<< 体制依存型なのかな? | main | この値段で腹いっぱいになりゃ、文句はないよ >>

創価学会の走狗となったとも言える、千葉英司の裁判

  元東村山警察署副署長の千葉英司が政経通信の記事によって
 社会的評価を低下させられたと100万円の損害賠償を求めた
 裁判の第2回口頭弁論が1月27日(水曜日)に東京地裁立川
 支部の404号法廷において開かれます。
 時間は午後1時20分。第2回目なので、おそらく10分位で
 終了するでしょう。
 引き続き1時30分から西村修平氏(主権回復を目指す会代表)
 が、千葉英司によって訴えられた裁判があります。
 こちらは結審となる裁判です。
 傍聴自由です。

 1月27日(水)、12:00からJR立川駅北口
 の空中広場において
 創価学会とその走狗となった千葉英司を
 糾弾する街宣を行います。
 プラカード等の持参歓迎です。ご参集の程、お願いします。

 千葉英司は、一昨年の9月7日の当ブログのコピーを証拠
 書類として添付して侮辱されたと息まいています。
 「こんな腐れ外道が警察幹部OBだったとは驚きです」
 これが侮辱だと?
 警察OBが洋品店のオヤジであると身分を偽って人を騙して
  いるのだから、これを腐れ外道と思うことがなにが悪い。
 民間人が「私は警官だ」と言えば罪になる。
 罪にはならないが、「店の人間だ」と嘘を言った事を非難されて
 そんなに悔しいか。
 

コメント
>S信者はここに二度と来るな!というのになぜここに来る?
答え。
TINはS信者じゃないからです。
創価って書けないのは、槇さん本人ですか?
  • TIN
  • 2010/02/03 6:31 PM
S信者はここに二度と来るな!というのになぜここに来る?
恐らくS信者の自らのブログには日本の一割にも満たない信者しかアクセスがないから朝から晩までおおびま状態! だから反Sのブログのコメント(まき氏黒田氏ら)に死ぬまではりつくってことなのでしょう。もしそうでないと言うのなら自分のブログ内でやれない訳をここにくる限りは絶対に説明してください! 反Sのだれもがここにしつこく粘着しているSのコメントなど見たくもききたくもないのだから。
  • まえに創価はここに来るな!と警告があったはず!
  • 2010/01/29 1:09 AM
敗訴ばかりのカルトの取り柄はしつこいだけの、粘着クズ。責任者池田大作を逆に訴えて下さい。創価信者の迷惑行為、ストーカーの責任は、朝鮮大作にあるのですから。
  • 敗訴ばかりのカルト信者訴訟。
  • 2010/01/27 8:49 PM
そうそう。あともう一つ確認したいことが。

まきさんは、やっぱり千葉さんの「嘘」を批判しているようですから、「嘘」は嫌いなんですよね?

裁判で、「嘘」なんかつきませんよね?

答弁書なんかでは、もちろん「嘘」つきませんよね?
洋品店乱入を千葉氏に阻止され、「情けない右翼」呼ばわりされたのが、そんなに悔しいんですか?
  • TIN
  • 2010/01/26 11:37 PM
>警察OBが洋品店のオヤジであると身分を偽って人を騙しているのだから、これを腐れ外道と思うことがなにが悪い。
まず、ここで事実誤認してるんですが。
  • TIN
  • 2010/01/26 11:34 PM
勘違いされるといけませんので一応ね。

まき・黒田氏VS創価学会裁判の話ですよ〜。
まきさん。ちょっとお尋ねしたいのですが。

私のところに寄せられた情報では、まきさんの代理人である高池勝彦弁護士から裁判所に送られた書面に気になる記述があったそうです。

日付は平成22年1月13日。

タイトルは「書類送付の件」。

この書面で高池氏は、直筆で

(なお、現在、当事者間で和解の話が進んでおりますので、認否のみです)

と書いていました。

今回のエントリーは、この

「当事者間で和解の話」

が決裂したと考えてよろしいのですか?
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM