アマチュアのスポーツ留学は人身売買の疑い

東京では毎月第三土曜日午後に新宿駅西口で実施している「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会。

1月19日分の報告が遅れてすみません。

 

 昨年11月の演説会において箱根駅伝予選会や高校バスケットボールにおける留学生選手の問題を取り上げました。

具体的にはアフリカから連れてこられた黒人選手の問題です。

生まれつき体幹や運動能力が異なる若者を走る為やバスケットボールをプレーさせるだけのために連れて来たのでは学生スポーツの公平性が保てないし、本人のためにもならない。

現代の奴隷船であると話しましたところ、終わってから「そんな確証があって言っているのか?」、と否定的に話しかけてきた人がいました。

 

 本日(1月19日)の朝日新聞朝刊の第1面。この通り

「国際バスケットボール連盟が留学生を強化目的の移籍と判断」との記事がデカデカと出ています。

アマチュア選手の移籍を禁じた規約に違反すると日本に対し通達した、という内容です。

人身売買の可能性があるとはっきり明記されています。

コノ朝日新聞が伝えるのですから真実でない訳がありませんよね。

 

 2ヶ月前に私がこの場で訴えたことが、今では世界基準になっている訳です。

誰もが思っているけど口にできない事、言われてみれば納得できるけど言われなければ分からない事を我々が声を大にして訴える。

それに対し制度や規格が後から付いてくるのです。

これこそが民族の触覚としての使命、民族派の真骨頂なのです。

 

 紙面においては貧しい国ではバスケットの才能を持ちながらも高校進学ができないことでバスケットを諦めなければならない子供たちがいる。日本に留学することでバスケットを続けられる、と留学を擁護する意見も併記されています。

 それは違うでしょう。貧困故に日本へ留学しなければバスケットが継続できない、と言うならば

アフリカにいてもバスケットばプレーできるように環境を改善してあげればよいのです。

 

 日本の私立高校が本当に善意から彼らにバスケを続けさせてあげたいだけなら、現地における高校進学のために資金を拠出してあげたらいいでしょう。現地に高校を新設し特待生として入学させたら良いでしょう。

そんなことするわけがありません。自分の高校を日本の全国大会で優勝させる為の戦力が欲しいだけですから。

国語・数学・社会・理科、、、内容も日本語も分からないまま授業中は机の前に縛り付けられている事は苦痛だけでありましょう。

彼らはホームシックとなり暴行事件を起こすなどして失意のなかで母国へ退去していくのです。

私立高校における過度の商業主義が未開発国の若者を食い物にしていると言っていいでしょう。

留学を即座に中止させるべきです。

20190120114847.JPG

 

DSC_0025.JPG

 

20190120114634.JPG

 

次回、東京における「社会の不条理を糾す会」の街頭演説会は2月16日(土曜日)午後、新宿駅西口・小田急百貨店前において実施されます。

 


森良之祐最高師範を偲ぶ会

 2月11日、日本拳法の最高師範であった森良之祐先生の13回忌にあたり偲ぶ会が江東区東陽町のレストランを借り切って開催され出席した。

 開祖・澤山勝先生の命を受けて関西より上京、日本拳法の普及に尽力し東京周辺の大学拳法部を中心に日本拳法を発展普及させた先駆者であった。

 独自の研鑽を積まれ日本拳法の体系立てた指導法を生み出した。

 面・胴・グローブ・股当と言った防具を装着しての直接的な突き・蹴り・投げ・組技を実践する、現代で言うところの総合格闘技を普及していった。

 警察の逮捕術や自衛隊の徒手格闘を指導するなど普及発展に尽力されてきたが、大学の拳法部を中心とした活動が主であったためか、なかなか世間一般に浸透するまでには時間がかかった。

 昭和が終焉する頃には協会の運営をめぐり内紛が勃発。

 大学伝統校のOB等主要な役員が別の連盟を旗揚げし、多くは協会から離れていった。

その後も、少数派となった協会の中で再度分裂が起きるなど苦しい運営を強いられた。

12年前に群馬県での指導中に倒れられ帰らぬ人となった。

 

 当日はそうした分裂を繰り返す以前に行動を共にしていた当時に役員・重鎮方が集い会食しながら先生の思い出などを語り合った。

 日本拳法七段・八段といった超達人方ばかりに中で、小生のような下っ端者が不釣合いではあったが会食の輪に参加させて頂いた。

 まさに鬼才と言えるほどの卓越した才能と技能・情熱を有するがあまり、組織の運営や人心掌握において齟齬が生じ、協会の経営において瓦解が生じてしまったのであろうか。

今も天国から皆を見守っていてくれるであろう。    合掌

IMG_20190212_094602.jpg

 


2019年02月07日のつぶやき

20:43
あさま山荘事件 https://t.co/wv7cUUpNp5 #jugem_blog

あさま山荘事件

1月27日にテレビ東京で放映された昭和の大事件スペシャル「あさま山荘事件とははなんだったのか」、が高視聴率だったそうだ。

昭和生まれの世代にとっては忘れ難い大事件であり、なぜにあのような事件が起きたのか検証する価値はあるだろうし、我々のような体制の転換を目指し政治活動に従事する人間としては他山の石とすべきところはある。

 

 難攻不落の要塞の如く山の斜面にへばり付くように建設された山荘を如何にして陥落させるか、攻める警察の側からみていたが、小生としては立て籠もる連合赤軍の側から考察していた。

今から47年前、昭和47年2月19日から9日間に渡り管理人女性を人質にとって警官隊との銃撃戦を交わし全員が無傷で逮捕された。

犯人は10代から20代の5人。20代の三人は共に国立の東京水産大学・京都大学・横浜大学に通っていた謂わば高学歴の若者。

 世間で言うインテリの部類にあり思想面から運動に没入した結果、暴力革命を目指し武装闘争に突入していく。

 特段にプロの軍事経験者の指導を仰いだわけでもなくアマチュアの延長線上に訓練を重ねた結果、鍛えに鍛え上げた現職の機動隊員を向こうに廻して9日間に渡る激闘を戦い抜いた、そのスキルと体力はどこから来たのか。

 警視庁第二機動隊の隊長と中隊長の頭を銃で打ち抜いて殺害しているし、他の隊員にも銃撃で失明させているなど、頭部を銃弾で撃ちぬくといった事で銃の扱いもプロのスナイパー並みではないか。

9日間の立て篭もりの過程において各人の葛藤や確執があったそうであるが、最後は警官隊に立ち向かい射殺されるくらいの結末を迎えて欲しかったと、その当時幼心に思ったものだった。

 

 我々とは思想的には全く逆の立場にいた彼らではあるが、金城鉄壁の護りを築いている国家権力を此処まで翻弄せしめたパワーと言うか覚悟には見習うものがあろう。

よく麻生太郎氏がナチスを引き合いに出して世の顰蹙を買うことがあるが、反面教師としてでも考察の価値はある。

 近年においてはオウム真理教事件においても国家転覆を狙い擬似国家を形成しサリンやVXガスによる武装を行っていた。

リモコンヘリでVXガスを会期中の国会議事堂上空で散布するといった計画も実現一歩手前まで来ていたというから、事と次第によっては体制を転覆させる可能性もあった

勿論、我々の目指す国家革新運動とはその目的も手段も相容れないものである。

無辜なる民間人を巻き込む卑劣なテロ行為に対しては一片の同調を示すものではないが、今の我々陣営が此処まで国家権力に対し脅威を抱かせる事ができないのも事実だ。

吉野雅邦 あさま.jpg


2019年02月06日のつぶやき

13:52
米朝首脳会談が今月27日からベトナムで開催される。金正男がマレーシアの空港で殺害されたのは2年前の2月13日。ベトナム人の女を唆して殺人犯に仕立て上げた張本人が自国に入国する。ベトナム政府はこれを傍観するのか。カショギ氏殺害のサウ… https://t.co/hpZoLwrocP

2019年02月04日のつぶやき

11:44
二・二六事件墓前祭 2月26日(火)正午、賢崇寺「二十二士之墓」前集合 港区元麻布1-2-12 国家革新運動の基点となる決起から83年。暗黒裁判の末に刑場の露と消えた青年将校遺族有志による墓前際。国家革新陣営の台頭を目指す。自由参… https://t.co/0eQbBcF1cY
11:33
2月22日(金曜)は「竹島の日」 竹島奪還国民行動 13:30二の橋交差点・薬城南前集合・デモ行進出発 抗議先:南朝鮮(韓国)大使館 港区南麻布1-2-5 麻布十番駅前で報告集会 盗人国家・南朝鮮の横暴を許すな。ソウルの日本大使館… https://t.co/VOLkdaH3dW

2019年02月03日のつぶやき

10:39
新元号発表は早くてよい https://t.co/eOOKNB5eD0 #jugem_blog

新元号発表は早くてよい

大方の、所謂保守派からすれば天皇陛下の生前譲位には反対であったろう。

それと同様に新元号を天皇の代替わりより前に発表する事についても反対とする立場をとることは充分に予想された事である。

所謂保守派とは根本的に立場を異にするする小生としては即位一ヶ月前となる4月1日の発表は遅すぎるとさえ感じている。

 異例とも言われる生前譲位自体がすでに決定しているのであるから、それに伴い異例と捉えられようが新元号の発表は更に前倒しされても良いと考える。

 今の世の中ではイエスキリスト生誕暦(西暦)が多用され、元号は隅に追いやられている。法律によって役所・官公庁の文書においては元号の使用が義務付けられているが、作為的とも思われるマスメディアの西暦優先策により、国民生活からは疎遠になりつつある。

 昭和・平成、そして新元号と三つの元号の下で生きてきた国民が体勢を占める中で、新元号の下では「昭和何年生まれ」、と言われても即座に年齢を言い当てるのが難しくなってくるという弊害を主張する向きもあろう。

 ただ、日本人の場合はいつの御世においても元号を中心として西暦を併用してきたので、瞬時においてそれらを置き換える訓練ができているし、できなければならないと考える。

昭和であれば25を足して西暦としたし、平成においては12を引いて西暦に変換した。

 言うなれば多民族国家において、同民族同士で母国語を話しながら他民族と接するときには即座に公用語である英語での会話に切り替えると言った多様性にも似ている。

 

そういった意味から今後も元号は日常生活の中心として活用されるべきであろう。

しかし、5月1日から新元号が使用されのが分かっていながら公表させないとうことで、今年の暦・カレンダー・手帳においては5月以降の元号が記載されていない。

昨年の早い段階で発表しておけば、広く国民に周知でき暦等に掲載することができた。

国民は新元号に対し早い段階から適応できたのであり、国民生活と一体となることが可能となる。

 

代替わり当日の発表が従来からの伝統であるのは理解できるが、ここまで若者等の元号離れが進む時代においては致し方ないと考える。

 

 

日本会議が首相に「遺憾の意」 新元号の事前公表へ不満

1月4日、年頭記者会見をする安倍首相=三重県伊勢市© KYODONEWS 1月4日、年頭記者会見をする安倍首相=三重県伊勢市

 安倍晋三首相を支持する保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載したことが2日、分かった。天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。憲法改正など基本理念を共有する有力支持団体が不満を表明するのは「異例中の異例」(関係者)で、波紋を広げそうだ。

 日本会議と連携する自民党保守派は皇室の伝統を尊重する観点から、5月1日に皇太子さまが新天皇に即位された後に改元政令を公布するよう訴えたが、首相が受け入れなかった経緯がある。

 

 


2019年01月30日のつぶやき

03:20
テキヤはヤクザの正業だろう https://t.co/RS2WREj35d #jugem_blog

テキヤはヤクザの正業だろう

代々木公園で展開する露天を運営する会社の経営者が極東会関係者であるとわかり、東京都は露天営業の許可を取り消す方針であると報道されている。

警視庁が調べて都に取り消すように圧力を掛けたと思われる。

昔からテキヤと博打はヤクザの正業。

これを取り上げるなら強盗や泥棒・詐欺など違法行為で金を稼ぐしかなくなる。

世の中全ての人間が道を踏み外すことなく真っ当な人生を送れるならば、それに越した事はない。

しかし、どうしてもそれが適わない人々はでてくる。それを救い上げるのがヤクザ組織ではないか。

誰もが健康に生まれ育って欲しいと思っても、ある一定の確立で人々は心身に障害を負って産まれてくる。それでも存在を認めて国や自治体は予算を組んで福祉事業として救済する。

ヤクザは絶滅させろ、というのは障害者を殺してしまえと言うのと同じ論理である。

 

このどうしようもない社会のクズであるかもしれないが、法律とは別にヤクザ組織の中における「掟」を守り最低限度の人間としての矜持を身に着けて生きていってもらわなければ、善良なる国民は安心して生きていけない。

無秩序に暴走して殺しや強盗・強姦を日常化されてはかなわないからだ。

そういった趣旨で我々は28年前に施行された所謂「暴力団新法」に反対してデモ行進や記者会見を行った。

今回は屋台を運営する7人の所属する会社の経営者が極東会の系列の関係者であった、と報じているが非常に曖昧な表現である。

分かる事は屋台運営者本人が極東会組員ではないということだ。

これが許可取消しの根拠となるなら、経営者が右翼団体関係者であったら問題はないのか。出店者本人が右翼団体の構成員であっても許可取消しにならないという保障はあるのか。

これらは全て権力者側のさじ加減一つとなろう。

 

資材の前日搬入を認めるように要求したことで強要罪として逮捕されるなど許されてよいのか。

政治活動においても交渉ごととして行政側に要求することはある。これを受け入れてほしいと強い口調で要請すれば強要罪が適用されるのか。

 今般の要件では強要罪適用であるから少なくとも「前日に搬入させなかったなら殺すぞ」等の文言は使用していないであろう。言っていれば脅迫罪で逮捕となろう。

 当日の搬入が原則となっているから都職員は前日搬入を拒んだのであろう。規則を守らない容疑者が悪い、という事になる。

 

 一般論であるが当日搬入は法律や条例ではない。運用規則かそれにも該当しない現場への指示によるものとも考えられる。

 都や行政の運用が必ずしも的確な取決めで行われているとは限らない。

「このようなやり方はおかしい、担当職員である貴方はどう思うのか」、程度のやりとりは日常茶飯事に取り交わされている。

 現状にそぐわない規則であれば改善すべきである、と言った要請はあたりまえである。

そうすると政治的な要求も都民生活の円滑なる運営を希求するがための善意の改善要求も「強要行為」と捉え刑事罰適用が可能となってしまうのだ。

 

 

代々木公園の屋台、暴力団関係者が運営 都が占用許可

1/28(月) 11:55配信

朝日新聞デジタル

 代々木公園(東京都渋谷区)の占用許可を都から得ている常設の屋台を警視庁が調べところ、全7店舗の出店者計7人について指定暴力団極東会系の関係者と分かったとして、同庁は28日、都に連絡した。都は出店者に聞き取りし、占用許可の取り消しを検討する。

【写真】代々木公園の屋台=東京都渋谷区(画像の一部を加工しています)

 7店舗のうち3店舗は現在営業していない。都によると、都立公園で営業中の屋台に関し、暴力団の関与を理由とした占用許可の取り消しは極めて異例だ。

 捜査関係者によると、7人は、極東会系組幹部が経営する会社の社員という。

 代々木公園は来年の東京五輪・パラリンピックのイベント会場の候補地で、大会前後に多くの来場者が見込まれる。警視庁は、屋台の売り上げが組の重要な資金源になっているとみており、大会前に都と連携して対応することにした。

 また警視庁は、代々木公園の占有許可に関係して都職員を脅したとして、東京都中野区の露天商片山正明容疑者(60)を職務強要の疑いで逮捕し、28日発表した。「脅すつもりはなかった」などと容疑を否認している。逮捕容疑は、昨年10月の代々木公園でのイベントを巡り、当日だけに認められた資材搬入を前日にできるようにするよう都職員を脅したというもの。

朝日新聞社


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM