<< このまま潰される訳にはいかないでしょう | main | 靖國Tシャツが入荷します >>

菅チャン。まあ、シッカリおやんなさいな、、、、応援はしないけど。

 
 自民党と公明党が菅内閣の不信任案を提出。
明日にも採決が行われる模様。
特に菅直人を支持するものではないが、今の我が国は震災により甚大な被害を受け、
原発事故も収束していない。
この状況下において、菅内閣の揚げ足取り、そして倒閣とは、何を考えているのか。
自民・公明といった売国政党が不信任案を提出し、与党内からも小沢一郎のグループがこれに同調。
民主党内部から何人の国会議員が同調するか微妙な情勢にある。
 
 本当に国民の生活、被災者の救援を考えるならば、こんな内閣でも国民が一丸となって支えて
復興への道筋を付けるのが、使命ではないか。
 菅直人が社民連出身の左翼だとか、民主党が左翼政権だとか、そんなことは政権を取る前から分かっていることだ。
それを承知の上で国民は2年前に民主党に政権を与えたのだではないか
 しかも、不信任に賛成の態度を示す鳩山由紀夫は自分に与えられた総理の座を任期途中で投げ出して、
菅に押し付けた張本人でなのだ。
 自民党の最もダーティーな部分を背負った小沢一郎は18年前の自民党時代に、今回と同様に
宮沢内閣の不信任案に賛成し、新生党を作り細川連立内閣の下で、与党の座に居座った。
今回も同様の目論見であろうか。
しかし、当時の細川内閣は1年も持たずに崩壊。
小沢は、あっと言う間に野党に転落。
その後自由党として自民党に擦り寄って連立政権を形勢。
仲違いした後に、民主党に拾ってもらい民主党の代表にまでさせてもらったのではないか。
これは、左翼政党であるとか関係ない、政治家である前に人間としての信義の問題である。
 
 単純に民主党は左翼政権だから打倒しなければならないと、思い込んでいる所謂保守という人々もいるようであるが、
政治の世界はそのような二分極式に物事の善悪を決せられるものではない。
 右か左か。愛国か売国か。近代史における我が国の立場をどの様に評価するか等々捉え方は複雑に作用する。
左と右という横軸に対しては、日米関係を如何にとらえるのか。
日米安保や原爆投下の是非、イラク・アラブ諸国に対する覇権的介入、イスラエルに対する取扱い等々、縦軸として議論すべき相違点は山ほどある。
そして、今回は原発に対する対応、エネルギー政策論争も追加される。
 
 「菅直人は左翼です」「シン・ガンスの釈放署名をしました」「枝野は革マル派です」、と声高に批判していれば愛国的だと勘違いしている所謂保守が存在しているらしいが、何処に自らの考察視点をすえているのだろうか。
原発事故の対応については、左翼が原発反対だから、これに同調すれば左翼と言われてしまう。
だから原発に賛成しようといった、付和雷同のネット右翼感覚に陥った輩もいると聞く。
 枝野にしても震災後の記者会見の度に、必ず国旗に対しチョコンと一礼しているではないか。
革マル派であると吹聴する御仁はこの、言動を如何に解説するのか。
国旗・国歌に礼を尽くさないで「愛国」を口にする自民党議員よりはマシではないか。
 
 そもそも、55年体制の下で政権与党の座にいた自民党がどれほどまでに国家を貶めてきたのか。
公共工事などの箱物利権を得る代わりに、左翼勢力に対しては思想の利権を与えてきた。
口では「誇りあるニッポン」、とか言いながら、教育界では左翼・日教組が跳梁跋扈するのを座視し続けてきた。
 3年前に国籍法の改悪を成し遂げたのは、自民・公明連立政権ではなかったか。
外国人女性から生まれた子供でも、出産後に日本人男性が「父親」、と名乗り出れば無条件で日本国籍を与える。
我々、及び所謂保守層が外国人参政権付与反対を声高に叫んでいる最中に自民党は、平然とこのような仕打ちを食らわせてきたのだ。
翻って民主党政権が成立して2年近くが経過するが、未だに外国人参政権の成立には至っていない。
むしろ、自民党・公明党政権が継続していれば、成立していたのではないかとさえ、思えてくる。
 
 10年間に渡り、犯罪者集団である創価学会を支持母体とする公明党と蜜月な関係の仲で、提出される内閣不信任案などが
採択されれば、またいつか来た道に逆戻りするだけであろう。
忘れてはならない、2年前の総選挙では自民党候補者の殆どは、公明党の推薦をもらって立候補したのだ。
東京選挙区では24候補者中、23人が公明党の推薦をもらっている事実を考えれば如何に自民党という物が我々、
民族派陣営の目指す方向と相反しているかが理解できよう。
 
 我々は、「この自民党」と、「自民党的な物」に対しては、完全に非なる存在である事を、内外に明らかにするものである。
口先だけの「愛国」が如何に空虚なものか。
そして、これらの言説が如何に心ある日本人を翻弄し惑わせてきたか。
所謂ネット系右翼と称される人々は、この自民党的な物に洗脳された被害者でもあろう。

 早いもんで今日から6月か。
世間では「スーパークールビズ」とか言って軽装を奨励しているようだ。
 建前上は冷房を効かせなくても済む様にネクタイ等の堅苦しい身なりをやめましょう、と言うことらしいが。
テレビで観たけど、酷いね。
旗振り役の環境省か。
アロハシャツ着て登庁しているのがいるね。

 こりゃあ、単なるサンダル履きの比ではない。
これが国民の奉仕者たる公僕のいでたちかね。

渇を入れに行かんとならんな。
ふざけた格好した職員は一人づつ晒し上げだな。


コメント
>とくめい

どこがや。
原発事故対策はIAEAからも好評価を受けてます。
小さなところで足の引っ張り合いをやってるのが自民党公明党みんなの不信任案提出でしょう。
菅総理は早く電力事業の国営化へと梶をきるべきだ。
  • 韓朝シナ人は大嫌いだ!
  • 2011/06/02 6:53 PM
菅は宰相としての力量も資格もない
だが何より問題なのは国家体制だ
議院内閣制ではどうしても政治決定が遅くなる。絶対君主制や大統領制、一党独裁政治だったならばもっとマシな対応ができたであろう
  • 鉄血宰相
  • 2011/06/02 1:38 PM
先生

まさに右翼の敵は右翼なんですね

特に米国や自民党の走狗たる朝鮮右翼は

最大の敵じゃないですか?
  • まきまき
  • 2011/06/02 12:23 PM
原発事故の対応みると共産主義のソ連のほうがマシに見えますね
原発安全神話が崩壊したら、放射能は健康に良いというやからまで出現する
カネのためなら子供が放射能で死んでも関係ねーって連中ばかり
邪悪な資本主義を共産主義が討伐したのには正義の道理があるのでしょう。
  • とくめい
  • 2011/06/01 11:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/06/10 11:07 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/06/02 1:53 PM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM