塚節子の証言通りであれば、ビニールカバーの内側に手を突っ込んでハンガーから取り外し、中のTシャツだけを持ち去ったことになり、ビニールカバーには明代の指紋が付着しているはずである。しかし、東村山署ではこのビニールカバーから指紋の採取を行っていない事

L逝紊万引きで書類送検直後、原告千葉は報道関係に対し「明代が万引きを隠そうとして同僚議員の矢野穂積とアリバイ工作をしようとした疑いが濃い」と発表しやにもかかわらず、裁判で証人尋問されると「アリバイ工作をした」などとは言っていないと供述した事。

ぅ咼覦豎に入居するモスバーガー店長の「飛び降りたんですか」と、いう問に明代が「いいえ、飛び降りていない」と答えている事。

東村山警察署では遺族への遺体の面会を拒み続け、遺族らが対面できたのは事件の一報が東村山警察署に入ってから6時間半も経過していたこと。

上記の司法解剖も捜査も行われていない段階で、鶴見刑事課長が遺族に向って「自殺だよ、自殺」と、繰り返し叫んだ事。

東村山警察署では明代の遺体を棺にいれて、火葬する準備に入っていた。遺族らは司法解剖

を要求したが、当初は難色を示し、東村山警察署は行政
     解剖を主張した事。

明代の上腕部内側に何者かに強い力で掴まれたような
      皮膚変色がある事。

所在不明の明代に対し矢野穂積が午後10時33分東村山警察署に行方不明である電話を入れ、119番へも通報した。午後11時前には現場に落下して倒れているのが明代であると、東村山警察署の須田豊美係長は知っていたが、矢野穂積に連絡したのは翌9月2日午前3時であった事。

明代は9月2日に高知県で開催される「創価学会問題シンポジウム」に講師として出席する予定で、殺害された当日は自宅で講演の原稿を作成していた事

殺害される直前の午後9時19分事務所にいた矢野穂積に対し「ちょっと、気分が悪いので休んでいきます」と電話がはいった。録音されていたこの声を日本音響研究所で鑑定したところ、平静を装っているが究極の極限状態の声であると鑑定している事。

明代が転落させられた午後10時、「ギャー」という悲鳴と、ドスンという音を複数の人が聞いている。覚悟の自殺であれば悲鳴は上げないだろうという事。

9月2日に警察犬を入れて現場一帯を捜索したが、明代の靴も鍵の束も発見されなかった。

が、その夕方には2階裏の階段踊り場で、鍵の束が発見された。警察犬や関係者が去った後に何者かが置いていったと考えられる事。

9月11日に東村山署の遺失物係りから、通常の落し物同様に「会計課に取りに行く」よう連絡があった。

靴が見つかっていないのであるから、自殺なら自宅から裸足で歩いていった事になる。

諏訪町の自宅から殺害現場まで裸足で歩けば目立つので目撃者がいても不思議ではないが、一切目撃情報がない。

 

そして、

創価学会系列の雑誌「潮」は平成7年11月号において、「世間を欺く『東村山市議自殺事件』のから騒ぎ」というタイトルで明代が万引きを苦に自殺したと断定する記事を掲載した。

明代の遺族が提起した名誉毀損事件について、
      平成14年3月28日、東京地裁判決では、

「朝木明代議員が万引きしたという事実もなく、朝木明代議員が同僚の矢野議員とアリバイ工作をした、という事実もない」、と認定している。

 

これだけの事実を見れば明らかに自殺ではないことが判明する。

しかしながら、本事件は殺人事件であったか、自殺であったかを問うものではない。

被告槇の「本件記事」が原告千葉の「社会的信用及び評価を低下」させたか否か、そしてこれが損害賠償の対象になるか否かを問うものであり、これ以上の検証は不要であると判断される。


コメント
すみません。朝木さんのお名前を間違えました。ついでに言うと、あの団体は、コミは何も伝えなくても、実体はマフィアのようなものだと、実はもう多くの人々は知っているのだと思います。ではなぜ、みな見て見ぬふりをするのか…答えは実に簡単です。怖いからです。
  • 2009/11/19 3:42 AM
中野区での街宣活動お願いします。
  • HAGETAKA
  • 2009/11/18 10:41 PM
いつもブログを拝見している者です。少しだけ裁判を傍聴させていただきました。さまざまな事柄から、東村山の件は某カルトの仕業にちがいないと私は思います。側聞ですが、亡くなった浅木さんはそのカルトの脱会者の窓口にもなっていたというじゃありませんか。もしそうなら構図はあのオウムと同じです。ことわっておきますが、私は思想的になにかを持つ者ではありません。ただ日本を蹂躙しようとする反社会的な団体が許せないのです。その点でまきさんに共感する者です。負けないでください。時間があればまた出かけていきたいと考えています。
  • 2009/11/18 7:20 PM
>KOH 2009/11/17 10:15 PM
大丈夫ですよ、フツーに生きてりゃ万引きの罪をおっかぶらされることなんかありませんし、メリットも無いのにそんな事する暇人もいませんから。
最近多いと言われている、和解金目当てでの痴漢冤罪とは違いますので。
  • TIN
  • 2009/11/18 12:28 PM
何を主張されても構いませんが、特に必然性も感じられないのに、店名や個人名をわざわざ明記するのはどういうことなのでしょう?
意図していないのなら無神経すぎますし、意図してらっしゃるのなら単に私怨を発散しているだけにしか見えませんよ。
  • TIN
  • 2009/11/18 9:49 AM
「潮」裁判の東京地裁判決のどこにこのような記述があるのか示していただきたいものですね。

「真実性」と「相当性」の意味がわかっているんでしょうか?
おっ
劉さんも陳さんもまだ来てないね(キョロキョロ)

しかしなんというか、これだけ
「簡易万引きでっちあげ制度」が
まかり通ってしまうと、誰でも万引犯に
仕立て上げることができますね。

私も気をつけないと...
皆さんも気をつけましょう。
  • KOH
  • 2009/11/17 10:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
遺族年金 手続き
遺族年金の手続きについての情報です。
  • 遺族年金 手続き
  • 2009/11/25 8:22 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM