<< 「千葉英司」と言う変質 | main | 鳩山短命政権か >>

そういえば、そんな人物もいたなァ

 
「針生一郎死去」との報道あり。
朝日では「反権力の美術評論家」の見出しで写真入りで報道している。
針生一郎と言っても一般には馴染みのない人物。
私とて暴対法反対運動に関係していなければ、知らない存在だったろう。
 
平成4年、所謂「暴力団対策法」なる法律が成立しようとしていた。
これは「法の下の平等」を逸脱し、所属・身分によって特定の網を掛ける法律である。
これを許せば、右翼と称される政治団体にも規制がはいる。
また、アウトローを地下にもぐりこませてマフィア化が進み、治安の悪化に拍車がかかる。
と、いうことで反対運動を行っていた。
 
1月に行われた日本共産党行動派の新年会に参加。
集会のあとで、前代未聞の右翼・左翼・任侠の3派合同によるデモ行進が行われ
マスコミ等で大きく取上げられた。
集会では壇上で来賓・主催者が挨拶。
その中で、「日本知識人会議」(これも、随分と傲慢な名称だが)の針生一郎が話しだした。
その中で、何を思ったのか天皇制のルーツは朝鮮半島にある。差別の根源である、とか延々と話だした。
そして、終わると皆拍手している、私の周りにいる一水会の人間も自然の流れに従ってか拍手。
こもまま黙っている訳にはいかない。
即座に立ち上がって、「ちょっと、待ってください。我々は暴対法反対の一点で、今日此処に来ている。
天皇制反対などと言うのであれば、我々は一緒にはできない」と正論をぶち上げた。
 
主催者から来賓として呼ばれていた針生が何も知らないまま、いつもの調子でしゃべりだしたというのが
実態のだったようだが、この日のデモ行進を伝える翌日の新聞紙面では、私の発言を捉えて
「一部足並みに乱れがあった」とか書かれていた。
 
後の懇親会では鈴木邦男から、「槇君ダメじゃないか。みんな怖がってたよ」、と言われたが
本気で「ダメだよ」、と言っていた訳ではないだろう。
その時は鈴木も来賓として壇上にいた訳だから、針生のような侮辱発言に対して、
居並ぶ右翼陣営が沈黙していたのでは沽券にかかわる。
私の一声で右翼は救われた、と言っていい。
 
当時は山口組や会津小鉄会の関西の任侠団体が参加。
関東の住吉系は距離を置いていた。
当局に言いくるめられた、と言われている。
暴対法は山口組を弱体化して関東進出を阻止させるためだ、という事で
関東のヤクザは反対運動に加わらなかった経緯がある。
因みに当時の運動の核になったのは山口ではG組だった。
 
ここでいう日本共産党とは代々木の共産党から分派した日本共産党行動派であり、組織は全く別。
徳田球一の一派であり、針生同様に除名された過激派の人々である。
主に「人民戦線」の名称で活動している。
 
その後も、この暴対法反対運動は3派共闘で継続していたが、法律が施行されたことで立ち消えになった。

針生一郎氏死去 前衛美術評論の草分け

5月26日21時15分配信 産経新聞

 前衛美術評論の草分けで、文芸や社会評論まで幅広く手がけた針生一郎(はりう・いちろう)氏が26日午後0時2分、急性心不全のため死去した。84歳だった。葬儀・告別式は未定。喪主は長男、徹(とおる)氏。

 東北大を卒業後、東大大学院で美術を専攻。大学院在学中に花田清輝、岡本太郎らの「夜の会」に参加し、評論家としての素地を作った。昭和28年、共産党に入党したが、35年の安保闘争で共産党指導部を批判して除名処分に。その後は文学、美術、建築、デザインなどジャンルを超えた文化全体で批評活動を展開する一方、国際美術展などの企画にも携わり、若い芸術家に大きな影響を与えた。

 和光大教授、岡山県立大教授などを務めた。主な著作に「修羅の画家」「針生一郎評論(全6巻)」など。

コメント
警察と創価学会の関係については、後藤元組長も「憚りながら」の中で述べてているが、月刊ペン事件の隈部大蔵氏が名誉棄損でいきなり逮捕された問題については、矢野絢也元公明党委員長がそのいきさつを書いているし、また元警察官僚の平沢勝栄議員は創価学会がらみの事件の捜査をしていると創価警察官が捜査情報を漏えいしたり、公明党の議員が圧力をかけにくると述べている。また、平沢議員が、創価学会と警察の問題について記述のある著書を出版しようとしたら、創価学会は、出版妨害をした。同じく元警察官僚の亀井静香議員は静岡県警の創価学会に対する姿勢を批判したことがある。創価学会員が他人の投票入場券を盗取し他人になりすまし投票するという前代未聞の事件をおこしたき、竹入元公明党委員長が捜査を止めるよう警視庁の首脳にはたらきかけた。その結果きちんとした捜査がなされず、事件が拡大しなかった。NTTドコモ通話記録窃盗事件の犯人の創価大学職員(当時)は、元警視庁の職員だった。
  • 創価撲滅
  • 2010/05/31 12:30 PM
矢野絢也元公明党委員長の本には、池田大作が新聞記者と会えとの指導していたと書いてある。なんで宗教団体のトップが新聞記者に会えという指導をするのかね。宗教活動と全く関係ないのに。
  • マスコミは大丈夫か?
  • 2010/05/30 2:23 PM
相撲界と暴力団の関係についてはテレビや新聞で取り上げられているのに、後藤忠政元組長の発言は取り上げられない。やはり、街宣活動は大切ですね。
  • マスコミ大丈夫か?
  • 2010/05/29 6:23 PM
全国警察官約28万8451人(2008.3現)の警察の方々へ【うち学会員数約3割?】

素朴な疑問です。警察官は我々の血税で学会の犯罪を一切、刑事事件として取り締まらないで一体どうしようというのですか?

「国民の生命を自らの命を捧げてでもおまもりします」という使命感はマニュアルにはあったとしても故意にそれを破っても全員何てことなく定年までいられる。それが警察官の現実」のように見受けられます。学会信者による殺人事件もいくつかあったじゃないですか。あなたの警察署の上司がすべて信者であったとしても罷免されるのを覚悟の上で国民の安全をまもりたい警察官が28万5千人のなかに本当にひとりも存在しないのでしょうか?これをみた警察官の方がおられれば仕事の休みの日にでもまき氏の街宣を見に来てください。そしてあなたが国民の命をしっかりまもっています!と宣言されるのならばその証拠を私たちに見せてください。お休みの日に私服で良いので街宣活動をやって下さい!この活動は我々国民の有志のすることではなくあなたたちの義務ではないでしょうか?(言論の自由は法律で保障されているから絶対に罪にはならないんでしょう?) 我々は公務員の中で頼める方は最後は警察しか存在しないのだから邪教が奇跡的に白日の下に晒されればあなた方は罪人になるのですよ!
毎日24時間集団ストーカーで苦しんでいる国民の気持ちがあなた方にはひとつもわからないのですか? 口蹄疫問題の農水省のトッフと同じマインドなのですか?
良心が本当に痛まないのですか?
28万8451人の一人にどうかどなたかなって我々善良な国民の生命・安全を救ってください! お願いします!
  • 我々を助けてください!
  • 2010/05/29 6:22 PM
天皇の朝鮮起源説のようなトンデモ説は、学会ではきっちりと完全否定されているね。しかし竹島の朝鮮領土説と同じように、半島側がときどき吹く。ほざく。その場で真っ先に否定したのがまき氏であるとすれば、立派な事だ。素晴らしい事だ。
  • 2010/05/29 3:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
在日特権と法科大学院批判の勘違い1
雇用能力開発機構かながわによる能力開発総合大学校における職業訓練風景↓(詳しい説明は下の方にあるtagで「雇用能力開発機構」をクリックしてください) 有名な牧野フライスの工作機械を使っていますね。 0お知らせ 1在特会批判 2法科大学院への誹謗中傷
  • 東京のばかやろーブログ
  • 2010/05/30 7:55 AM
まっとうな国民
少し疲れたのでお知らせはお休みします。 (2/3)【シー・シェパード第一回公判】 http://www.youtube.com/watch?v=gtiUIx5LRvQ ☆関連サイト☆ http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51522847.html http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudo
  • 東京のばかやろーブログ
  • 2010/05/29 6:42 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM