<< 裁判だけが「絶対正義」ではない。 | main | 脱原発!愛国デモ行進(10月22日) >>

10月17日に「政経懇話会」を開催します

 
10月4日(火曜日)主権回復を目指す会の主催する街宣活動に参加
経団連会長の米倉弘昌が社長を務める住友化学本社を訪問しました。
 
【動画】 『経団連会長』売国・守銭奴の住友化学(米倉弘昌)を糾す
youtube

http://www.youtube.com/playlist?list=PLBCBEEEC870707C7B

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15798611

住友化学米倉弘昌


【政経懇話会】のお知らせ
 
 愛国陣営、または保守と称される、所謂「右」の陣営にあって、何を機軸において行動の指針を計るのか。
 横軸において右を愛国で、左を反日、または反戦平和と位置づけるならば、
 クロスする縦軸において、上を反・脱原発として、下に原発推進・維持とする。
 そうすると自分達の立ち居地は何処になるのか。
 横軸の右にあっても、脱原発の我々と、原発推進の所謂保守においては、上下で対立的立場にある。
 「反原発」は左翼の専売特許なのか。右・保守えあれば、原発推進は当たり前なのか。
 左翼が反原発を訴える以上、左翼に対抗する為には、原発推進を唱えるべきなのか。
 先祖代々受け継がれてきた、この麗しき日本の山河を荒廃させ「死の街」に変えさせた原発を容認するのが
愛国陣営の本分なのか。
 
 こう行った従来の左右を超えた対立としては20年前のイラク危機・湾岸戦争においても同様の構図がありました。
右であればアメリカ支持はあたりまえ。
そんな中で、「イラク支持」を表明した右派は極めて少数でした。
「愛国運動の機軸」として冒頭、私が話をさせて頂きますので、原発・震災への対応を絡め、参加者で意見を交換したいと思うのです。
原発推進派の方も大いに意見をぶつけてください。
 
 後半は懇親会形式で歓談
 お弁当とオツマミ、飲み物が付きます。
会場分担金を含め2000円です。
 飲食物の持ち込み、差し入れ歓迎です。
 活動資金のカンパ頂ければ幸甚です。
日時:10月17日(月曜日) 午後6:30〜9:30
場所:nakano.F (中野駅北口下車徒歩5分)
   http://nakanof.jp
問い合わせ:
090−3135−4069 
まき やすとも
 
以下は「主権回復を目指す会」からの呼びかけ文
 
 稠箙顱守銭奴の住友化学(米倉弘昌)を糾す>
 日時:10月4日(火)11:30から
場所:住友化学本社 東京都中央区新川2丁目27番1号 東京住友ツインビル(東館)
http://www.sumitomo-chem.co.jp/company/group/access_tokyo.html
◆欧州を訪問した米倉弘昌経団連会長らは4日、パリで原子力大手アレバ社のモックリー上席執行副社長と会談し、
同社の協協力の下で経済界として原発を推進していく方針を表明した。同社は六ヶ所村で再処理を日本から丸受けして
いるフランスの国策会社。フランスがノーといえば立ち入り検査が全くできないのが六ヶ所村、ここは実質的にフラン
スの租界地と言っていい。


◆稍鮮による慰安婦強制連行のでっち上げを許すな>>
 日時:10月7日(金) 11:30から
 場所:韓国大使館 東京都新宿区四谷4−4−10
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/487/84/N000/000/000/123872804720416214707_sinchosyamap.jpg
◆韓国外交通商省は15日、在韓日本大使館の総括公使を呼び、日本統治時代の慰安婦の賠償請求権を確認するた
めの協議を日本政府に申し入れている。
玄葉光一郎外相は24日、韓国の金星煥外交通商相とニューヨーク市内で会談した。 その際、金は、日本の植民地
時代の慰安婦問題の賠償請求権問題に関する協議を求めた。 しかし、玄葉外相は「請求権問題は解決済み」として
協議を毅然としてはねつけた
※雨天決行 プラカードの持参歓迎 
※主権回復を目指す会 連絡(西村 090-2756-8794)
 
10月10日(体育の日)の午前10時から実施される「靖国会」主催の靖国神社石畳清掃奉仕。
私も参加するつもりです。宜しければご一緒しませんか。



コメント
前回からの続き

保持」なのである!

※長文につき、切れ切れになって読みにくくなってしまいましたが、悪しからず。
  • 松本英志
  • 2011/10/18 3:23 AM
前回からの続き

だから「日本の原発」は全て「アメリカ規格の原子炉」によって成り立っており、その核心部分は全て「ブラックボックス」化されていてその支配権はアメリカに握られており、日本人が完全制御できないように仕組まれているのだ。

そして、「原発の核燃料」は完全にアメリカ・フランス・イギリスの支配下にある。

まさに、「日本の原発」とは全く「日本(人)の原発」などではなく、その実態は「米仏英の原発」なのである!

この米仏英の手先になって、米仏英と利権で共謀している「買弁・売国奴」こそが、財界・官僚・政治家を中心とする日本の原発利権勢力なのである!

この連合国(米、旧ソ連・ロシア、英・仏・中共)による核支配体制こそがNPT(核拡散防止条約)体制なのであり、このNPT体制下の連合国支配の下に行なわれているのが「日本の原発」と称するものなのである。

であるならば、「日本の原発」なるものが、日本の国民を平気で犠牲にして、この連合国勢力とその傀儡・下僕である日本の原発利権勢力だけを利するものあるのは、しごく当然のことなのである。

アメリカ、フランス、イギリスの画策に乗せられて、この世界最大の地震列島である日本に実に50数基もの発電用大型原子炉を稼働させればどういう結果を招くか、常識で考えればわかりそうなものであるが、利権に目がくらんでいる「植民地の傀儡連中」の脳みそは完全に痴呆状態になっていて、もはやまともな思考・判断能力を完全に喪失している。

その結果は!

原発の放射能で、「日本の子供たち」を次々に抹殺して行く、という恐るべき現実となって現れているのが「フクシマダイイチ」という今ここにある現実なのである!

放射能は決して「平等」なのではなく、小さな子供たちほどその被害を受けるという否応のない特性を有している。細胞分裂の盛んな「子供たち・若い世代」ほど、放射能の被害をもろに受けるのである。

「子供たち」とはいかなる存在なのか?
日本の次代を担う世代であり、日本民族の子孫となる者たちに他ならない!
この子供たちが殺されて行けば、さらに「少子化」が進行し、日本民族滅亡への道へと進むのである!

原発推進を叫ぶ「財界・官僚・利権政治家」勢力が、同時に「少子化」による「外国人移民導入・移民1,000万人計画」を主張している勢力である事実、とは何を意味しているのか?

それは、この利権勢力が表向きは「日本の国益」と主張しながら、その実「自分たちの利権」のみしか考えていない利権売国勢力でしかないことを如実に示していることに他ならない!

すなわち、原発とは、利権勢力のみを利して「日本国民」を殺し、その実、日本を背後から支配している欧米列強勢力を利するものに他ならない、という恐るべき構図なのである!

まさに「日本民族抹殺」であり、「日本滅亡への道」であり、原発とは亡国への道に他ならない!

※「原発がなくなれば電力不足」など全くの大ウソで、火力発電で完全に電力は賄えることなど、電力行政官庁である経済産業省・資源エネルギー庁の電力実績統計を観れば明らかなことなのである!

「保守」と称している愚かなる「原発推進」勢力は、「核武装のためには原発が必要」なる寝言を抜かしているが、彼らは「原発と核武装(その実態は「原発製造」)の違い」すらわかっていない!

大容量発電を行なうための原発と、原爆製造とでは、同じように原子炉を使うといってもその使い方も原子炉のサイズもタイプも全く違う、という原子力技術の基本すらもわかっておらず、その両者を混同している愚か者どもである。

50数基もの大型発電用原子炉など「原発製造」には全く不要で、小型の原子炉が2、3基あれば充分である。そして、何よりもNPTから脱退しなければ日本の核兵器保有は不可能であり、逆に原発を続けるためにはNPTに留まっていなければならない(NPT加盟国でなければ、ウランを輸入できないため)、ということさえこの連中はわかっていない。

結論を言えば、「原発は廃絶、核兵器保有能力の保持」なのである。しかし、そのためには「アメリカとの対決」は避けては通れない!

しかし、そもそも日本の「核武装(正しくは「核抑止力の保持」)」とは、「日本の連合国植民地体制からの独立主権回復」のである!

何故ならば、植民地に「核抑止力の保持(今の日本の通称では「核武装」)」などできるわけがなく、独立主権回復のないところには「日本自前の核抑止力の保持」などできるわけがないのである!

日本の自存自立のためには、何よりも「連合国植民地体制」からの「独立主権回復」が不可欠なのであり、あくまでもその上での「自前の核抑止力の
  • 松本英志
  • 2011/10/18 3:17 AM
11/10/17(月) 1:33h

タカ派とやら。

えらそうなことを言うなら、ちゃんと本名くらい名乗ってから主張するのが筋、というものだろう!
それで「愛国者」を名乗る資格があるとでも思っているのかね!

国家権力と対決する時、「匿名」など全く通用しないのだ。それでも、国家権力を相手に堂々と闘う、それが「真の愛国者」というものだうろ! 違うかね?


そもそも「核武装」とは何なのか? 何のために「日本が『核武装』する必要があるのか」まともに考えたことがあるのか?

正しくは「核武装」ではなく「核抑止力の保持」である。

他の核保有国からの核攻撃、核兵器による恫喝・脅迫を阻止するためには「やむを得ず核兵器を保有してそうした策動を事前に阻止する、そのために自らも核兵器を保有する」、これが「核抑止力の保持」の意味なのだ。

この目的に以外に、日本が核兵器を保有する意味も必要性もない。

核兵器を保有することで他国を先制核攻撃する、他国を核兵器で恫喝・脅迫するなどのテロ行為を行なうためではなく、あくまでも他の核保有国からの核攻撃・核恫喝・核脅迫を事前に阻止するために核兵器を保有する、それ以外の意味はないのだ。

「核武装」には「核兵器によるテロ」の概念も含まれる。よって、日本に核兵器保有の必要性があるとすれば、それはあくまでも「核抑止力の保持」以外にはなく、そうでなければ北朝鮮、中共のような核テロ国家と同列でしかなくなる!

そして、実際にそうした「核抑止戦略」を自前のものにするためには、極めて高度な技術と戦略、そして不退転の覚悟がいる。その能力も信念も覚悟もなく、原発の安全保障管理すらまともにできないような今の日本に、まともな「核戦略の運営能力」などあるとでも思っているのか?

「核抑止力の保持」とは、そんな甘いものではないのだ。

核爆弾があるだけでもダメ。
核弾頭を搭載できる弾道ミサイルがあるだけでもダメ。
敵の先制核攻撃を受けても壊滅させられない核報復攻撃手段を保有できなければダメで、
その核戦略体制をリアルタイムで稼働させるためには高度な管理システムと通信システムを必要とする。
「戦後日本」とは連合国による敗戦国日本の信託統治体制(平たく言えば植民地体制)であり、その信託統治権を独占したアメリカによる植民地支配体制、「米領日本」体制なのである。

そのアメリカによる日本支配体制こそが「日米安保」体制なのであり、その支配体制の下で「日本自前の核戦力」は持たせないようにしながら、「アメリカの核(ただし、日本が自前の核兵器を保持できないように管理しながらの)」を押し付けることで巨額の核利権をアメリカに吸い上げさせるための植民地支配システムこそが「日本の原発」なのである!

アメリカは空からの核攻撃によって広島、長崎を壊滅させたが、今度は世界最大の「地震・津波・火山の列島国」である日本に、巨大地震が襲えば爆発する「原発という名の核地雷」を多数埋め込んだのである。平たく言えば、「意図を隠した第二の原発攻撃」である。

こんな企みにも気付かず、利権に目がくらんでアメリカ原子力資本の手先になって原発推進に躍起になっている日本の原発利権屋どもの度し難い馬鹿さ加減!

原発とは、まさにアメリカを筆頭とする欧米列強勢力が日本に仕掛けた、巨大地震が襲えば爆発する「原子炉時限爆弾」なのである!

こんな事は、「日本の原発」の歴史を少しまともに勉強してみればすぐにわかることなのだ!

「反原発は左翼」などまさに墳飯もので、日本の原発は自民党と社会党の完全合意により始められたもの、つまりは「保守」と「左翼」の連合によって始められたものなのである。

実は世界の原発第一号はソ連、次がイギリス、三番目がアメリカであり、原発の世界展開とは、アメリカとソ連が核兵器の開発競争と同時並行で進めてきたものに他ならない。アメリカは西側諸国に、ソ連は東側諸国に、それぞれアメリカ規格、ソ連規格の原発を大々的に拡散してきたのである。

こんなことは、原発大事故の第一号がアメリカのスリーマイルであり、その第二号がソ連のチェルノブイリである事実を観てもわかること。

日本社会党を中心としていた左翼は、「ソ連がやっているのだから原発はいいものだ」とばかりに原発推進だったのである!

今でも、電力総連などの電気労組は原発反対どころか、電力会社と一体の原発推進の筆頭勢力なのである。

そして、アメリカは冷戦時代に、反共陣営に組み込んだ日本に原発を導入させるために、その手先となった正力松太郎、中曽根康弘を使ってアメリカ規格の原発導入策動を仕掛けてみごとに成功したのである。

  • 松本英志
  • 2011/10/18 3:06 AM
まきさんを支持します。
カンパします。
  • 韓朝シナ人は大嫌いだ!
  • 2011/10/14 7:28 PM
髪を短くしていると3週間に一回は床屋に行かないとならないからね。
床屋代を節約しています。
寒くなるから多少、長くてもいいかな。
誰かみたいにポニーテールにはしないからご安心を。
しかし、映像で見ても痩せましたね。
別に癌の末期症状ではないです。
経済状況が好転すればリカバーできますから。
  • まきやすとも
  • 2011/10/10 5:33 PM
動画で久しぶりにまきさんを拝見しましたが、髪のびましたね。髪型変えましたか?
  • とある、日本人
  • 2011/10/10 5:28 PM
竹田 恒泰先生は脱原発だそうな・・・
  • まきまき
  • 2011/10/09 5:20 PM
行きすぎた産業革命と言う文明が地球システムを狂わせているのです。
行き過ぎた産業革命が人の心を貪り、人と自然との関わりを希薄なものにしているのです。



  • あの里山は二度とかえってこない
  • 2011/10/07 7:49 PM
俺は環境環境言う奴が大嫌いだ
そういう野郎ほど自然を舐めてる
確かに文明が発展すれば自然は多少被害を被るが、全滅するわけじゃない。自然は多少のダメージを受けたぐらいで絶滅するほどヤワじゃない。自然の力は恐るべきものだ。今回の大震災然り、津波然り、台風然り、自然の猛威には現代の人類文明では歯が立たない。それ程とてつもなく巨大な自然が人類文明によって滅びるという事など無い。温暖化が騒がれているが地球は長い歴史の中で温暖化と寒冷化を交互に繰り返しているのだ。実際温暖化など大した問題じゃない。頭のいい奴はそういうところを見極めなければならん
  • タカ派
  • 2011/10/07 1:44 PM
>自然無くして生き物は生きて行けず。

感謝の気持ちを忘れた人間が多いですね。
エセ自然保護団体には迷惑しております。
  • 不屈
  • 2011/10/07 7:46 AM
現在を生きる人達が必要だと思うものが、未来の人達に必ず必要なものになるとは限らない。未来の人達に残すべきものは、無機質な世界ではない。
人、生き物は自然と共に生きてきた。
自然無くして生き物は生きて行けず。
  • あの里山は二度とかえって来ない
  • 2011/10/06 9:11 PM
右派が核武装賛成というのは誰が決めたことでも無いが一般的にそういう認識なのは確かだと思いますがね。そもそも俺はアメリカとは手を切るべきだと思っている。アメリカと手を切り自国の再軍備、核武装を目指し真の独立国家としての道を歩むのが我が国にとって唯一の道だ。親米保守の様にアメリカとどう仲良くするかというくだらない事ばかり考えている様じゃこの国はいつまで経ってもアメリカの子分のままだ。現に互いに核保有国である米中や米印は日米よりもまともな国家対国家の関係になっている。現代の日米関係は従属関係に過ぎない。俺は日米関係を健全な国家対国家の関係にするべきだと言っているだけに過ぎんのです。槇氏の問いに答えるとすれば反原発派は右派を名乗るのを辞めてしかるべきだと俺は思います。ですが保守でないというつもりは無い。保守ではあるが右派では無い。こう言うべきだろ。右派ってのは軍拡核武装排外主義対外強硬路線を主張する俺たちみたいなのを言うんだよ。あと右派か左派ってのは禁煙がどうとかそんなちゃっちい題材で決められるもんじゃない。富国強兵を主張するのが右派それを否定するのが左派。こんな簡単な違いは無い。ちなみに俺はタバコが大嫌いな嫌煙者。
  • タカ派
  • 2011/10/06 5:47 PM
核武装の是非を問う集会ではないですよ。
原発問題を通して、そういった右・左の固定概念に注目しているのです。
決して、核武装と言う選択肢を否定してはいませんが、原発とは別物であることを理解しなければなりまえん。

右だから核武装賛成でなければならないとは、誰が決めたことですか。
日本が核武装することは、イコール
アメリカとの敵対関係の構築になりますが、よろしいですか。

 湾岸戦争・イラク戦争では右派はアメリカを支持しなければならないとは誰が決めましたか。
 また、「同じ保守だから創価学会・公明党とは敵対するな」、も右派の合意事項ですか?
禁煙は反原発と同じで左翼の主張なのですか。

タカ派さんからは、おもしろい話が聞けそうですね。
  • まきやすとも
  • 2011/10/06 4:44 PM
極右排外タカ派の俺としても右陣営の誰かが「反原発」を主張する分には全く批判する気は無い。何故なら反原発の主張は全く理解できん訳ではないからだ。しかし核武装反対という「反核」までいってしまうと極右の俺としては批判せざるを得ない。そもそも反核は右の主義主張じゃない。許せないのは反核を主張しておきながら自分は右だという似非右翼の連中だ。反核論者は紛れもなく誰がどう見ても左だ。核武装を主張するからこそ「右派」なのだ。この国は右派左派の概念を履き違えてる連中が多すぎだ
  • タカ派
  • 2011/10/06 2:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM