2017年11月12日のつぶやき

16:19
晩餐会で慰安婦婆さんをトランプ氏に抱かせた南朝鮮の国家ぐるみ美人局外交を糾弾。独島海老?略奪した盗品で晩餐会の盗っ人国家 アンチ水曜デモ 11月15日(水曜日)正午 二の橋交差点出発⇒南朝鮮大使館へ抗議文         報告街宣… https://t.co/EVYKwmEVWG
16:02
南朝鮮の対米美人局外交を斬る【11月15日・アンチ水曜デモ】 https://t.co/94uS2hWkxe #jugem_blog

2017年11月10日のつぶやき

16:15
戸田市歌謡選手権大会 https://t.co/oo1ZLrFL4A #jugem_blog

南朝鮮の対米美人局外交を斬る【11月15日・アンチ水曜デモ】

11月7日、南朝鮮を訪問したトランプ米大統領を待っていたのは国を挙げての反日ショーだった。

晩餐会においては竹島周辺で採れたエビを独島エビとなずけてメニューに加えたり、自称元慰安婦88歳を参加させて

トランプ氏にハグさせるなど、常軌を逸した子供の如き演出であった。

どういう素性であるのか、何処まで説明を受けていたか定かではないが、朝鮮の策略に乗せられて婆さんを抱かされた

トランプ氏は国家・民族ぐるみの美人局に遭ったようなもんだろう。

11月6日、日米首脳会談の当日に弊会ではアメリカ大使館に対しては朝鮮の主張する従軍慰安婦問題を真に受けるなと抗議行動を敢行した。

そして安倍首相に対してはトランプ氏に対し朝鮮で繰り広げられるであろう慰安婦問題を題材とした反日プロパガンダに乗せられないよう進言せよと、勧告してきた。

 首脳会談の議題にすべき事柄ではないかもしれない。ゴルフをプレーしながらその合間にでも、「これから朝鮮が行うであろう反日ショーに乗せられるなよ」、と釘を刺しておくべきだったのだ。

 

アンチ水曜デモ

日時:平成29年11月15日(水曜日)正午出発

出発地:二の橋交差点角(「くすり城南」前)港区麻布十番3−14−3                                   

    https://townpage.goo.ne.jp/scroll.php?matomeid=KN1300060500141524

抗議先:南朝鮮(大韓民国)大使館 港区南麻布1−2−5

     https://loco.yahoo.co.jp/place/g-dpCyLXSU1y2/map/?utm_source=dd_spot

    抗議文の朗読と手渡し

報告街宣:地下鉄「麻布十番」駅前

責任者:まきやすとも 090−3135−4069

 

韓国大統領府での夕食会で、抱き合ってあいさつするトランプ米大統領(中央)と元慰安婦の李容洙さん。左は文在寅大統領=7日、ソウル(聯合=共同)

 国家革新運動の発展・成就の為のカンパ・支援金受け付けています。
宜しくご支援のほどお願い申し上げます。

銀行口座:
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) 0119426
当座預金:0119426
口座名義 : 政経調査会

郵便振替口座:
00180−9−119426
口座名義: 政経調査会

銀行口座:
みずほ銀行 池袋支店 普通口座:669366
口座名義: まきやすとも


戸田市歌謡選手権大会

 JR埼京線で新宿・池袋と言った巨大ターミナル駅を過ぎれば東京最北の繁華街・赤羽に着きます。

更にその先、荒川を越えればそこは埼玉県戸田市です。

嘗て荒川には江戸と埼玉を結ぶ戸田の渡しがありました。

それを題材にした「戸田の渡し」という曲が発表され演歌ファンの間ではジワジワと人気上昇中なのを皆さんはご存じでしょうか。

作詞は戸田市歌謡連盟会長の今澤雅一氏です。

 平成29年11月19日(日曜日)に開催される歌謡選手権大会では戸田市歌謡連盟創作作品に指定された「戸田の渡し」を聞くことができます。

 今回は予選を勝ち抜いた58名の参加者がステージで自慢の喉を披露いたします。

当ブログ記事を閲覧なさった方におきましては無料で入場できますので、是非足を運んでみてください。

 

2017戸田市文化祭【第41回歌謡選手権大会】 決勝大会

日時:平成29年11月19日 開演12:00 終演18:00

場所:戸田市文化会館大ホール

主催:戸田市文化協会

主管 戸田市歌謡連盟(会長:今澤雅一)

後援:戸田市・戸田市教育委員会・FM放送「虹の架け橋」

 

戸田市文化会館へは

JR埼京線「戸田駅」東口から徒歩7分

http://www.todacity-culturehall.jp/map.htm

埼玉県戸田市上戸田4−8−1

 

戸田市文化祭の詳細については戸田市公式サイトから閲覧してください。

https://www.city.toda.saitama.jp/koho-toda/171001/topics03.html


2017年11月09日のつぶやき

22:34
野分祭ではないみたいですね https://t.co/BqxBysYOL0 #jugem_blog

野分祭ではないみたいですね

 本日、三島・森田事務所から案内通知が届きました。

毎年11月24日に斎行されている野分祭の案内かと思いました。

が、タイトルは「三島・森田両烈士四十七年祭」とあります。

しかも義挙当日の11月25日に多磨霊園にある墓前で行われるそうです。

 

 今までは決起前夜の心境を共有するということで11月24日夕刻に開催されていました。

私も過去には運営に関わり平成3年から8年頃にかけては司会進行などを任されていました。

当時は一水会のメンバーが主に運営に携わっていました。

しかし主催はあくまでも「野分祭実行委員会」であり、一水会の名称は一切出しませんでした。

3年程前から一水会の手を離れ三島・森田事務所の主催となり運営されたようです。

 

 元楯の会会員である継承者としては一水会の創設者の一人であり代表でもあった鈴木邦男氏の変心が許せなかったので一水会から切り離したと言うことのようです。

 最近の鈴木邦男さんが「今の憲法は良い憲法だ」「三島由紀夫が生きていたらきっと憲法9条を守れ、と言うはずだ」、などと

各地で発言している事に対し、そのような人物が命がけで憲法改正を訴えた三島・森田の精神を継承するなどあり得ない、ということで運営を三島・森田事務所に移しと、私は理解しています。

 

しかし、今年は開催日が25日となり野分祭の名称も消えていました。

同封の文書においては三島・森田事務所の内紛が一方の当事者によって延々と記述されています。

中心人物の一人が事務所の費用を横領した等々要領を得ない形で記述されています。

なんでこんな事になったのか。そしてそれをこのような形で世間に晒す意味があるのか。

 

至純なる魂を以って蹶起し、後に続くを信じて命を投げ打った烈士に対してはあまりに悲しい所業と言えるでしょう。


2017年11月08日のつぶやき

11:08
米大使館と我国官憲の不当制圧に抗議する【動画あり】 https://t.co/7eud3Ittic #jugem_blog

米大使館と我国官憲の不当制圧に抗議する【動画あり】

 安倍首相とトランプ米大統領の首脳会談が開催される11月6日(月曜日)、政経調査会では新宿駅西口での迎撃国民集会を開催。

 その後、港区赤坂の米国大使館へ直接的抗議行動を展開した。今回のトランプ米国大統領来日においてはこれを排撃・糾弾するものではないし、諸手を上げて歓迎するものでもない。

 愛国的対米独立の立場から、現在日本が置かれた諸情勢を冷静に分析して是々非々で論じていくものである。

 その意味でも堂々と政治的観点からアメリカ合衆国における我国内の出先機関である駐日アメリカ大使館へ直言する必要がある。

 

 礼を尽くした抗議・要請であるにも拘わらず大使館側は我々を排除した。米国政府の下請け機関となり下がった日本の官憲を使役して、大使館から遠く離れたJT本社前路上において行く手を阻んだのである。

 70年前にアメリカ様に作ってもらった平和憲法に明記されている表現の自由・言論の自由・政治結社の自由を根底から無視した暴挙である。

 

 我々の勢力が巨大な核となれば数千人規模の隊列を組んで不当なる阻止線を突破するものであるが、当日はJT本社前で抗議文を朗読し、米大使館の下請け作業員たる警視庁官憲に抗議文を執行してやったのだ。

 

ユーチューブ動画 【トランプ米大統領来日に官憲の不当警備】

https://www.youtube.com/watch?v=daFmZb2CpHM&feature=youtu.be

0:01:30〜 新宿駅西口

0:41:21〜 米大使館近くのJT本社前

1:00:30〜 抗議文朗読

JT前2.png

権力側は官憲で壁を作り大使館への行く手を阻むという暴挙にでる。過去にはなかったことだ。

JT前4.png

大使館から数百メートル離れたJT本社前には警備と公安が大量発生

JT前横断幕.png

仕方ない。官憲の壁の前で抗議文を朗読。現状を受け入れて将来の飛翔を誓う

抗議文朗読.png

不完全燃焼にも拘わらず何故か爽やかな表情(負け惜しみか?)

終了.png

 

 

抗議文  (原文は縦書き)

 欺瞞的独善に満ちた正義を振りかざし世界に対し、偏狭なる価値観を押し付け逆らうものを圧倒的軍事力で叩き伏せてきたアメリカに衝撃をもたらしたのが16年前、2001年9月11日の所謂「9・11同時多発テロ」であった。

 それから15年の時を経て再び全世界に衝撃が走った。それは昨年の11月9日、つまりは「11・9トランプ大統領誕生」であった。

 トランプ候補がアメリカ・ファーストを掲げ、従来のアメリカ政府が担ってきた世界の警察官・裁判官、ひいては行政官そして死刑執行人としての役割を放棄することで国内の経済的復興・繁栄に傾注するとの立場を明確にして国民の支持を取り付けた結果であった。これをアメリカ、そして日本を含む各国はpopulism〈人気取り主義〉の勝利であったと評した。

とんでもない間違えである。トランプ候補勝利は単なるopportunism(ご都合主義)の勝利に他ならないのである。今まで散々に自らの価値観を押し付けて世界各地に戦場を作り無辜なる市民・民間人を殺戮してきたアメリカである。経済が冷え込んだことで、その立て直しを掲げることを提唱するトランプ候補に票を投じたアメリカ国民が多数派となったことこそ自己中心的なご都合主義の権化ではないのか。

 

 選挙中に掲げた公約の一つである在日米軍の撤退を実現するのであれば、愛国的意対米独立派の我々としては大いに歓迎すべきところである。しかしながら大統領に就任して現実政治に向き合ったところでトランプ氏は自らの浅学菲才を悟ったのか、この主張を口にすることはなくなった。

アメリカという国家が軍産複合体として常に世界中で戦場を作り出すことでのみ、その活路を切り開いている現実に直面したからである。

 4月のシリア空爆に見られる如くアラブ世界に対しては躊躇することなく安易に武力攻撃を実施してきた。同盟国と目されている日本の隣国であって軍事的脅威を振りまく北朝鮮に対し同様の措置を取れると言うのか。答えは否である。核兵器保有国であるが故に安易な武力攻撃を控えなければならない状況にある。

 狂気に満ちた為政者・金正恩とその先代・先々代が執拗に核兵器保有にこだわったのはアメリカによって繰り返されてきたアラブブ諸国・アフガンへの侵略的軍事攻撃を目の当たりにしたからである。

核兵器さえ保有していればアメリカは決して手出しをできまい、との学習を植え付けたのである。

 我国民を大量に日本から拉致して憚らない現在進行形の侵略国家を叩き潰すことは我国の使命である。あの邪悪な政権の延命は望んでいないのである。

 北朝鮮と共に東アジアにおいて軍事的脅威となる支那の存在を見据えた状況下において、我国とアメリカ、そして豪州が軍事的連携を取ることを否定する理由は見当たらない。

しかしながら冒頭に記した通り偏狭なる正義を振りかざし無辜なる市民を平気で殺戮して憚らないアメリカの価値観・ニューワールドオーダーに組するものではない。

 

 真の同盟国となり得るのであれば不平等条約にも等しい日米地位協定の見直しは急務である、幼気ない女児に対し性的暴行を振るうような米兵に対し、我国官憲による逮捕・取調べが制限を受けるなど言語道断である。

また南朝鮮が主導する所謂慰安婦少女像が全米の公共施設公園等に設置されている問題に対しても、放置して良いはずがない。南朝鮮が国家を挙げて遂行する「慰安婦強制連行」「性奴隷制度」なる反日的デマゴギーに対しアメリカ政府は厳然として設置不認可・撤去を実施せねばならないのである。

トランプ大統領は広島・長崎を訪問せよ

人種偏見に基づく民間人大量殺戮を謝罪せよ

朝鮮・支那による反日活動を看過するな

 

平成二十九年十一月六日

ドナルド J.トランプ アメリカ合衆国大統領

ウィリアム F.ハガディ 同国駐日大使

 

    政経調査会 代表 槇泰智

    日本国民有志一同

    東京都中野区野方三―二十六―二 

    電子郵便makiyasutomo@daitoa.com

      電話090(3135)4069 fax03(5343)2551 


2017年11月07日のつぶやき

19:20
6日新宿街宣の後、トランプ大統領宛の抗議文を大使館に持参するも官憲が隊列を組んで行く手を塞ぐ狂行 米大使館の為に奉仕する官憲共は恥を知れ お前らの女房・娘が米兵に強姦されても日本の警官は逮捕取調べもできないんだぞ 厳戒の 帝都に… https://t.co/TrXrxjq41z

2017年11月04日のつぶやき

11:58
米国大使館抗議前に逮捕されるだろう https://t.co/RWhS6la8Vw #jugem_blog

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM