<< 「ザ・コーヴ」上映に抗議するのは表現の自由の範疇です | main | 「ザ・コーヴ」を観ると、「イルカ漁反対」論者になるのか? >>

横浜ニューテアトル前で上映の中止を訴える

 
7月11日(日曜日)。映画「ザ・コーヴ」を上映する、伊勢崎町の横浜ニューテアトル前において、
上映中止を求めチラシ配布と街頭での訴えを行う。
運動の趣旨に賛同して10数名の人々が参加して、共に声を上げた。
このささやかなる抗議行動ではあったが、神奈川県警からは大勢の官憲が周囲一体に配置されるなど、
異常なまでの警戒振り。
また、インターネットやメール・電話などを通じた警告もあり、当日は妨害が入ることが予想された。
ニューテアトルに向って道路反対側の歩道から演説を始めると、映画館の前に陣取った一団からは
活動の中止を求めるプラカード掲示と共に、罵声が浴びせられた。
こちら側の参加者からはこれに反発する雰囲気もあったが、こういった行動には一切の「無視」を押し通した。
映画館側に対しては、「要望書」を朗読し手渡し。
そして、全員でのシュプレヒコールで締めくくった。
映画館とそのサポーター側に対しては、なんら文句の付け所のない、
純粋なる上映に対する抗議活動であった。
正に「表現の自由」の範疇における示威行動。
しかし、このささやかなる行動を起こすことが困難な状況にあるのが、現下ニッポンである。

 横浜ニューテアトルの長谷川喜行支配人は表には出てきませんでした。
 映画の配給会社であるアンプラグドの加藤武史社長が初めから終わりまで、我々の行動の一部始終をビデオで撮影していました。
街宣禁止の仮処分請求を行うための証拠資料にするためでありましょう。

しかし、用意したチラシは、あっという間になくなってしまった。
周囲は伊勢崎町の商店街である事もあったが、人々の関心は高い。
自分から手を出してチラシを受け取る人々が後を断たない。
演説を開始するまでには完布状態となっていた。

 

映画「ザ・コーヴ」上映中止要望書

 

 

貴映画館で上映中の映画「ザ・コーヴ」(以下、「映画」と言う)においては制作の意図・動機、そしてその撮影方法や表現方法において多くの問題を含んでいる。

この映画は西欧白人文明を中心とした、片務的価値観によって、日本で古来から継承されてきたイルカ漁を悪と決め付け、漁に携わる漁民をマフィアと称している。これは和歌山県太地町の漁民のみならず、日本人を蔑視した反日映画と謂わざるを得ない。

 一方では、欧米白人が如何に日本人とその食文化を見下しているかを検証することで、白人欧米文化を無秩序に賛美する現代日本人に対して、ある種の覚醒を呼び覚ますという側面もある。

しかし、それとて民間団体からこの映画の上映に対する抗議行動が惹起されたからこそ、世間の注目を浴びたのであり、それがなければこの欺瞞だらけのドキュメンタリー映画が、本当のドキュメンタリーとして、日本人の脳幹中枢に蔓延するところだったのである。

 

この映画の持つ欺瞞性については今更、事詳細に述べる必要もないが、簡潔に述べるならば、

一、映画の主役となる漁民の承諾を得ないで盗撮によって制作された商業映画であること。

二、漁民達は映画の被写体となる事を拒否していること。

三、イルカに含まれている水銀値には根拠がなく、無意味に悲惨なる水俣病の映像を導入していること。

四、イタズラに漁民を挑発した部分は削除して、漁民が怒り出す場面だけを映画で使っている

こと。

  白人女性が涙を流す場面においては、全く別に撮影したイルカが死ぬ場面を重ね合わせるなど、ドキュメンタリー映画と言うには程遠い、単なるプロパガンダ映画である事。

 

ドキュメンタリーでないものをドキュメンタリーと称するのであるから、これは商品の偽装表示である。ドキュメンタリー作品の表示を信じて鑑賞した観客においては、詐欺にあったにも等しい状況である。

 

以上の点については、映画鑑賞前の事前学習によって克服することが可能でると甘受するとしても看過できない問題もある。

五、映画上映の興行収入が映画製作者を通じて、犯罪者組織シーシェパードの活動資金となり調査捕鯨船に危害が及ぼされる事になる。

勿論、シー・シェパードは資金提供の事実を隠蔽するだろうが、製作者側のリチャード・オーバリーがシーシェパードのメンバーであったことは事実である。監督のルイ・シホヨスが立ち上げた海洋保全協会のウェブサイトのパートナーズにシーシェパードのリンクがあるなど、その関係は明らかである。

 

ここまで問題を含んだ映画を「命懸け」で上映し続ける意図は何処にあるのか。

貴殿においては、映画製作者と同様の、「残酷なるイルカ漁の撲滅」を訴えるという明確な意図があるのか。

七月六日に放映されたNHK総合放送の「クローズアップ現代」において言論人として出演した貴殿は「表現の自由」を駆使して、「映画の上映」という、己の主義主張を全国の視聴者に訴えた。

これは、貴殿の意思の下に映像が全国の視聴者に配信されたものであるが、映画におけるイルカ漁師においては、預かり知らぬところでの盗撮という手法で虚偽の事実が全世界に配信されたのである。

貴殿とて自らの意思の及ばぬところで、意図的に繋ぎ合せた映像で、全く別の作品が作られたとするならば、到底看過できるものではないはずである。

同じこの島国に生まれ育ち、豊饒なる海の恵によって生きながらえてきた同胞として、真実に向き合うならば、欧米白人の一方的な価値観の強制には屈することができないはずである。

貴殿が日本人としての良心を取り戻し、この映画の上映を中止されることを要望するものである。

 

平成22年7月11日

横浜ニューテアトル支配人  長谷川喜行殿
                                    政経調査会 代表 槇 泰智
                                    日本国民有志一同


7.11 「ザ・コーヴ」を上映する横浜ニューテアトルは上映を中止せよ!
http://www.dailymotion.com/video/xdzyog_y7-11-yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

7.11 「ザ・コーヴ」を上映する横浜ニューテアトルは上映を中止せよ!
http://www.dailymotion.com/video/xdzzfz_y7-11-yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

7.11 「ザ・コーヴ」を上映する横浜ニューテアトルは上映を中止せよ!
http://www.dailymotion.com/video/xe006q_y7-11-yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

7.11 「ザ・コーヴ」を上映する横浜ニューテアトルは上映を中止せよ!抗議文
http://www.dailymotion.com/video/xe016e_y7-11-yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news


$新・創価学会の集団ストーカー日記

$新・創価学会の集団ストーカー日記

コメント
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy 350 v2
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sandals
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 9
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas yeezy
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sale
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade sale
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ yeezy boost
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon shoes
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin trainers
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes wallets
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflops clearance
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora jewelry
http://www.jordans11shoes.us.com/ air jordan xi
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air max women
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry official site
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 2 shoes
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas nmd
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan retro 12
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma sneakers mens
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max 90
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 3
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max 90
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp le pliage
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
http://www.kd10-shoes.us.com/ lebron james shoes
ドリフトliuyuzhen
今後の話として理想的には、ワシントンポストとかどこかの新聞に一面広告もして、この映画が「捏造映像を使って人種差別・偏見を助長するとんでもない映画」ということを世界にアピールして、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞の取り消しや、DVD発売自粛を勝ち取れれば、理想的だね!
  • 2010/07/13 11:52 PM
>>ださ

中野区役所職員=創価
の方が数百倍強大でしょ?
  • KOH
  • 2010/07/13 11:13 PM
ブタの一味か(笑)
  • 2010/07/13 4:48 PM
中野区役所の職員相手にはえっらそうに威嚇するマキさんが、今回はどうしたんですか?
やっぱ、相手が、抵抗できないことがわかりきっている弱い者いじめのときだけですか、生き生きしてるのは?
ホームレスになるのは構わないが、あんたのような卑怯な人間にだけはなりたくないよ。
  • ださ
  • 2010/07/13 1:03 PM
拡声器を使って直接入り口の中に向かってアジをはじめたときはドン引きでした。
あれじゃ室岡さんたちに警察の犬呼ばわりされても仕方がありませんね。
  • やまだ
  • 2010/07/13 10:44 AM
また訴えられちゃうのか……。
  • あらら
  • 2010/07/13 10:07 AM
槇さんご自身の報告、興味深く拝見しました。

ただ、現場で見ていた一人として、この箇所が気になります。
>映画館の前に陣取った一団からは活動の中止を求めるプラカード掲示と共に、罵声が浴びせられた。

罵声を槇さんたちに浴びせていたのは2もしくは3人。プラカードなど掲示していませんでしたよ。槇さんの創作と思います。

お仲間が撮影したビデオにプラカードが写っていたらどの箇所か教えてください。

なお、私もチラシをいただきましたが、撒いていたのは槇さん独自のチラシではなく、修平さんも使っているtamagawaboatさんのチラシでしたね。
  • 「主権」とは無関係かしら?
  • 2010/07/13 9:35 AM
>>日本人の脳幹中枢に蔓延するところだったのである

あはは。そういう比喩を使うなら、大脳辺縁系の海馬を直撃すると言うべきでしょう。
記憶と同時に、精神的ストレスによるPTSDや鬱にも関係している部分ですから。
  • 愛国者と右翼はまったく別物
  • 2010/07/13 9:18 AM
>>片務的価値観によって

語彙の使い方を間違えてません?

確か片務って言葉は、民法の契約に関する専門用語ですよね?確かそうだったと思って、
ネット国語辞典で片務を調べてみたら、

片務とは、
契約の当事者の一方のみが義務を負うこと。 ⇔ 双務

片務的価値観って言い方はおかしいと思いますよ。
  • 愛国者と右翼はまったく別物
  • 2010/07/13 9:08 AM
おつかれさまです。

ブタの挑発には笑えました。
  • 2010/07/13 8:06 AM
まき氏お疲れ様。
問題の最大点は、「捏造映像を駆使して、日本民族に対する差別と偏見を助長しようと宣伝している事」だと思うよ。それはドキュメンタリーではなく、言論の自由により守られるものではない。
「菅総理は韓国人」と大々的に宣伝して言論の自由だろうか? それは違う。ウソは言論の自由で守られるものではない。それと同じで、この映画の上映は、本来は許されるものではない。
  • 2010/07/13 1:28 AM
毎度、逆効果ご苦労さまです。これで、映画館に足を運ぶ人も増えるのではないでしょうか。チラシまで配ってますからね。ただ、今回は冷静に抗議されていたのは感服いたしました。
  • まきまき
  • 2010/07/13 1:13 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
第22回参議院選挙結果について
上記画像3つをクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 シーシェパード関連動画です↓。 警視庁が国際指名手配しているテロリスト・ポール・ワトソン率いるシーシェパードが作った映画が「ザ・コーヴ」であるが、この映画を買い
  • 東京のばかやろーブログ
  • 2010/07/13 5:24 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM