<< 口頭弁論が明日と来週に連続で二件 | main | 新潟市内中心部の小学校跡地を支那に売却するな >>

判決言い渡しは23年2月9日午後1時10分

 創価学会の箱崎慎一が私に400万円の支払を請求し、私が100万円の支払を請求して反訴した、裁判の最終弁論が、11月17日、東京地裁でに行われ、全ての審理が終了。
判決は平成23年2月9日午後1時10分から、東京地裁第721号法廷にて言い渡される。

最終弁論終了後、地裁正門前で創価学会公明党を糾弾する街宣活動を行う。
犯罪者集団を糾弾


児島、咆哮する

雨でも街宣

平成
21年(ワ)第25767号 損害賠償請求事件

平成21年(ワ)第36771号 損害賠償請求反訴事件

反訴原告 槇 泰智

反訴被告  箱崎慎一

反訴原告第6準備書面

                           平成22年11月17日

東京地方裁判所民事第40部1B係御                                           

                    反訴原告  槇 泰智

一、提訴が批判封じの威圧行為である事実

1. 平成21年(ワ)第25767号 損害賠償請求事件は、単なる「著作権侵害」を問うものではない。

創価学会・公明党への批判を封じ込める目的による言論弾圧を狙った、威嚇・嫌がらせ目的の提訴である。

被告・槇が創価学会・公明党所属の都議会議員高倉良生の行った犯罪行為を公表したことが、創価学会・公明党に打撃となり、平成21年7月12日に投票が行われる都議会議員選挙において、獲得票が減少するのを恐れた為、平成21年6月19日、東京地方裁判所に対し、「文書配布禁止等仮処分命令」の申し立てを行った。(乙第8号証)

これと連動して高倉良生は同日、東京地方裁判所にビラ配布を禁止させるための「仮処分命令」の申し立てを行った。(乙第23号)。

これら二つの申し立ては同日に行われており、創価学会・公明党の主導によるものであることは疑いようがない。

 

2.上記の二仮処分命令が発せられた以降も被告は仮処分命令に抵触しない範囲で、創価学会・公明党への批判を継続した。

これに対し更なる危機感を抱いた創価学会・公明党は平成21年7月14日に被告・槇を被告とする「平成21年(ワ)第24284号 損害賠償請求事件」で2640万円を請求した。

(乙第24号証)

そして10日後の平成21年7月24日に本件「平成21年(ワ)第25767号 損害賠償請求事件」の提訴を行っている。

 更には創価学会・公明党の意向に従って元・東村山警察署副署長であった千葉英司が平成21年9月8日に被告・槇を被告として100万円の損害賠償請求事件「平成21年(ワ)第2512号」を起こしている。

これら提訴は全て被告・槇による創価学会・公明党への批判を封殺する事が目的であり、被告が裁判へ集中せざるを得ない状況下で、創価学会・公明党への批判活動を行う時間を奪うと共に、多額の損害賠償を支払わせる事で、生活の基盤を破壊することを目論んでいることは明らかである。

 

3.平成21年6月14日に実施した東村山市内での広報宣伝活動も含め3件の仮処分命令が下された事については、創価学会が発行する「聖教新聞」の平成21年7月2日付けで、三件が同時に報じられている。 (乙第25号証)

本事件における「著作権の侵害」とは単なる名目であり、実態は創価学会・公明党批判を封じるための威圧目的であることは明白である。

 

4.本事件を起こされたことで、被告は多くの時間を裁判のために費やし日常生活に多大な支障を来たしている。

また、裁判の被告となり400万円もの賠償請求を受けたことは心理的にも大きなプレッシャーであり、精神的な負担を考えれば100万円の請求は当然である。

被告は文書配布禁止命令申し立て書が送達された平成21年6月下旬の段階ですぐに、本件写真が掲載された甲第3・4・5号証の配布を中止している。

原告が問題としない都議会ホームページより転載した写真を使用した乙第5号証のチラシに切り替えている。

その後も、平成21年6月29日の裁判所による「仮処分決定」に全面的に従って本件写真の使用を行っていない。今後も行う意思も必用もない。

原告は被告の所在地を熟知している訳であり、著作権を主張して本件写真の使用の中止を求めたいのであれば直接、叉は代理人を通じて申し入れる機会は幾らでもあった。

にも拘わらず、提訴という手段を選択したこと事態が、創価学会・公明党の意向を汲んだ威圧行為と言える。

 

二、著作権の侵害を行っていない事実

1.被告は政治活動家である。訴外・高倉良生による平成17年7月の都議選の選挙活動における、選挙カーの燃料費水増し請求という詐欺行為を有権者に広報宣伝することが目的であった。

そのために情報公開条例に則って都選管から不正請求の証拠(乙第1−1、1−2、1−3号)を取り寄せた上で、チラシ(甲第3、5号証)を作成して有権者に広報宣伝したものである。

必ずしも高倉良生の顔写真を掲載する必然性はなかった。当時、高倉良生の顔写真入りポスター

が中野区内各所に多数掲示されていたことでもあり、チラシを受け取った人が同一人物であると認識し易いように顔写真を掲載した。

更に此処では、本件写真でなくてはならない必然性は全くなかった。

高倉の写真であればなんでも良かった。

たまたま見た、高倉のホームページの中にあったので、本件写真を転載したに過ぎない。

原告が撮影者であり、原告に著作権があることは知らなかった。

チラシを作成した当時はホームページ上に、「ALL RIGHT RESERVED」の表記はなかった。

表記がなかったことを以って、「原告に著作権が存在しない」と、主張するものではない。

原告訴状の「イ 著作者人格権侵害」(8ページ)では、「悪宣伝のビラ等に、改変した写真をあえて用いたのである」「撮影した原告の思いをあざ笑うがごとき態度すらみられる」等、いささか感情的な憎悪むき出しの表現を用いて被告を糾弾している。

しかしながら、被告は原告とは面識もなく、そもそも本件写真の芸術性については当初から興味もない。よって、著作権上の財産的価値を踏みにじるとか略奪する意思は無いのであるから、原告の訴え自体が効を成さないのである。

 

2.著作権法第三十二条における「正当な目的による引用」の範囲における転載であり、何らの違法性は無い。

現に、原告は刑法上の著作権法違反罪で被告を警視庁に刑事告発したが、受理してはもらえなかったか、実際の捜査には着手されなかった。

にも拘わらず、自らが所属する公明党の機関紙「公明新聞」の紙面(甲第17号証)を使って、被告があたかも犯罪者であるがの如く実名の敬称略で記事にしたことは悪質極まりない。

この甲第17号証についても、被告からの公表要求には応じないで、裁判所からの要請に従って渋々と提出したものである。

 

三、原告証言における虚偽の可能性

1.平成22年9月15日の証人尋問において、原告は平成21年6月17日に被告が演説を行い賛同者がチラシ配布を行っている中野駅北口へ車を運転して行った、と証言しているが、これは信用できない。

 後日、創価学会信者であり公明党職員でもある栗岡哲平氏、若しくはその関係者からの要請を受けて、原告となることを承諾したと見るのが自然である。

平成21年6月19日の原告陳述書(甲第10号証、乙第22号証)においては、本件写真の著作権者であり、撮影の経緯と無断使用された事に対する憤りだけが陳述されている。被告が広報宣伝活動を行い、賛同者がチラシ配布を行っている中野駅北口まで車を飛ばしたのであれば、それまでの経緯と情景が記述されていなければならない。

翻って、同日の栗岡哲平の陳述書(乙第21号証)においては、平成21年6月17日に中野駅北口で被告の広報宣伝活動に遭遇するまでの経緯が記載されている。

しかしながら、その中では原告に電話で知らせたこと。原告が車を運転して現場に来たこと等は一切記述されていない。

原告陳述書では、栗岡から写真使用の事実を知らされたこと、原告が中野駅北口まで確認しに来たという重要な事実につぃては全く触れていないのである。

被告からの証拠申出書を受けて、口裏を合わせたと考えるのが自然である。

2.原告は栗岡からの電話受けて、代々木上原付近から車を運転して、中野駅北口まで15分ほどで到着した、と証言している。

栗岡の陳述書によると、「午後4時半ごろ、中野駅北口ロータリーに向いました」、とある。

公明党本部職員という立場から勘案すると信濃町の公明党本部から向った、と思われる。

到着してから配布されているチラシを受け取って内容を確認し、原告に架電したとするならば午後5時くらいであろうか。

代々木上原から中野駅北口までは一般的に井の頭通りを右折して中野通りを北上するコースが考えられる。(乙第26号証)

両通りは共に片側一車線の道路であり、水曜日の夕方5時ならば渋滞しているので早く見積もっても30分はかかるであろう。中野通りを北上する間には、甲州街道と方南通り、青梅街道を横断する。特に甲州街道を渡る際には渋滞が予想される。原告が証言する「15分位で到着した」は、信用できない。

原告は車の中からチラシ配布の様子を見ていた。あのような事をやる連中だからまともな人間ではない。関り合いになるのはやめようと思った。車からは降りなかったと、証言している。

車を止めて、被告が演説しているロータリーの北側【A】の様子が見える場所となると中央線ガードを潜った直後の中野通り左側【B】と言うことになる。(乙第27号証)

BからAまでは約70メートルの距離があり、演説する被告から更に離れたところでチラシを配布している賛同者の姿と行動を確認するのは不可能である。

B地点はバスターミナルの出入路となっているので、長時間の駐停車は不可能である。

栗岡から電話をもらい、わざわざ中野駅まできたのであれば、安全な位置に駐車してからでも、問題のチラシを受け取るのが自然である。

創価学会・公明党の指示ではなく、自らの意思で提訴に踏み切ったという口裏合わせのための偽証である公算が大きい。

当日の通話記録等の提出もなく、原告の一方的な証言を信用するのは困難である。

 


コメント
お世話になります。とても良い記事ですね。
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
創価学会を潰すのは簡単である。
 
お釈迦さまは紀元前5世紀ごろに生きられた方である。
それに対して法華経は紀元(ゼロ年)前後の成立であるから・・・500年ものズレがある。
ゆえに法華経がお釈迦さまの真実の教えを述べているわけがない!
・・・であるからして
法華経を絶対とする創価学会を潰すにはこの事実を流布せしめればよい。
「法華経にはお釈迦さまの言葉は書かれていない!」
「ゆえに南無妙法蓮華経と題目を上げても成仏などできない!」
・・・と街宣したりチラシ配りをやったほうが創価学会には嫌がられるはずである。
 
ワシも創価学会の集会には5回か6回は参加したが・・・
上層部が指示するから仕方がなくやっているだけで、底辺の学会員は政治には関心がなく・本当は信仰だけに生きたいのが本音である。
 
その信仰の根本が崩されれば創価学会などひとたまりもなく崩れる。
無学な有門や瀬戸などは街中で怒鳴るだけであるが、賢明なるみなさん方は硬軟使い分けては如何か?
・・・なお今回これの参考書籍は「人は輪廻転生するか」(平川出版社)である。
  • 柳生大佐
  • 2010/11/19 1:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
東京都青少年の健全な育成に関する条例改正その2
上記映像に関しては 判決言い渡しは23年2月9日午後1時10分 http://makiyasutomo.jugem.jp/?eid=575 を参照してください。 上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 今年の技能五輪↓ 映像は↓のch1
  • 東京のばかやろーブログ
  • 2010/12/23 10:49 PM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM