2018年09月06日のつぶやき

12:18
救助隊より目隠し部隊が多い https://t.co/COVT0rb4eF #jugem_blog

救助隊より目隠し部隊が多い

 関空を閉鎖に追い込んだ台風被害に次いで、今度は北海道での大地震。

まさに日本は災害列島。

自然災害が発生するたびに消防のほか自衛隊が出動して災害復旧にあたる。

災害によって破壊されたインフラの整備や復旧などで莫大な費用が発生する。

その他被害者・被災者に対する住宅確保や医療ケアや見舞金など国としての財政負担は半端ではない。

 

 このような状況が継続的に発生するならば日本は世界の最貧国に成り下がる危険すらある。

アジアにおいて日本同様に狭小なる国土で1億強の人口を有するバングラディッシュやフィリッピンがサイクロンや台風に見舞われ、莫大な被害に見舞われている。

自然災害だけが原因ではないものの世界の最貧国と位置づけられている。

日本社会の高度なテクノロジーと日本人の有する実直なる勤勉さによって経済は支えられているものの

これらの歯車の一端でも狂えば最貧国に転落する危険と隣りあわせである現実を直視しなければいけない。

 

毎度の事であるが、自然災害が発生すると被災地での救助活動がテレビ中継される。

土砂崩れ現場で画面に背を向け、広げられたシートを高々と持ち上げている大勢の救助隊員がみえる。

救助にあたる隊員より遥かに大勢がシート張りに従事している。

 これはテレビカメラなどマスコミの視線を遮るのが目的と思われる。

泥に塗れたり、時には出血したり轢断された遺体が被写体となることを防ぐためであろう。

だとすればメディアに対し、「撮影しないでくれ」と了解を得て、シート張りの人員を本来の救助作業に従事させれば効率的ではないか。

 「報道の自由」とはいえ、マスコミには血まみれ泥まみれの被災者を晒す権利があるのか。

手足が轢断されたり脳みその飛び出た遺体をテレビ放映する覚悟があるのか。

 救助隊がシートを張って目隠しをすればマスコミはヘリコプターを使い上空から撮影する。

故に救助隊は巨大なテント状の天幕を張って対抗する、と言った無意味な消耗戦が展開されている現実を誰も疑問には思わないのか。

 

 以前、北朝鮮における自然災害でショベルなどを使用し手作業で復興にあたる姿が映し出された。

作業員の背景には旗を振り大声で唄を歌うなどする大勢の応援団が映し出されていた。

 テレビのコメンテーターは「この応援する人達も作業に加わった方が効率的と思えるが」と発言し賛同を得ていた。

 

今の日本は愚かなる独裁者に牛耳られた北朝鮮と同等か、それ以下の状況にある。

 


2018年09月01日のつぶやき

11:29
アメリカのご都合による五輪の7・8月開催を粉砕せよ https://t.co/LLjgB0T74h #jugem_blog

アメリカのご都合による五輪の7・8月開催を粉砕せよ

レポートが遅れて申し訳ありません。

8月の第三土曜日となった18日は、新宿駅西口で「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会が開催された。

この日は「戸田ふるさと祭り」に立ち寄った後の参加となったために遅れて4時過ぎに到着。

 

 普段、在野においてそれぞれの団体または個人で民族派の政治運動を実践する人々が、東京では毎月第三土曜日に此処、新宿駅西口集まって社会の不条理を糾す、健全なる日本社会を建設するための訴えを行っている。

 横断的な集まりなので、先ほどの弁士・今の弁士・次の弁士と主張が違う事もあるが、その点はご理解の上でお聞き頂きたい、と前置きして15分ほどマイクを持たせて頂く。

 

 2年後には東京オリンピックが開催されるがこのような猛暑の東京において7月24〜8月9日開催は無理。

 アスリート・ファーストというならば、気候的に最高の実力が発揮できる9月か10月開催に変更すべきだ。

 アメリカ大手メディアCBSがIOCに対し2032年までの放送権料として76億5000万ドルを払い込んでいる。

 アメリカ人にとってもっとも人気のあるスポーツの第一は圧倒的にアメリカンフットボール。

9月10月にはアメフトの順位争いが佳境にはいる頃でアメリカ人にとっては、そちらが重要になってくる。

2番人気がバスケットボールで3番人気が野球。

 IOCとしてはアメリカ・CBSへの気兼ねから9月10月開催なんてことは言えるはずが無い。

オリンピックはアメリカのご都合主義で運営されてるのが現状。

 

 これからは「オリンピックを秋開催に変更せよ」、と国民レベルでデモ行進でもしてJOC、日本政府を動かすことも検討しなければならない。

参加各国のオリンピック委員会や各種競技団体に手紙を書いて、「日本の猛暑は想像をはるかに超える危険レベル。貴国の財産ともいえるトップアスリートをこの時期に日本に送れば選手生命が危険に晒される。生命の保証すらできない」、と訴え、

全世界レベルでボイコットも辞さない、秋開催推進運動を起こす事も必要となってくる。

 

日本組織委員長の森喜朗なんかは「この暑さの中でやれたことが自信につばがる」などと訳の分からぬ精神論を振りかざしている。

一億火の玉となって竹槍でB29を撃ち落せ、と言うのと同等の国民を馬鹿にした発言である。

 


2018年08月30日のつぶやき

15:00
茨城の道路脇、収穫を終えた畑で無造作に小ぶりのスイカが転がっている。商品にならずに捨てられたのか。持上げると炎天下で長時間放置された為か沸騰する様に熱い。可愛そうに思い二つを車に積んで持ち帰った。完熟状態であるが甘く十分に食せる。… https://t.co/Edp92Ise33

2018年08月26日のつぶやき

10:58
戸田ふるさと祭り https://t.co/xJaR3IQIaS #jugem_blog

戸田ふるさと祭り

レポートが遅くなり申し訳ありません。

8月18(土曜日)・19日(日曜日)、埼玉県戸田市のボートレース場駐車場にて「戸田ふるさと祭り」が開催されました。

今年で44回となります。

 会場では二日間に渡り歌謡ショーやダンス・演舞など様々なアトラクションが繰り広げられ、飲食の屋台も多数登場、入場無料と言うこともあり戸田市民のみならず日本全国から大勢の人が押し寄せ賑わっていました。

 18日は午後3時から「日本銃剣道連盟戸田支部」による演舞・実践が披露され、その勇ましい動きと気合に観客の驚嘆を集めていました。

 支部長の今澤雅一錬士六段は大病を患った直後であるにも拘わらず颯爽と登壇し、二名の錬士が繰り広げる試合形式の格闘に審判を演じていました。

 昨今はアマチュアスポーツの世界において不祥事が散見され世間を賑わせています。

レスリング・アメフト・ボクシング、そして数日前から日本剣道連盟で居合道の段位授与について裏金が動いていたと言う疑惑。皆さん誤解している方がいるといけませんがアチラは日本剣道連盟。

こちらは日本銃剣道連盟です。銃がつきます。我々は常に公明正大にやってます。やってみたいと言う人は実行委員会を通じ今澤支部長にご連絡願います、と会場の皆様にお伝えいたしました。

 

 戸田市では11月11日に戸田市文化会館で「歌謡大会」を開催いたします。

今年はアノ世界的に著名なバイオリン奏者である水野裕之氏が特別ゲストとして登場。

郷愁漂うバイオリオンの音色で軍歌や戦時歌謡曲の調べを奏でてくれることになっています。

ご来場をお待ちしています。

 


2018年08月23日のつぶやき

10:25
戦勝国連合体たる国連の辱めに屈するな https://t.co/zXlK6auAm8 #jugem_blog
10:05
アメリカによる原爆投下を忘れない https://t.co/cpaLrGldUR #jugem_blog
00:35
前澤友作と乙武洋匡に共通点を見た https://t.co/zSsvjniEsJ #jugem_blog

戦勝国連合体たる国連の辱めに屈するな

所謂慰安婦問題で南朝鮮から無理難題を吹きかけられて右往左往する日本政府。

これに乗じて朝鮮人の要望を全面的に受け入れて慰安婦少女像の設置を承認するアメリカ政府と地方行政。

日本を永久に戦争犯罪国家として弱体化させることを目論む欧米戦勝国の思惑が見て取れる。

その最たるのもが、戦勝国の連合体である国連である。

高等人権弁務官の退任会見の内容について日本政府は強く抗議しなければならない。

このような歪な思考が後任の弁務官に引き継がれることがないように強い態度で処断しなければならない。

8月6日、米国大使館への抗議行動に引き続き内閣府を訪問し、安倍首相・河野外相あての要請書を手渡した。

 

 

 要請文 (原文は縦書き)

 国連のサイド・フセイン高等人権弁務官は8月2日の会見で、所謂従軍慰安婦問題において日本が南朝鮮に対し歩み寄りの態度を示すように求めた。                                                         所謂慰安婦問題の解決を示した2015年12月の日韓合意においては日本が10億ドルを支払う事等で、最終的且つ不可逆的に決着したと国家間で取り決めたにも拘わらず南朝鮮がこの約束を遵守しない訳であるが、サイド・フセイン弁務官によれば元慰安婦との話し合いがないままに締結されたものであると指摘。元慰安婦の高齢化が進んでいるので早くこの苦しみを解消するべきと述べている。                                                                                      国際的に中立であるべき国連の弁務官がこのような一方的に日本を非難する内容で退任前会見を行うとは常識的に信じがたいというのが日本人の見方である。

 しかしながら世界の趨勢において、日本はアジアを侵略した絶対的悪の権化として見られているのである。その中で日本には天皇制を構成する一要素として「戦時性奴隷制度」が存在したと明確に位置づけられている。                                                                             極東国際軍事裁判において日本は侵略国として断罪され、我国はこれを受け入れた。               そして、2000年に九段会館で開かれた「女性国際戦犯法廷」なる擬似裁判により従軍慰安婦は性奴隷制度と名称を変えて世界に吹聴され定着してしまったのだ。                                           故に日本が同盟国であると思っている米国においては公園などの公共地に次々と所謂慰安婦像が設置される辞退となっている。                                                               こうした史実の誤りを日本政府はひとつずつ糾していかなければならないのだ。

 

 サイド・フセイン弁務官はフィリッピンのドテルテ大統領が行っている麻薬撲滅戦争を批判した。徹底した治安対策で何千人もの容疑者を殺害したとしてドテルテ大統領を非難したのだ。             サイド氏は3月、ドゥテルテ氏には「精神鑑定」が必要という見方を示していたが、ドテルテ大統領は4月3日の演説でおい、売春婦の息子、俺が精神科医に診てもらう必要があるだと?」「「精神科医は『あなたは大丈夫だ。ただののしるのが好きなだけだ』と言っていたぞ」と語った。またサイド氏に対し「見ろ、お前の頭は大きいが空っぽだ。頭脳がない。空洞だ。空っぽだ。髪を伸ばす栄養分すらない。なぜならほら、はげているから」と非難した。

  安倍首相、または河野外相がドテルテ大統領と同様の言辞を使用するか否かは問わないが、この不見識且つ悪意に満ちたサイド弁務官、そして国連に対し強く抗議することを要求する。                                          国連に対し毎年多額の資金を拠出しながら、間違った見識に基づいて非難され続けることが看過されて良い訳がないのである。

平成三十年八月六日

安倍晋三内閣総理大臣

河野洋平 外務大臣

 

    政経調査会 代表 槇 泰智

    日本国民 有志一同

    東京都中野区野方三丁目二十六番二号makiyasutomo@daitoa.com

      090-3135-4069 FAX:03-5343-2551


2018年08月22日のつぶやき

20:58
大阪桐蔭も外人部隊ではあるが、、、 https://t.co/g5CfZu0Mpy #jugem_blog

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM