<< 売国自民党は河野談話を撤回せよ 《動画アリ》 | main | 不当判決は予想がついていたが 《動画あり》 >>

西村修平Vs千葉英司裁判で判決言渡し

 
第二次、西村修平Vs千葉英司裁判の判決言渡し
 
《判決言渡し》
日時:1月26日(木曜日) 午前10:30から 
場所:東京地裁・立川支部4階法廷
 
《報告集会》
判決言渡しの後に、JR立川駅北口の空中広場に移動して報告集会を実施。
概ね11時頃からの開始になるかと思います。
 
呼び掛け:主権回復を目指す会 政経調査会
連絡先:090−3135−4069 まき
 
 
創価学会の御用ライターと言われる宇留嶋瑞郎が主権回復を目指す会代表の西村修平氏を名誉毀損で訴えた民事訴訟における口頭弁論。
平成21年11月
埼玉地裁川越支部前で演説する西村氏の前を、本件では全の部外者で、日頃から創価学会とは無関係だと主張する
千葉英司・元東村山警察署副署長が裁判所に入って行った。
この様子がカメラに入ったために、主権会のホームページ上に掲載された。
千葉は肖像権の侵害にあたるなどとして、西村修平氏に140万円の損害賠償を求め提訴したもの。
しかし、千葉の提訴は平成22年10月と掲載から1年も先。
その時期に何があったのか。
更に提訴時においては、もう一人の被告が存在していたが、途中で千葉と和解しているのだ。
被告となった西村氏側においては、裁判の審理でこのカラクリについても徹底して言及している。


別件ですが、千葉英司が私・槇泰智に100万円の損害賠償請求を起こした名誉毀損の民事訴訟。
私が最高裁に上告しておりましたが、一度も審理は開かれないままに、「上告棄却」の通知のみが来ています。
詳細については後ほど、報告いたします。
まあ、現在の司法制度における茶番劇じゃあ、結果はこんなもんだ。落胆はしていません。

創価学会の自称プロの写真家・箱崎慎一が著作権侵害で私を訴えた裁判。
1月19日に上告理由書を提出してきました。

まだまだ、闘います。
私のフィールドは裁判所だけではありません。
在野における言論活動を通じ徹底して真理を追求してまいります。


ご支援のほど宜しくお願いします。
裁判費用・活動費等ご支援頂きたくお願い申し上げます。

カンパ・支援金受け付けています。宜しくご支援のほどお願い申し上げます。

銀行口座:
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) 0119426
口座名義 : 政経調査会

郵便振替口座:
00180−9−119426
口座名義: 政経調査会

銀行口座:
みずほ銀行 池袋支店 普通口座:669366
口座名義: まきやすとも



 

コメント
このホームページをご覧になって下さい。
裁判所の郵便法違反、創価等のイカサマ裁判について詳細に分析しています。
http://suihanmuzai.com/120924.jpg.html
http://suihanmuzai.com/
  • 情報提供
  • 2013/01/10 3:53 AM
>ふざけた裁判だ。それは回を重ねる口頭弁論の最中における裁判長・市川正巳の態度で窺う事ができた。
また、当日は 原告である元東村山警察署副署長・千葉英司が法廷に来ていないからだ。

この市川正巳は創価専属裁判官のようです
この市川は12月28日付で転勤しています。理由は俺の推測では創価に深い関わりをがある事を指摘されたことにあると思います。
他の創価の飼い犬と思しき裁判官には、原田国男、生島恭子、設楽隆一、多和田ら腐るほどいます。裁判官の名前に創価をつけて検索して下さい。例えば市川正巳創価で検索して下さい。1審でまきさんの事件の担当裁判官が市川正巳と云う事は、端からまきさんの敗訴は確定したも同然の出来レース裁判なのです。市川正巳は創価専属の裁判官なのですから。 ふざけた裁判だ。それは回を重ねる口頭弁論の最中における裁判長・市川正巳の態度で窺う事ができた。
また、当日は 原告である元東村山警察署副署長・千葉英司が法廷に来ていないからだ。
ふざけた裁判だ。それは回を重ねる口頭弁論の最中における裁判長・市川正巳の態度で窺う事ができた。
また、当日は 原告である元東村山警察署副署長・千葉英司が法廷に来ていないからだ。
ふざけた裁判だ。それは回を重ねる口頭弁論の最中における裁判長・市川正巳の態度で窺う事ができた。
また、当日は 原告である元東村山警察署副署長・千葉英司が法廷に来ていないからだ。 ふざけた裁判だ。それは回を重ねる口頭弁論の最中における裁判長・市川正巳の態度で窺う事ができた。
また、当日は 原告である元東村山警察署副署長・千葉英司が法廷に来ていないからだ。

  • 情報提供
  • 2013/01/10 3:27 AM
これをネタにしたらどうでしょうか?

創価学会員だった暴力団会長高山登久太郎 死直前に学会批判
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0126/sgk_120126_5040539079.html
  • 川崎
  • 2012/01/26 11:28 PM
2月5日に豊島区巣鴨において「都内全域の一部の創価学会員が欠席できない謎の集まり」で、外部の人連れて、謎の戸田記念講堂という場所で謎の会合があるそうだから、まきさん、巣鴨駅前で創価学会抗議に来てはいかがでしょうか?
  • 創価学会よりも危ない
  • 2012/01/26 5:20 PM
千葉と言う人物は「東村山警察署元副所長」であり、既に公的立場の人間として知られている。彼の起こした肖像権侵害裁判は、彼が副所長時代に担当した市議会議員の転落死に「この転落死の捜査はおかしいのではないか」と言う市民の声を封殺する「憲法違反」である。

裁判所が、千葉の肖像権侵害裁判を行った時点で、裁判所は日本の民主主義を否定したのである。
  • 腐れ裁判官
  • 2012/01/26 7:06 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM